カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

カリキュラムの特徴

開学以来ずっと、次代を見据え、進化し続けてきた

ビジネス環境が変われば、求められる能力も変わります。私たちは、常に次代を見据え、カリキュラムを進化させ続けています。

人工知能、IoT、AR/VR。テクノロジーの進化が世界中でさまざまなイノベーションを起こし、ビジネス環境は大きく変化しています。私たちは今、技術革新がもたらした第4次産業革命と呼ばれる時代を生きており、既存のビジネスを破壊するような新たなビジネスモデルも多く誕生しています。

次代のビジネスパーソンに求められるのは、唯一絶対の正解のない問いに、自らの頭で最適解を導き出す総合的かつ創造的な「思考力」、何が起きても最

後まで諦めずにやり遂げるために必要な「志」を軸としたリーダーシップです。また、あらゆる業界において、競争力を維持するためにはテクノロジーへの理解が必須となりました 。ロボットやAI、ビッグデータを活用しなければ、市場から排除されるのは必至です。多くの企業がテクノロジーを活用し、イノベーションを生み出そうと懸命に努力しています。こうした時代に組織をリードするには、テクノロジーの知見とイノベーションを起こす思考力も必須となります。

「ヒト・モノ・カネ」 という既存のMBAの領域に、「思考」「志」「テクノベート(テクノロジー✕イノベーション)」を加えたものが、グロービスのカリキュラムです。

新時代のMBAとは

世界の共通認識
Organizational Behavior and HRMヒト
Organizational Behavior and HRMヒト

グローバルな視点もあれば、ベンチャーの視点もある。世代や国籍の違いもある。組織の中に多様な人材が集まることで、マネジメントはより複雑になっている。一方で、ダイバーシティーこそが組織を強くするカギになる。異質と異質の融合は、組織の柔軟性を増し、イノベーションの創出力を高める。成果を生み出すために、多用な人材をどう活かすのか。この時代のリーダーとして求められることは何か。グロービスにはこれらの問いに、答えを出す機会が用意されています。

Marketing and Strategyモノ
Marketing and Strategyモノ

グローバル企業や他業界からの参入、ベンチャー企業の台頭。変化のスピードはますます加速し、競争相手がどこからともなく現れる。こうした時代に勝ち続けるためには、一層のユニークさが求められる。いかにして勝てる領域を見つけ戦うか、他者ができないことを行うか。グロービスでは机上の空論ではない、今、この現代において必要な戦略を学ぶことができます。

Accounting and Financeカネ
Accounting and Financeカネ

歴史と実績があるにもかかわらず、停滞に陥ってしまった企業の変革と再生は、日本経済復活のカギになります。一方で、新たな市場を創造しようと挑むベンチャー企業には、優れたビジネスモデルだけでなく、それを実現するファイナンシャルモデルが必要です。業界再編が進む現在、企業価値の最大化という視点から、的確な意思決定を行える経営人材が不足しています。これからの時代に求められる会計・財務の知識、判断力とは何か。最新事例を交えて学びます。

グロービスの独自領域
Critical and Analytical Skills思考
Critical and Analytical Skills思考

人工知能・デジタル化がより加速していく中で、人間しかできない思考・共感を生むコミュニケーションが求められている。その力を磨くために必要なのは、クリティカル・シンキングを身に付けた仲間とのディスカッション、ケースに基づく意思決定の疑似体験。業界・職種・世代を超えた仲間たちとの真剣な議論が、思考力・コミュニケーション力をより高みへと導きます。

Kokorozashi
Kokorozashi

今、私たちは時代の転換点を生きています。環境が大きく変わるその瞬間を、自分らしく生き抜き、自らが新しい時代を創る主人公となる。そのためには周囲から強い共感を得られる想い、そして自分を奮い立たせるものが必要です。いわば人生の軸、つまり「志」が重要になのです。自身を見つめ、志を発見し、その志に邁進する人にとって、限りないチャンスが広がっている時代なのです。

Technovateテクノベート
Technovateテクノベート

テクノロジーの知見が豊富な起業家が次々とイノベーションを起こし、既存のビジネスモデルや組織のあり方が破壊される「テクノベート(テクノロジー×イノベーション)時代」が訪れています。これからのリーダーには、エンジニアやテクノロジストの言語を理解し、共創する能力が求められるのです。グロービスには、テクノベート時代のリーダーに必須の知識・考え方が身につく環境が整っています。

すべての科目で「自らの頭で考え抜く力」「自分の考えを分かりやすく伝える力」を鍛える

すべての科目で「自らの頭で考え抜く力」「自分の考えを分かりやすく伝える力」を鍛える

昨今のような変化の激しいビジネス環境においては、前例のない問題に直面する機会が多々訪れます。こうした状況下において、ビジネスリーダーに求められるのは、素早く問題の本質を見抜き、これまでの経験に縛られず自らの頭で、戦略や解決策を考えられる力です。加えて、考えた内容を周囲の人に分かりやすく伝え、理解・納得・共感してもらい、動いてもらうコミュニケーション力も必要になります。


グロービス経営大学院では、すべての科目において、ディスカッション中心の授業を提供しています。その理由は、「自らの頭で考え抜く力」「自分の考えを分かりやすく伝える力」を鍛えるためなのです。また、「思考系」と呼ばれる領域も設け、「クリティカル・シンキング」「ビジネス・プレゼンテーション」「ファシリテーション&ネゴシエーション」といった「思考力」と「コミュニケーション力」のベースとなる能力を磨く科目も提供しています。

「志」を醸成し、高い倫理観を養う科目領域

「志」を醸成し、高い倫理観を養う科目領域

ビジネスの現場では、簡単には乗り越えられない壁に何度も直面します。ときには、四面楚歌の状況に追い込まれ、自らを見失いそうになることもあるでしょう。そのような状況に陥っても、人生をかけて追求すべき「志」をつかめていれば、決して諦めることなくチャレンジを続けることができるはずです。


グロービス経営大学院では、揺るがない「志」と高い倫理観を備えたリーダーを育成するための科目群を設けています。例えば、「リーダーシップ開発と倫理・価値観」という科目では、自己のリーダーシップスタイルを振り返り、自らの課題を理解した上で必要な能力開発に取り組みます。「企業家リーダーシップ」では、代表的な企業の創業者や変革者のケース、講話を通じ、企業家の信念の源とは何か、創造と変革に伴うリスクをどう克服するのかなど、リーダーの内面に迫っていきます。最終回のクラスでは、パーソナルミッションをクラス内で発表、その実現に向けて決意表明を行います。

「創造と変革」を実行する力を養う科目領域

「創造と変革」を実行する力を養う科目領域

経営において最も難しいのは、ゼロから何かを生み出していく「創造」と、停滞状態にある既存のものを進化・成長させていく「変革」です。グロービス経営大学院では、社会に「創造と変革」をもたらす人材を輩出するというミッションのもと、ベンチャー企業の創業期や新規事業立ち上げ時、事業再生や組織変革の実行時に直面する課題にフォーカスした科目を揃えています。


創造系の科目では、起業や新規事業立ち上げを志す学生が、現場で直面する課題を具体的にイメージできるように、グロービスのベンチャーキャピタル部門の投資先の経営経験をもとに作成したケースも織り交ぜながら議論していきます。変革系の科目では、組織を変革に導くことを志す学生が直面するであろう現場での様々な障害を、ケースを通じて追体験していきます。それらを乗り越えるために「何を考え、どのような行動を取るべきか?」を企業再生の現場を経験した教員たちと徹底的に議論していきます。

新時代を切り拓く力を磨くテクノベート(テクノロジー×イノベーション)科目領域

新時代を切り拓く力を磨くテクノベート(テクノロジー×イノベーション)科目領域

あらゆるビジネス領域においてテクノロジーへの理解が必要不可欠な時代。最新のテクノロジーを理解し、イノベーションを起こすことができる新時代のリーダーに必要な能力を磨くための科目を「テクノベート」領域として提供しています。


※グロービス経営大学院はデジタルハリウッド大学大学院との単位互換を2018年4月から開始しています。ビジネスとテクノロジー両方の知識と視点を持ち、社会で活躍できる人材をより多く輩出するため、テクノロジーを理解しイノベーションを創出するテクノベート人材」の育成を加速します。詳しくはこちらをご覧ください。

クラスの外にも、最新知を得て、仲間と未来を語り合える場がある

クラスの外にも、最新知を得て、仲間と未来を語り合える場がある

グロービス経営大学院には、カリキュラムマップに掲載されている科目の授業以外にも学びの場が多数用意されています。そのひとつが「あすか会議」。オンラインを含む全てのキャンパスの在校生・卒業生が一堂に集い、経営者、政治家、学者、メディアなど各界のトップリーダーの知見・志・情熱に触れることができる合宿型のカンファレンスです。


この他にも、学校公認のクラブ活動や「振り返りセッション」、「学長セッション」 、事業承継者が集まる「あとつぎ会議」 など、仲間と志を語り合い、ともに未来を描く場が数多く用意されています。こうした数々のイベントを通じて、「志」が磨かれ、一生涯、切磋琢磨できる仲間を得ることができるのです。

グロービス・アントレプレナーズ・クラブ(GEC)

グロービス・アントレプレナーズ・クラブ(GEC)

事業に必要な知識やノウハウを得られるだけでなく人脈・ネットワークも形成できるのが起業家コミュニティの魅力ですが、グロービスの学校公認クラブ活動「グロービス・アントレプレナーズ・クラブ(GEC)」もその一つ。「日本を代表する起業家を輩出し、相互支援を果たす」ことを目的とした、在校生・卒業生約2,200名(2018年7月現在)が在籍するグロービス最大のクラブ活動です。これまで80名を超える方々が起業し、うち数社が数十億円レベルのベンチャー企業へ成長しています。

変革クラブ

変革クラブ

組織や企業、業界、社会の「変革」を成し遂げる人材の輩出を目指すクラブ。在校生・卒業生約1,400名が在籍し、変革コミットメントシートの作成やワークショップ、分科会などの活動を通して「一人ひとりが変革に強いコミットメントを持ち、自身の変革プランを磨き上げる」場を提供しています。

人工知能研究会

人工知能研究会

人工知能(AI)を中心としたデジタルテクノロジーによる創造と変革への適用事例、スタートアップ事例などの研究を通じて、新しい時代におけるAIの活用と成功の条件を学びつつ、会員相互のネットワークを図るクラブ。分科会活動やイベントを開催し、人工知能関連の他団体との交流を含めた活発なネットワーキングにも力を入れています。

FinTech研究会

FinTech研究会

FinTechの最新潮流や外部環境の変化をいち早く察知し、メンバー各々が自社における事業活動にイノベーションの種を蒔くことを目指すクラブ。在校生・卒業生約900名(2018年12月時点)が在籍し、分科会(自主勉強会、読書会など)やFinTechサービスを実際に体験する機会等を通して、基礎情報からマニアックな情報まで広く深くFinTechについて学べる機会をつくり、「事業展開の可能性を探っていく場」を提供しています。

実践力を鍛えるグロービスでの学び方

「分かる」から「実務で使える」へ。学びを仕事に活かすためのプロセス

グロービスにおいて、授業は学びのプロセスの一部でしかありません。授業を受けるにあたっては、予習を行い自らの意見を明確にしておくことが求められます。また授業での学びを最大化するために、あらゆる方法を通じて復習することも求められます。毎回授業の冒頭では前回の復習を目的とした議論も行われ、教員から実務での応用事例や気づきなどが問われます。

予習:授業で積極的に発言するための準備

授業は、事前に指示されている範囲の予習が済んでいることを前提に進みます。授業当日、自らの意見を積極的に発言し、議論することで学びは深まります。
そのため予習では自分なりの意見をまとめあげ、その根拠と結論に至った思考プロセスを明確にしておくことが求められます。

授業:グループやクラス全体でのディスカッション

通学・オンラインとも、事前課題や当日提示する課題をもとに、学生同士のグループディスカッションとクラス全体での討議を中心に授業が進みます。グループ発表に対し、教員や学生から数々の質問が投げかけられ、熱気を含んだ議論が展開されます。科目によりロールプレイやペアワークなども取り入れています。

復習:授業での学びを実務につなげる営み

授業での学びをより一層深め、ビジネスの現場での実践や成果に繋げるために、教室での学びを言語化しクラス専用のコミュニティサイトにアップすることや、学生同士で授業での疑問点をぶつけあったり、実践事例を共有するための復習勉強会を行うことを推奨しています。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

カリキュラムの特徴のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

受講をご検討の方へ