カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

アカウンティングI(財務会計)講座

「アカウンティングI(財務会計)」のページです。 グロービス経営大学院では、「アカウンティングI(財務会計)」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

科目詳細

  • 基本科目
  • 会計・財務
  • 必修科目
  • 1.5単位
  • 単科生受講対象科目
  • あり(DAY4)
  • 6回
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

この科目は、マネジメントの立場で、企業の経営状態を表現する「ビジネスの共通言語」である会計を修得し、財務情報を活用した問題発見能力・意思決定能力を高めることを目的としています。この科目の受講にあたっては、財務諸表の構造やルール、指標分析、会計原則・会計方針といった、会計のフレームワークや分析手法を理解していること、ビジネスにおける問題発見・解決策立案の基本を身につけていることが求められます。

この科目は、企業の戦略が財務諸表にどう現れているかを理解し、財務情報を元に経営上の問題がどこにあるのか、どう対処すべきか、あるいはどう変えたらよいのかを考えることで、財務情報を経営判断に活かせるようになることを目標としています。

また、企業のステークホルダーとのコミュニケーションにおける会計ルールの影響についても検討します。

クラスはすべてケースメソッド形式で行われます。受講生はケースに書かれていることに自分の仕事の経験を反映させ、事前に十分な準備を行うことが求められます。


※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

マネジメントの立場で、企業の経営状態を表現する「ビジネスの共通言語」として会計を修得し、財務情報を活用した問題発見能力・意思決定能力を高めたい方を対象にしています。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ :  財務指標と事業構造(事業特性と財務指標分析)(前半)

ケース : ファイナンシャルコックピット:3つのレバーと1つのフライトプラン

セッション B

テーマ : 財務指標と事業構造(事業特性と財務指標分析)(後半)

ケース : BNLストア

Day2

セッション A

テーマ :  財務指標と事業構造(事業戦略と財務諸表)

ケース : プレイタイム・トイ社

セッション B

テーマ : 財務指標分析と事業構造(事業戦略の変更が財務諸表に与える影響)

ケース : プレイタイム・トイ社

Day3

セッション A

テーマ :  事業予測(予測財務諸表の作成と感度分析)(前半)

ケース : ドラザーズ・フォーミング社

セッション B

テーマ : 事業予測(予測財務諸表の作成と感度分析)(後半)

ケース : ドラザーズ・フォーミング社

Day4

セッション A

テーマ :  事業予測(戦略実行と経営へのインパクト)(前半)

ケース : ボストン・ビア

セッション B

テーマ : 事業予測(戦略実行と経営へのインパクト)(後半)

ケース : ボストン・ビア

Day5

セッション A

テーマ :  コンプライアンス及びガバナンス(不正会計)(前半)

ケース : ワールドコムの不正会計

セッション B

テーマ : コンプライアンス及びガバナンス(不正会計)(後半)

ケース : ワールドコムの不正会計

Day6

セッション A

テーマ :  コンプライアンス及びガバナンス(会計処理方針と財務諸表)(前半)

ケース : セールスフォース・ドットコムにおける収益及び費用の認識

セッション B

テーマ : コンプライアンス及びガバナンス(会計処理方針と財務諸表)(後半)

ケース : セールスフォース・ドットコムにおける収益及び費用の認識

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。

この講座の受講後に、以下の講座を履修すると、より発展的な内容まで理解することができます。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

アカウンティングI(財務会計) のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ