カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

デザイン思考と体験価値講座

「デザイン思考と体験価値」のページです。 グロービス経営大学院では、「デザイン思考と体験価値」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

科目詳細

  • 展開科目
  • 特別講座
  • 1.5単位
  • あり(DAY6)
  • 6回
  • あり
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

経営におけるデザインの役割・位置づけは、デザイン1.0(意匠やブランディングデザイン)からデザイン2.0(人間中心デザイン)へと変化し、重要性を増しています。顧客の体験価値から逆算してビジネスをデザインしていくことに加え、戦略を実現するOSとしてのデザインの活用(デザイン重視のカルチャーの醸成)も進んできています。ケーススタディを通じた議論によって、テクノロジーとクリエイティブの力をどのように統合すれば、ユーザーエクスペリエンス(UX)を高めることができるかについて理解を深めます。また、Day1でグループを組成し、三ヶ月間継続的にプロジェクトワークをしながら、デザイン思考の手法、ビジネスへの生かし方について学びます。

※科目の特性上、振替や休学制度のご利用には制限がございます。
※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

ビジネスリーダーとして活躍される方。特に、顧客の体験に着目して、新しいサービスや価値を生み出したい方、イノベーション創出のための発想法に関心を持たれている方。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ :  デザインの意義の変化

ケース : アップルにおけるデザイン思考とイノベーション

セッション B

テーマ : デザイン1.0の基本要素

ケース : (グループプロジェクト)

Day2

セッション A

テーマ :  人間中心デザイン

ケース : IDEOの人間中心サービスデザイン

セッション B

テーマ : 共感マップ

ケース : (グループプロジェクト)

Day3

セッション A

テーマ :  デザイン思考の手法

ケース : UCバークレイの学生ポータル・リニューアル・プロジェクト

セッション B

テーマ : バリュー・プロポジション・キャンパス

ケース : (グループプロジェクト)

Day4

セッション A

テーマ :  UX/UIデザイン

ケース : トヨタのiREAL

セッション B

テーマ : アイディエーション

ケース : (グループプロジェクト)

Day5

セッション A

テーマ :  ビジネスモデルのデザイン

ケース : ルビコン・グローバル

セッション B

テーマ : ストーリーテリング

ケース : (グループプロジェクト)

Day6

セッション A

テーマ :  グループプロジェクトの発表

セッション B

テーマ : 組織変革のデザイン

ケース : SAPのデザイン思考

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

デザイン思考と体験価値 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ