カリキュラム

科目詳細

デザイン思考と体験価値 講座詳細

ケースを通じた議論によって、人間中心的な発想からテクノロジーを活用し、顧客の体験価値を一新するようなイノベーションの事例について理解を深めます。また、Day1でグループを組成し、三ヶ月間継続的にプロジェクトワークをしながら、デザイン思考の手法、ビジネスへの生かし方について学びます。
  • 応用
  • テクノ
    ベート
  • 1.5
    単位
  • レポート
    DAY6
    提出
  • 全6回
  • グループ
    ワーク
  • 35人
    CLASS
  • ケース
    メソッド

科目概要

経営におけるデザインの役割・位置づけは、「デザイン1.0」である意匠やブランディングデザインから「デザイン2.0」と言える人間中心デザインへと変化し、重要性を増しています。顧客の体験価値から逆算してビジネスをデザインしていくことに加え、戦略を実現するOSとしてのデザインの活用、デザイン重視のカルチャーの醸成も進んできています。

本科目ではケースを通じた議論によって、人間中心的な発想からテクノロジーを活用し、さらにクリエイティビティを発揮することで、顧客の体験価値を一新するようなイノベーションの事例について理解を深めます。また、Day1でグループを組成し、三ヶ月間継続的にプロジェクトワークをしながら、デザイン思考の手法、ビジネスへの生かし方について学びます。

※科目の特性上、振替や休学制度のご利用は推奨いたしません。

受講対象者

ビジネスリーダーとして活躍される方。特に、顧客の体験に着目して、新しいサービスや価値を生み出したい方、イノベーション創出のための発想法に関心を持たれている方。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A
テーマ :
イノベーションを起こすデザイン思考
ケース :
アップルにおけるデザイン思考 とイノベーション
セッション B
テーマ :
デザイン思考のプロセス(情報収集/インタビュー)

Day2

セッション A
テーマ :
デザイン思考の全体像
ケース :
IDEO人間中心のサービスデザイン
セッション B
テーマ :
デザイン思考のプロセス(情報の構造化)
ケース :
(グループプロジェクト)

Day3

セッション A
テーマ :
体験価値のデザイン
セッション B
テーマ :
デザイン思考のプロセス
ケース :
(グループプロジェクト)

Day4

セッション A
テーマ :
アイディエーションの手法
ケース :
レゴ・ブロックを用いたワーク
セッション B
テーマ :
デザイン思考のプロセス(アイディエーション)
ケース :
(グループプロジェクト)

Day5

セッション A
テーマ :
デザイン思考のプロセス(ストーリーテリング)
セッション B
テーマ :
デザイン思考とコミュニケーション
ケース :
(グループプロジェクト)

Day6

セッション A
テーマ :
グループプロジェクトの発表

※クラスで使用するケースや教材、得られる学びは体験クラス&説明会にてご確認できます。

教科書

『デザイン思考のポケット・ガイド -pocket guide of design thinking-』

柏野尊徳(著)
沼井柚貴乃編集写真選定、クリエイティブ・コモンズライセンス

参考書

GLOBIS 学び放題「デザインシンキング」

『クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法』

デビッド・ケリー、トム・ケリー(著)
日経BP社(出版)

『 ユーザーインタビューをはじめよう ―UXリサーチのための、「聞くこと」入門』

スティーブ・ポーチガル(著)
安藤貴子(訳)
ビー・エヌ・エヌ新社出版(出版)

『観察の練習』

菅 俊一(著)
NUMABOOKS出版(出版)

『マッピングエクスペリエンス ―カスタマージャーニー、サービスブループリント、 その他ダイアグラムから価値を創る』

カールバック,ジェームズ(著)
オライリージャパン出版(出版)

『最高の答えがひらめく、12の思考ツール ―問題解決のためのクリエイティブ思考』

イアン・アトキンソン(著)
ビー・エヌ・エヌ新社(出版)

事前推奨科目

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。