カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

デザイン思考と体験価値講座

ケースを通じた議論によって、人間中心的な発想からテクノロジーを活用し、顧客の体験価値を一新するようなイノベーションの事例について理解を深めます。また、Day1でグループを組成し、三ヶ月間継続的にプロジェクトワークをしながら、デザイン思考の手法、ビジネスへの生かし方について学びます。

科目詳細

  • 応用科目
  • テクノベート
  • 1.5単位
  • あり(DAY6)
  • 6回
  • あり
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

経営におけるデザインの役割・位置づけは、「デザイン1.0」である意匠やブランディングデザインから「デザイン2.0」と言える人間中心デザインへと変化し、重要性を増しています。顧客の体験価値から逆算してビジネスをデザインしていくことに加え、戦略を実現するOSとしてのデザインの活用、デザイン重視のカルチャーの醸成も進んできています。本科目ではケースを通じた議論によって、人間中心的な発想からテクノロジーを活用し、さらにクリエイティビティを発揮することで、顧客の体験価値を一新するようなイノベーションの事例について理解を深めます。また、Day1でグループを組成し、三ヶ月間継続的にプロジェクトワークをしながら、デザイン思考の手法、ビジネスへの生かし方について学びます。


※科目の特性上、振替や休学制度のご利用はできません。


受講対象者

ビジネスリーダーとして活躍される方。特に、顧客の体験に着目して、新しいサービスや価値を生み出したい方、イノベーション創出のための発想法に関心を持たれている方。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ : イノベーションを起こすデザイン思考

ケース : アップルにおけるデザイン思考 とイノベーション

セッション B

テーマ : デザイン思考のプロセス(情報収集/インタビュー)

Day2

セッション A

テーマ : デザイン思考の全体像

ケース : IDEO人間中心のサービスデザイン

セッション B

テーマ : デザイン思考のプロセス(情報の構造化)

ケース : (グループプロジェクト)

Day3

セッション A

テーマ : アイディエーションの手法

ケース : レゴ・ブロックを用いたワーク

セッション B

テーマ : デザイン思考のプロセス(アイディエーション)

ケース : (グループプロジェクト)

Day4

セッション A

テーマ : 体験価値のデザイン

セッション B

テーマ : デザイン思考のプロセス

ケース : (グループプロジェクト)

Day5

セッション A

テーマ : デザイン思考のプロセス(ストーリーテリング)

セッション B

テーマ : デザイン思考とコミュニケーション

ケース : (グループプロジェクト)

Day6

セッション A

テーマ : グループプロジェクトの発表

※クラスで使用するケースや教材、得られる学びは体験クラス&説明会にてご確認できます。

テクノベートについて

あらゆるビジネス領域においてテクノロジーへの理解が必要不可欠な時代に生きています。テクノロジーの進化が既存のビジネスモデルや市場構造を大きく変えるテクノロジー×イノベーションの時代では、エンジニアと共創する力が求められます。各分野のトップランナーが、テクノベート(テクノロジー×イノベーション)について学ぶ重要性を語ります。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

デザイン思考と体験価値 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

受講をご検討の方へ