なぜグロービスが選ばれるのか? なぜグロービスが選ばれるのか?

実践的な経営能力が
身につく

実践的なカリキュラムを支える
5つの要素

グロービス経営大学院の母体であるグロービスは、1992年に学長である堀義人が「ヒト・カネ・チエ」の生態系を創り、社会の「創造と変革」を行うことをミッションに掲げ立ち上げました。「ヒト」はビジネススクールの創設と企業研修。「カネ」はベンチャー企業への投資育成。「チエ」は経営ノウハウに関する出版・発信。実践的なカリキュラムと高く評価されるのは、他には真似のできないこれらの取り組みが背景にあるからなのです。

1.ベンチャーキャピタル

約660億円、130社を超える投資、経営事例を題材にした学び

投資先企業 一部抜粋
1996年の設立以来、約660億円の資金を130社超の企業に投資している国内最大規模の独立系ベンチャーキャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」(2017 年3月現在)。『ベンチャー・マネジメント』『ベンチャー戦略プランニング』などといった科目で、その投資事例をリアルな題材として、実務での経営理論の活用手法を学ぶことができるのは、他には類を見ないグロービスならではの特徴です。

2.企業研修

国内外の約700社に提供する経営教育の知見をカリキュラムに反映

国内外の約700社に提供する経営教育の知見をカリキュラムに反映。

年間約700 社への企業研修の提供を通じて得た、ビジネスの最前線からの課題意識に基づき、カリキュラムを常に進化させています。激変する経営環境の下、競争力強化をより一層求める企業のニーズに応え、高い評価を得ている企業研修事業。実践的なカリキュラムは、こうした実績によっても裏付けられています。

企業研修提出先(一部抜粋)
味の素 / イオン / 伊藤忠商事 / NTTドコモ / 九州旅客鉄道 / KDDI / ジェイティービー / 住友商事 / 武田薬品工業 / 中部電力 / 帝人 / トヨタ自動車 / 日清食品ホールディングス / 富士フイルム / ブリヂストングループ / 三井住友銀行 / 三菱電機 他

3.出版

累計約150万部を誇る経営学のスタンダードテキスト

累計約150万部を誇る経営学のスタンダードテキスト。

多数の実例を紹介し、図表などのビジュアルを活用しながら、実践例と絡めて経営理論を解説する独自のスタイルで、ビジネスパーソンのバイブルとなっている「グロービスMBA」シリーズ(ダイヤモンド社刊)。1995年の出版開始以来、シリーズ累計約150万部のロングセラーとなり、すでに全18タイトルに及んでいます(2017 年3月現在)。ほかにも、「27歳からのMBA」「実感するMBA」「MBA集中講義」シリーズなどが好評を博しています。

4.カリキュラム開発

最も重視するのは、実践力の向上。学生満足度向上のあくなき追求

最も重視するのは、実践力の向上。学生満足度向上のあくなき追求。

グロービスでは、科目ごとに学生の満足度調査を行い、常にカリキュラムの見直しや新たな教材の開発に取り組んでいます。総勢100名を超える開発スタッフが、アカデミックな理論の提示に留まることのないよう、「いかに実務に役立つか」という視点を持ち、実践的なカリキュラム開発を行うため日々議論を重ねています。2011年度以降、18科目を新規に提供し、ケース(企業事例)は新たに343本リリースしました。また、2017年度からは次代のビジネスパーソンに必須のテクノロジーへの理解を深める科目群(テクノベートMBA)の提供を開始しました。

5.クオリティ・ギャランティ

カリキュラムの品質への自信。グロービスだからこそ可能な全額返金保証制度

クオリティ・ギャランティ(グロービス品質保証制度)

修士課程の修了要件を満たした後、ご自身で当初想定していた学習効果を得られなかったと判断された場合には、お支払い頂いた学費全額を返金します。これは、顧客である学生の満足度向上を常に追い求め、教育効果の最大化のためカリキュラムを改善し続けるグロービスだからこそ設けられる制度です。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

実践的なカリキュラムを支える5つの要素のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ