カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

テクノベート・シンキング講座

本科目では、大量データ・繰返し処理はコンピュータが、論理設計を人間が行うという役割分担による「テクノベート時代の問題解決」手法を、実際にプログラミングを行うなどしながら身につけ、ご自身のビジネスにおける問題を解決できるようになることを目指します。

科目詳細

  • 基本科目
  • テクノベート
  • 1.5単位
  • あり(DAY4)
  • 6回
  • 35
  • ワークショップ

科目概要

コンピューターの急激な進化により、想像を超える大量データや地理的制約を受けない複雑なネットワークが実現される時代、「人間が理解可能なデータ量を人間自身が手を動かして解決する」という従来の問題解決プロセスが適用できなくなっています。このような時代においては、「技術的なことはわからないのでエンジニアに全て任せる」のではなく、進化するテクノロジーに関する知見を自ら持ちながらビジネスを構想実行していくビジネスリーダーが業種業界問わず求められています。

この科目では、大量データ・繰返し処理はコンピュータが、論理設計を人間が行うという役割分担による「テクノベート時代の問題解決」手法を、実際にプログラミングを行うなどしながら身につけ、ご自身のビジネスにおける問題を解決できるようになることを目指します。

また、本科目では、Web上のサービス・アプリケーション等をご自身のPCやモバイル端末(スマートフォン・タブレット端末等)でID取得やインストール等を行って、実際の操作を体験したり、プログラミングを行いながら、学びを深めていただきます。

一部のアプリケーションはレポート作成にも使用するため、インストールや操作ができない場合、本科目を修了することができません。履修をされる皆様は、ご自身の責任において、履修環境の整備をお願いいたします。



※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

プログラミングの経験がない、コンピューターサイエンス(特にアルゴリズム・データ構造)を学んだ経験はないが、ICTをベースとするビジネスイノベーションに興味のある方を主な対象とします。事前の専門知識はない前提で進めます。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ : テクノベート・シンキングとは

セッション B

テーマ : アルゴリズム基礎①「ソート」

Day2

セッション A

テーマ : 状態遷移図

セッション B

テーマ : アルゴリズム基礎②「探索」

Day3

セッション A

テーマ : テクノベート・シンキングによる問題解決プロセスの実践

セッション B

テーマ : テクノベート・シンキングによる問題解決プロセスの実践

Day4

セッション A

テーマ : テクノベート・シンキングによる問題解決プロセスの実践

セッション B

テーマ : テクノベート・シンキングによる問題解決プロセスにおける実行手法

Day5

セッション A

テーマ : テクノベート・シンキングによる問題解決プロセスにおけるより高度な手法

セッション B

テーマ : テクノベート・シンキングによる問題解決プロセスにおけるより高度な手法

Day6

セッション A

テーマ : テクノベート・シンキングによる問題解決プロセスの実践

セッション B

テーマ : テクノベート・シンキングによる問題解決プロセスの実践

※クラスで使用するケースや教材、得られる学びは体験クラス&説明会にてご確認できます。

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。

テクノベートについて

あらゆるビジネス領域においてテクノロジーへの理解が必要不可欠な時代に生きています。テクノロジーの進化が既存のビジネスモデルや市場構造を大きく変えるテクノロジー×イノベーションの時代では、エンジニアと共創する力が求められます。各分野のトップランナーが、テクノベート(テクノロジー×イノベーション)について学ぶ重要性を語ります。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

テクノベート・シンキング のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

受講をご検討の方へ