カリキュラム

科目詳細

ビジネス・アナリティクス 講座詳細

勘と経験に頼るのではなく数値的根拠に基づいて判断する力を鍛える

仮説を立て、定量的な分析によって検証し、結果を説明するという一連の流れと手法を学びます。専門的な定量分析テクニックではなく、多くのビジネスパーソンに必要な分析の基礎を身に付ける内容です。
  • 基本
  • 思考
  • 選択
    必修
    科目
  • 1.5
    単位
  • 単科生
    受講・
  • レポート
    DAY4
    提出
  • 全6回
  • 35人
    CLASS
  • ワーク
    ショップ

科目概要

本科目では以下のポイントに主眼をおいて学んでいきます。

  • ビジネスにおける仮説検証に必要な分析の本質的な考え方や視点、さらにその視点を実際に活かすために必要な定量分析の手法を理解する
  • さらに、問題解決など、実務における意思決定の局面に定量分析を応用する力を養う

Day1は、そもそも分析とは何か、どのようなステップで分析を進めればいいのかについて学びます。Day2以降は、分析ステップを意識した上で、さらに分析に必要な5つの視点と3つのアプローチをビジネスに即した演習を通じて習得していきます。尚、Day4では、それまでに学んだ手法を活用した総合演習を行い、総まとめとします。

※Windows OS、Microsoft Office Excel(Office 365)の使用を推奨します。
※Macの場合はExcel 2016以降の使用が必須です(Excel 2011の場合は、分析ツールが使えません)。

受講対象者

あらゆる業務を担当するビジネスパーソンに必要な、基本的な分析スキルを学ぶ科目です。早めに受講し、本科目で学んだことを以降の学びに役立てていただくことをお薦めします。

この科目の受講をご検討の方へ

全国のキャンパス及びオンラインにて、「クリティカル・シンキング」もしくは「マーケティング」の体験クラスを随時開催しています。グロービスの実践的な授業をご自身の目でぜひご確認ください。また、体験クラスの前後でスクールの説明会と個別相談を行っています。科目選択の方法や仕事との両立方法などをご案内しています。

※この科目の受講形式は、通学もしくはオンラインとなります。通学クラスとオンラインクラスの違いについては、こちらのページをご確認ください。
※この科目は、単科生制度の対象科目です。単科生制度についてはこちらのページをご確認ください。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A
テーマ :
定量分析の意義、定量分析の全体像
ケース :
オリジナルテキスト
ブルーベリー・サプリ
セッション B
テーマ :
データ収集
ケース :
オリジナルテキスト

Day2

セッション A
テーマ :
定量分析のプロセスと分析の視点
ケース :
オリジナルテキスト
バリア・プランニング・ソリューションズ・インク:セールスプロセスを最適化する
セッション B
テーマ :
アウトプットを分析する視点と分析アプローチ
ケース :
オリジナルテキスト

Day3

セッション A
テーマ :
アウトプット-インプット間のメカニズムを帰納的に分析する
ケース :
オリジナルテキスト
セッション B
テーマ :
アウトプット-インプット間のメカニズムを演繹的に分析する
ケース :
オリジナルテキスト

Day4

セッション A
テーマ :
総合演習(前半)
ケース :
コルゲート・パルモリーブ:クレオパトラ
セッション B
テーマ :
総合演習(後半)
ケース :
コルゲート・パルモリーブ:クレオパトラ

Day5

セッション A
テーマ :
不確実性下での意思決定(可視化)
ケース :
オリジナルテキスト
クリシンク社21
セッション B
テーマ :
不確実性下での意思決定(選択肢の選択)
ケース :
オリジナルテキスト
フリーマーク・アビー・ワイナリー

Day6

セッション A
テーマ :
複雑なメカニズムを分析する(仮説ベースのアプローチ)
ケース :
オリジナルテキスト
デリディッシュ社
セッション B
テーマ :
複雑なメカニズムを分析する(探索ベースのアプローチ)
ケース :
オリジナルテキスト
デリディッシュ社

※クラスで使用するケースや教材、得られる学びは体験クラス&説明会にてご確認できます。

教科書

『定量分析の教科書: ビジネス数字力養成講座』    

グロービス、鈴木 健一(著)
東洋経済新報社(出版)
電子出版対応

参考書

ビジネス数字力を鍛える

グロービス(著)
ダイヤモンド社(出版)

EXCELビジネス統計分析

末吉正成、末吉美喜(著)
翔泳社 (出版)

事後推奨科目

この講座の受講後に、以下の講座を履修すると、より発展的な内容まで理解することができます。