MBAとは(MBA取得方法)

日本国内MBAの概況

1.従来の年功序列型社会では異質だったMBA

2000年以前に欧米ではMBAは、社会に広く浸透していましたが、日本においては大きく異なり、MBAホルダー(MBA取得者)はマイナーな存在でした。その理由は、経営幹部の育成・登用に関する日本独特の慣習が大きく影響しています。終身雇用制度が一般的だった多くの日本企業では、経営者も年功序列的に内部から登用されることが多く、また右肩上がりに成長する環境下では、経営者育成もジョブローテーションで複数領域の実務経験を積ませながら、時間をかけて行うのが一般的でした。そのため、経営者を社外で短期間で育成するMBAのニーズは欧米ほど強くはありませんでした。

2.2000年代、大きく変化する日本社会で注目され、国内MBA検討者数は増加

2000年代に入り、日本国内のビジネス環境は大きく変化しました。グローバル化が進展し、規制が緩和され、インターネットが普及し、ITやAIなどの技術が進化する中で、 ビジネスルールが大きく変化しました。その結果、今まで積み重ねてきた経験や専門知識だけでは解決できない課題に直面することが増えると同時に、急激な環境変化に対応するために意思決定のスピードも要求されるようになりました。こうした中で、短期間で効率よく経営の幅広い知識やマネジメントスキルを身につけることができるMBAが、日本でも注目されるようになってきたのです。
2000年代初頭までの日本では、MBA取得といえば海外のビジネススクールへ企業から派遣されて取得するか、もしくは私費で一定期間(2~3年)の休職、または仕事を辞めて留学し、取得するのが主流でした。しかし2003年からは、海外でMBAを取得する日本人が減少する一方、国内でMBAを取得するビジネスパーソンが急増しました。正確な数は不明ですが、多くの海外ビジネススクールが採用している試験であるGMAT(図1の下の用語説明参照)の日本人の受験回数が減少していることが伺えます。GMATは、一人が年に何度か受験しますが、日本人のGMAT受験者が平均して年3回受験すると仮定すると、受験者数は2002年から2006年の5年の間に約2500人か ら約1200人に半減したことになります。これとは対照的に、国内MBAを目指す学生数は増加しています。具体的には2003年に1184人であった国内MBA(MOT含む)志願者は、2006 年には2736人と、2.3倍に増加しました。入学者数も同じ期間で3.4倍に増えています(出典;2007年9月21日開催文部科学省中央審議会大学分科会大学院 部会配布資料)。

【図1】ビジネススクール推定志願者数(国内/海外)

【図1】ビジネススクール推定志願者数(国内/海外)
【図1】ビジネススクール推定志願者数(国内/海外)

3.様々な特徴を打ち出す国内MBA。実態は、定員をはるかに上回る志願者を集める人気のビジネススクールから定員割れのビジネススクールまで様々。

国内でMBAを取得できるビジネススクールは、提供するカリキュラムや科目・実務家教員の割合・開講形態・立地・人脈形成などにおいて様々な特徴を打ち出しており、それぞれが全く違うMBAプログラムを提供するビジネススクールだと捉えたほうがよいでしょう。一方で、国内の全てのMBAプログラムを提供するビジネススクールが学生や企業、社会から同様に評価されているわけではありません。社会人学生のニーズを捉えられず、募集人数を集めることができずに定員割れをしているMBAプログラムもあれば、社会人や企業のニーズを捉え将来の環境変化を見据えた実践性を重んじたMBAプログラムを提供することで学生数を伸ばし続けているビジネススクールも存在しています。日本国内においてもMBAは、一定の認知や評価を得るようになりましたが、国内MBA各校の内情は様々であり、提供しているMBAプログラムの内容をしっかり吟味する必要があります。

4.現在の国内MBAは実践志向が人気

従来の国内の経営大学院(ビジネススクール)では、MBAプログラムを提供しているといえども、アカデミックな知見の提供を重視したカリキュラムを提供しているところが数多くありました。しかし、現在人気を博しているビジネススクールは、プログラムの特徴に「実践力の向上」を掲げるところがほとんどです。その流れを受けて、既存の経営大学院(ビジネススクール)でも、実務家教員比率の増加、ケースメソッドやフィールドワークの採用など、実践志向のカリキュラムに改編するスクールが増えています。
しかし、各ビジネススクールが提供している授業を見てみると、実践力を向上させるための手法やスタンスは異なっています。講義形式の授業でビジネスに関連する知識のみを大量にインプットすることに留まっているMBAプログラム、修士論文を課すことで研究スキルと実践力を高めるMBAプログラム、経営の知識を実務で成果を上げるために活用する方法を企業事例を用いた実務家教員によるディスカッション形式の授業を通じて鍛え抜くMBAプログラム、ディスカッション形式の授業での実践力強化に加えて、ビジネスリーダーとして成果を出し続けるために重要な「志の醸成」やテクノロジーの進化がビジネス構造を大きく変えるこれからの時代を見据えたカリキュラムを提供するMBAプログラムなど、実践力向上の手法は様々です。

活躍するグロービスの
在校生・卒業生

創造と変革の志士たちとして活躍している卒業生・在校生をご紹介します。
様々な試練と自らの成長を楽しみ、社会に貢献している学生の活躍をぜひ応援してください。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの実際の授業に参加できる「体験クラス」を開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの実際の授業に参加できる「体験クラス」を開催しています。

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

その必要性が広く認知され、日本でもMBAを取得できるスクールが増加しました。現在、日本国内には多数の大学院がMBAプログラムにおいて人材育成を競い合っていますが、グロービス経営大学院は、MBAの価値は学位を取得することではなく、あくまで経営の現場で成果を出すために必要な能力開発・スキルの修得にあると考え、世界で通用する人材育成に取り組んでいます。その結果、多くの企業や社会人から高い評価を得て、グロービスはMBAを取得できる社会人教育・研究機関として、国内最大規模に成長しています。
近年は、録画講義を視聴するオンデマンド型ではなく、リアルタイムで接続しディスカッション中心の授業を提供するオンラインのMBAプログラムの提供によって、日本国内に留まらず海外からの学生の受け入れも始まっています。既存の英語MBAプログラムとともに、日本国内に居ながらグローバルな環境で学べる経営大学院として進化を続けています。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

日本国内MBAの概況のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

受講をご検討の方へ