カリキュラムの特徴と開講科目

研究プロジェクト

研究プロジェクト 講座詳細

他の科目履修を修了された方の中から、希望者のみ履修できます。それまでの学習の成果をまとめ、より実務に近い内容の研究を行って、企業のケースとそのティーチング資料、研究論文、ビジネス・プラン、自社分析レポートのいずれかを執筆します。3ヵ月または6ヵ月の期間に、1人または数名のグループによって成果物をまとめることになります。テーマに合わせて教員が1名担当となり、適宜指導や相談を行います。自らの起業計画の立案、自社変革の方向性を考察することも奨励しています。
  • 展開科目
  • 領域横断
  • 3.0単位
  • 6回
  • あり
  • プロジェクト

科目概要

これまでのカリキュラムを一通り学び、スキルの習得と志の醸成を行ってきた方に、自身の学習成果の総まとめとしてアウトプットしていただくのが、このコースの目的です。


自らテーマを設定し、ワークプランの立案、情報収集を行い、提案をまとめていくクラスです。


これらを通じて、実践に使える課題設定力、仮説構築力、情報収集力、戦略立案能力などを身につけていただきます。


アウトプットの形式は、ケースライティング、ビジネスプランニングなどがあり、詳細は開講年度・クラスにより異なります。履修期間は半年間(毎月1回)、クラスは少人数での運営となります。



※科目の特性上、振替や休学制度のご利用はできません。

受講対象者

在学中に自らの手で何らかのアウトプットを形に残したい、という意識のある方が対象になります。また、非常に難易度が高く、かつ自発性が強く求められる科目です。テーマに対する問題意識が高い方、グループに対する貢献意識の高い方の参加を求めます。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

    • LINEで送る

研究プロジェクトのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。