カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

ファイナンスII(企業価値評価と財務戦略)講座

「ファイナンスII(企業価値評価と財務戦略)」のページです。 グロービス経営大学院では、「ファイナンスII(企業価値評価と財務戦略)」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

科目詳細

  • 応用科目
  • 会計・財務
  • 1.5単位
  • あり(DAY4)
  • 6回
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

本科目は、企業価値評価とは何か、さらに、その企業価値の増大に資する企業合併と買収(M&A)とは何か、を深く理解する事に主眼を置いています。従い、資本コストの概念、バリュエーションの基本手法、資金調達などを広く学び、CFOからの補佐を受けつつCEOが下さなければならない経営上の選択・方針決定の在り方を理解することが目的としています。


この科目は、ファイナンスⅠ(事業戦略と企業財務)で学ぶ予測財務諸表、事業戦略が資金手当てに与える影響、基本的な事業価値評価に関する基礎知識は既に修得しているとの前提で授業を行います。また、科目はケースを中心として行われますが、ケースでカバーされていない関連トピックや応用的なトピックについても、レクチャーを通じて網羅し、コーポレート・ファイナンスの体系的理解を目指します。


※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

「ビジネス・リーダー」として、財務上の諸問題に関する意思決定を行うための基本的論点の修得を目指す方を対象とします。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ :  資本コストと資金調達政策(前半)

ケース : ミッドランド・エナジー・リソーシズ社:資本コスト

セッション B

テーマ : 資本コストと資金調達政策(後半)

ケース : ミッドランド・エナジー・リソーシズ社:資本コスト

Day2

セッション A

テーマ :  事業戦略とそれを支える財務戦略(最適資本構成)(前半)

ケース : ポラロイド・コーポレーション、1996年

セッション B

テーマ : 事業戦略とそれを支える財務戦略(最適資本構成)(後半)

ケース : ポラロイド・コーポレーション、1996年

Day3

セッション A

テーマ :  バリュエーションとM&A戦略(前半)

ケース : ヘルスケア・マニュファクチャリング社

セッション B

テーマ : バリュエーションとM&A戦略(後半)

ケース : ヘルスケア・マニュファクチャリング社

Day4

セッション A

テーマ :  総合学習(前半)

ケース : フラッシュメモリ社

セッション B

テーマ : 総合学習(後半)

ケース : フラッシュメモリ社

Day5

セッション A

テーマ :  事業リスクと不確実性下の企業価値評価(新興企業のIPO)(前半)

ケース : ネットスケープの新規株式公開

セッション B

テーマ : 事業リスクと不確実性下の企業価値評価(新興企業のIPO)(後半)

ケース : ネットスケープの新規株式公開

Day6

セッション A

テーマ :  総合演習(負債を活用したM&A(LBO))(前半)

ケース : エアスレッド・コネクションズ社の評価

セッション B

テーマ : 総合演習(負債を活用したM&A(LBO))(後半)

ケース : エアスレッド・コネクションズ社の評価

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

ファイナンスII(企業価値評価と財務戦略) のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ