カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

スポーツ・マネジメント講座

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、裾野の広い産業として発展させていこうという取り組みが進んでおり、スポーツチームの経営者の視点でスポーツビジネスを考えるだけでなく、スポンサー企業や地域自治体など外部のステークホルダーの視点からもスポーツの活用方法を学ぶことにより、中からも外からもスポーツ産業を活性化させることが狙いです。

科目詳細

  • 展開科目
  • 特別講座
  • 1.5単位
  • あり(DAY4)
  • 6回
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、スポーツを趣味や楽しみとしてとらえるだけでなく、裾野の広い産業として発展させていこうという取り組みが進んでいます。しかしながら、現代におけるスポーツの持つ広範な価値を最大限に活かし、スポーツが生み出す経済的/社会的なベネフィットを最大化するためには「スポーツ=お金と無縁のアマチュア主義」という従来からの支配的な価値観だけでは不十分であり、スポーツを取り巻く多様なステークホルダーの戦略的な取り組みが必要とされています。
本科目は、スポーツチームの経営者の視点でスポーツビジネスを考えるだけでなく、スポンサー企業や地域自治体など外部のステークホルダーの視点からもスポーツの活用方法を学ぶことにより、中からも外からもスポーツ産業を活性化させることが狙いです。



※科目の特性上、振替や休学制度のご利用はできません。

受講対象者

スポーツチームやリーグの経営について関心がある方、或いはすでに関わっておられる方や、自社の課題解決や発展の為に、スポーツの持つ価値を活用したいと考えている方。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ : スポーツリーグビジネス

ケース : ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の大いなる成功

セッション B

テーマ : スポーツリーグビジネス

ケース : ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の大いなる成功

Day2

セッション A

テーマ : スポーツチームのマネジメント

ケース : FCバルセロナ

セッション B

テーマ : スポーツチームのマネジメント

ケース : FCバルセロナ

Day3

セッション A

テーマ : スポーツとデジタルテクノロジー

ケース : メジャーリーグ・アドバンスト・メディア: 野球のデジタル化

セッション B

テーマ : スポーツとデジタルテクノロジー

ケース : メジャーリーグ・アドバンスト・メディア: 野球のデジタル化

Day4

セッション A

テーマ : スポーツスポンサーシップ

ケース : バンク・オブ・アメリカ スポーツスポンサーシップ

セッション B

テーマ : スポーツスポンサーシップ

ケース : バンク・オブ・アメリカ スポーツスポンサーシップ

Day5

セッション A

テーマ : メガスポーツイベントビジネス

ケース : バンクーバー2010オリンピック

セッション B

テーマ : メガスポーツイベントビジネス

ケース : バンクーバー2010オリンピック

Day6

セッション A

テーマ : 総合/スポーツチームの再建

ケース : シカゴ・ブラックホークス:スポーツビジネス史上最大のターンアラウンド

セッション B

テーマ : 総合/スポーツチームの再建

ケース : シカゴ・ブラックホークス:スポーツビジネス史上最大のターンアラウンド

※クラスで使用するケースや教材、得られる学びは体験クラス&説明会にてご確認できます。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

スポーツ・マネジメント のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

受講をご検討の方へ