MBAとは(MBA取得方法)

MBAランキング

MBAランキング

1.世の中にある様々なMBAランキング

海外においては、経営大学院(MBAプログラム)の出身者かどうかが重視される傾向が強く、大手メディアがビジネススクールのランキングを公開している。また海外ではMBAの教育品質を評価しあうための認証機関も存在する。

海外MBAランキング

海外では、ファイナンシャル・タイムズ、フォーチュンなど大手海外メディアが定期的にランキングを公開している。これは、米国・ヨーロッパを中心にしたMBAという「学位」自体の価値が日本よりも高く、どの大学のMBAを修了したかを重視する海外のニーズが強いことによるものである。各メディアは、入学時と修了後の年収の変化率を重んじたり、学生の満足度を重要視したりと、ランキングのための指標は異なり、独自指標でのランキングとなっている。

海外MBAの代表的な認証機関

米国においては、AACSB:Association to Advance Collegiate Schools of Businessという認証機関を中心に、IACBE:International Assembly for Collegiate Business Educationなどいくつかの認証機関が存在し、一部のビジネススクールがメンバーとなり相互に評価しあっている。また、ヨーロッパでは、非営利団体によるEQUISと呼ばれる認証評価機関を設けており、米国同様独自の相互評価を行っている。これらの機関からの認証評価要件には、研究や教員のPh.D比率の基準なども設けられているため、ビジネススクールの実務家教員の割合は下がりやすく、アカデミック色が強くなる場合もある。

2.MBAランキングだけで選ぶのではなく、あくまで検討材料の一つとして捉える事が重要

先にも述べたとおり、メディアやビジネススクールは、それぞれ独自の基準でMBA・ビジネススクールを判断・ランキング化をしている。しかし、これだけで判断することは、多額の投資と時間を費やすMBAにおいては危険である。特に国内MBA取得を検討する際には、学術的なMBAからビジネスでの実践活用を想定したMBAまで、プログラムのバリエーションが豊富であるため一律のランキングや認証だけでは、評価しにくいという問題がある。加えて、国内MBAの検討者の目的も、起業、事業承継、学術研究、キャリアアップ、能力開発、人脈形成など多岐にわたっていることもこの問題をより複雑化している。

海外MBAへの進学などの場合は、教員や学生、校風など、物理的な制約から直接体験することが難しい。そのため海外MBAを検討する際には、ランキングを活用することは重要である。一方で、国内のMBAプログラム・ビジネススクールを検討する際には、模擬講義や学校説明会を通じて、直接体験することができる。加えてMBAの学位のみで企業に評価されることはないため、ランキングを重視するだけに留めずに、実際に実力がつくのか、また自分の目的に合致するかどうかを、体験しながら検討することが重要であり、近道とも言えるだろう。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの実際の授業に参加できる「体験クラス」を開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの実際の授業に参加できる「体験クラス」を開催しています。

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

その必要性が広く認知され、日本でもMBAを取得できるスクールが増加しました。現在、日本国内には多数の大学院がMBAプログラムにおいて人材育成を競い合っていますが、グロービス経営大学院は、MBAの価値は学位を取得することではなく、あくまで経営の現場で成果を出すために必要な能力開発・スキルの修得にあると考え、世界で通用する人材育成に取り組んでいます。その結果、多くの企業や社会人から高い評価を得て、グロービスはMBAを取得できる社会人教育・研究機関として、国内最大規模に成長しています。
近年は、録画講義を視聴するオンデマンド型ではなく、リアルタイムで接続しディスカッション中心の授業を提供するオンラインのMBAプログラムの提供によって、日本国内に留まらず海外からの学生の受け入れも始まっています。既存の英語MBAプログラムとともに、日本国内に居ながらグローバルな環境で学べる経営大学院として進化を続けています。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

MBAランキングのページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ