カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

組織行動とリーダーシップ講座

「組織行動とリーダーシップ」のページです。 グロービス経営大学院では、「組織行動とリーダーシップ」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

科目詳細

  • 基本科目
  • 人事・組織
  • 必修科目
  • 1.5単位
  • 単科生受講対象科目
  • あり(DAY4)
  • 6回
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

本科目では、「組織行動とリーダーシップ」を、戦略に沿った組織目標に向けてメンバーを導く個人(リーダー)の取り組みと捉え、リーダーとしてどんな取り組みをすればよいのかを考えていきます。同時に、自身の取り組みを振り返り、学んだことを机上の空論に終わらせず、現場で実践していただくことを目標とします。具体的には、ビジネスケースを用いて、主人公(企業の経営者やマネジャー)が遭遇する出来事につき、事業環境や事業特性など経営戦略に関する分析を踏まえた上で、主人公が組織を導くための解決策を検討していきます。
Day1~Day6のクラスは、全て、ディスカッションを主体としたケースメソッドによる運営を行います。取り上げる主なテーマは、リーダーシップの考え方、エンパワーメント、グループ・マネジメント、組織変革とそのマネジメント、非常時のリーダーシップ、組織文化の醸成・発展などです。

※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

環境変化に適応した自立的なリーダーを目指す全ての方が対象です。特に、日頃リーダーシップを発揮する上で、課題に感じていることなどの問題意識をもって参加されることが望まれます。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ :  変革におけるミドルリーダーの葛藤と成長(前半)

ケース : ドナ・ダビンスキーとアップル・コンピュータ社(A)

セッション B

テーマ : 変革におけるミドルリーダーの葛藤と成長(後半)

ケース : ドナ・ダビンスキーとアップル・コンピュータ社(A)(B)(C)(D)

Day2

セッション A

テーマ :  企業経営とリーダーシップ

ケース : スターバックス・コーポレーション(A)

セッション B

テーマ : エンパワーメントを活用した組織運営

ケース : タローフーズ

Day3

セッション A

テーマ :  グループ・マネジメントと組織活性化(前半)

ケース : キリンビールの改革:V10推進プロジェクト(A)

セッション B

テーマ : グループ・マネジメントと組織活性化(後半)

ケース : キリンビールの改革:V10推進プロジェクト(A)(B)

Day4

セッション A

テーマ :  組織変革とマネジメント(前半)

ケース : コーニング・グラス・ワークス社:電子製品事業本部(A)

セッション B

テーマ : 組織変革とマネジメント(後半)

ケース : コーニング・グラス・ワークス社:電子製品事業本部(A)

Day5

セッション A

テーマ :  非常時におけるリーダーシップ(前半)

ケース : プラス社 ジョインテックスカンパニー:東日本大震災への対応(A)

セッション B

テーマ : 非常時におけるリーダーシップ(後半)

ケース : プラス社 ジョインテックスカンパニー:東日本大震災への対応(A)(B)

Day6

セッション A

テーマ :  起業家精神のマネジメント(前半)

ケース : 3M オプティカルシステム部:企業における起業家精神のマネジメント

セッション B

テーマ : 起業家精神のマネジメント(後半)

ケース : 3M オプティカルシステム部:企業における起業家精神のマネジメント

この講座の受講後に、以下の講座を履修すると、より発展的な内容まで理解することができます。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

組織行動とリーダーシップ のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ