カリキュラムの特徴と開講科目

ファイナンスI(事業戦略と企業財務)

ファイナンスI(事業戦略と企業財務) 講座詳細

企業価値を定量的に評価し、経営者や投資家の視点でビジネスを見る目を養う

「ファイナンス基礎」クラスで学んだ知識・視点をベースに、企業価値向上に資する事業投資をどの様に見極め、そして実施すべきか、更に、負債と株主資本をどの様に組み合わせるのが企業にとって最適なのか、を中心に学びます。
  • 基本科目
  • 会計・財務
  • 必修科目
  • 1.5単位
  • 単科生受講対象科目
  • あり(DAY4)
  • 6回
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

この科目は、ケースを通じた疑似体験を重ねることでファイナンス理論の修得を目指します。具体的にまずは予測財務諸表の作成や増分キャッシュフロー分析を通じて事業活動の定量化や投資判断を行います。


次に、企業買収などの意思決定において定性定量両面を踏まえた判断力を養います。更に、資金調達の意思決定を扱うことで異なる立場からの視点を加え、個々の戦略や投資を俯瞰的かつ構造的に分析し意思決定する力を養うことを目的としています。


受講対象者

6回のクラスは、全てディスカッションを主体としたケース・メソッド方式で行い、ファイナンスやアカウンティングの基礎知識は事前に修得している前提で運営されます。

この科目の受講をご検討の方へ

全国のキャンパス及びオンラインにて、「クリティカル・シンキング」もしくは「マーケティング」の体験クラスを随時開催しています。グロービスの実践的な授業をご自身の目でぜひご確認ください。また、体験クラスの前後でスクールの説明会と個別相談を行っています。科目選択の方法や仕事との両立方法などをご案内しています。

※この科目の受講形式は、通学もしくはオンラインとなります。通学クラスとオンラインクラスの違いについては、こちらのページをご確認ください。

※この科目は、単科生制度の対象科目です。単科生制度についてはこちらのページをご確認ください。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ : ファイナンスにおける基礎的概念の確認

セッション B

テーマ : キャッシュフローの増分分析と事業採算性の検証〈その1〉

ケース : ワールプール・ヨーロッパ

Day2

セッション A

テーマ : キャッシュフローの増分分析と事業採算性の検証〈その2〉

ケース : ストライカー・コーポレーション:プリント基板の内製化

セッション B

テーマ : キャッシュフローの増分分析と事業採算性の検証〈その3〉

ケース : ホンハイのシャープ買収

Day3

セッション A

テーマ : 企業価値評価(バリュエーション)の基本と資金調達(前半)

ケース : インダストリアル・アクセサリーズ社

セッション B

テーマ : 企業価値評価(バリュエーション)の基本と資金調達(後半)

ケース : インダストリアル・アクセサリーズ社

Day4

セッション A

テーマ : バリュエーションと投資判断(前半)

ケース : アメリカン・ケミカル・コーポレーション

セッション B

テーマ : バリュエーションと投資判断(後半)

ケース : アメリカン・ケミカル・コーポレーション

Day5

セッション A

テーマ : 資本コストと資金調達政策 (前半)

ケース : ミッドランド・エナジー・リソーシズ社:資本コスト

セッション B

テーマ : 資本コストと資金調達政策(後半)

ケース : ミッドランド・エナジー・リソーシズ社:資本コスト

Day6

セッション A

テーマ : 総合的な事業投資判断

ケース : モンマス社

セッション B

テーマ : 「所有」から「利用」へ:サブスクリプションモデルの特徴

ケース : マイクロソフトの戦略転換

※クラスで使用するケースや教材、得られる学びは体験クラス&説明会にてご確認できます。

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。

この講座の受講後に、以下の講座を履修すると、より発展的な内容まで理解することができます。

グロービス経営大学院では「体験クラス」をオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では「体験クラス」をオンラインにて随時開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

    • LINEで送る

ファイナンスI(事業戦略と企業財務)のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。