グロービスの特徴(はじめての方へ)

自分の可能性を信じる人へ「人生を変える経験が、ここに」

Contents

私たちは今、時代の転換点にいる。
変化をチャンスに変えるために。

私たちは今、テクノロジーの進化が世の中を大きく変える第4次産業革命という時代の転換点に生きています。時代が変われば、当然求められる能力も変わります。

次代のビジネスパーソンに求められるのは、唯一絶対の正解のない問いに、自らの頭で最適解を導き出す総合的かつ創造的な「思考力」と何が起きても最後まで諦めずにやり遂げるために必要な「志」を持ったリーダーシップです。加えて、競争力を維持するためにあらゆる業界において、AI、ビッグデータ、IoTといったテクノロジーへの理解が必須となります。

「ヒト・モノ・カネ」 という既存のMBAの領域に、「テクノベート(テクノロジー✕イノベーション)」領域と重要な意思決定の場面で最後の判断軸ともなる「志」を醸成する領域を加えたものが、「グロービスのMBA」です。グロービスは開学以来、既存の枠にとらわれず常に次代を見据え、MBAの常識を覆してきました。これからも、既存のMBAの枠を超え、常に進化を遂げていきます。

   

未来照準のMBAとは

思考
Critical and Analytical Skills 思考

人工知能・デジタル化がより加速していく中で、人しかできない思考・共感を生むコミュニケーションが求められています。その力を磨くために必要なのは、クリティカル・シンキングを身に付けた仲間とのディスカッション、ケースに基づく意思決定の疑似体験です。業界・職種・世代を超えた仲間たちとの真剣な議論が、思考力・コミュニケーション力をより高みへと導きます。

創造
Creation 創造

ゼロから何かを生み出すとき、想定外の事態が生じることは当たり前です。起業や新規事業立ち上げを志す人たちが現場で直面する課題を具体的にイメージできるよう、グロービスのベンチャーキャピタル部門の投資先である企業を扱ったケース(企業事例)を織り交ぜながら議論し、意思決定の疑似体験を繰り返していきます。

充実したキャリアサポート 起業サポート

グロービス経営大学院には、起業に挑戦する卒業生や在校生をサポートするためのさまざまな仕組みやコミュニティが用意されています。

  • 起業家への登竜門GLOBIS Venture Challenge(ビジネスプランコンテスト)
  • ベンチャーキャピタル事業で培った知見を活かした「起業」に直結する科目
  • ベンチャー起業家の戦略、想いに触れるセミナー
  • 起業家ネットワーク (グロービス・アントレプレナーズ・クラブ)
  • インキュベーションサービス
変革
Innovation 変革

これまでの常識や価値観にとらわれていては、事業再生や組織変革を実現するのは難しいでしょう。停滞状態にある既存のものを進化・成長させ、組織を変革に導くことを志す学生が直面するであろう現場での様々な障害を、ケースを通じて追体験していきます。それらを乗り越えるために「何を課題と捉え、どう行動し、どのように周囲とコミュニケーションを取るべきか?」を企業再生や変革の現場を経験した教員たちと徹底的に議論していきます。

クラス外活動例 グロービス変革クラブ

実際に変革を実行してきた先輩と、企業変革を志す後輩学生が集い、変革にコミットし、変革プランを磨き上げていくための場を提供している、約1400名の学生が集まるクラブ活動です。

テクノベート
Technovate テクノベート

テクノロジーの知見が豊富な起業家が次々とイノベーションを起こし、既存のビジネスモデルや組織のあり方が破壊される「テクノベート(テクノロジー×イノベーション)時代」が訪れています。これからのリーダーには、エンジニアやテクノロジストの言語を理解し、共創する能力が求められるのです。グロービスには、テクノベート時代のリーダーに必須の知識・考え方が身につく環境が整っています。

Kokorozashi

今、私たちは時代の転換点を生きています。環境が大きく変わるその瞬間を、自分らしく生き抜き、自らが新しい時代を創る主人公となる。そのためには周囲から強い共感を得られる想い、そして自分を奮いたたせるものが必要です。いわば人生の軸、つまり「志」が重要になるのです。自身を見つめ、志を発見し、その志に邁進する人にとって、限りないチャンスが広がっている時代なのです。

志をもつ仲間たちと、各界のトップリーダーが集い、未来を変える。 あすか会議

政治家、経営者、学者、メディアなど各界のリーダーから大きな刺激を受ける約1,400人規模の合宿型のカンファレンス。グロービスの教育理念が凝縮された2日間を通して、学生たちは自らの志を一回り大きなものに育てています。

ネットワーク・プラットフォーム
Globis Network Platform グロービス・
ネットワーク・
プラットフォーム
卒業後も、ネットワークは広がり
最新知を得て、
人間力は磨かれる。

学内外問わず、在学中から卒業後まで、人的ネットワークを築き、広げていける仕組みが数多く用意されています。そして何より、高い成長意欲と志を抱く者が集うグロービスだからこそ、業界や職種、ポジション、年齢などが違っても必ずそこには響き合う何かがあります。想いを語り合い、共に学び、成長し続ける仲間との出会いはかけがえのない宝物になるはずです。

  • アルムナイ・スクール

    先行き不透明な時代を先導するリーダーには、一生涯、学び続けることが求められます。卒業後も同窓と真剣な議論を交わしながら、経営知に留まらない幅広い能力や人間力を磨いています。

  • リユニオン

    卒業後5年ごとにキャンパスに集います。卒業後も継続的に仲間と集い、グロービスが得た最新の経営知を学び続けることができます。

  • 学年活動

    授業以外の場でも自ら成長する機会を求め、積極的に行動していくのがグロービスの学生たちです。新入生歓迎会や合宿旅行など、キャンパスごとに、学生が主体となって運営するイベントが多数あります。

  • グロービスSNS

    在学時期や居住地を越えて、全卒業生・在校生がオンライン上でつながる機会を提供するビジネス・プラットフォーム(互援コミュニティ)。卒業後にも互いのビジネスやキャリアを支援する新たなネットワークを築くことができます。

  • あすか会議

    東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンラインの学生たちが1,400人規模で一堂に集うことで、ネットワークを広げる貴重な機会となっています。「能力開発・人的ネットワークの構築・志の醸成」という教育理念が2日間に凝縮されたイベント。

  • クラブ活動

    社会にどう貢献するか。共通の目的や問題意識を持った同志が集い、それぞれのクラブが多彩なテーマで独自の活動を展開しています。在校生と卒業生が学年を超えてつながり、自らの志実現に向けてネットワークが広がります。

  • 互援ネット

    一生涯にわたるメンターと位置づけ、お互いに気づきを得るチームが互援ネットです。3ヶ月に1度、定期的に集まってお互いの実体験に基づく示唆を共有し、お互いの成長の糧とする学びの場になっています。

  • 事業承継者の会

    キャンパスごとに事業承継者のみで構成される定期的な勉強会。勉強会では承継者をスピーカーに立てた意見交換会、悩みごとや今後の事業計画についての相談など、事業承継者ならではのテーマで交流を深めています。

世界標準
ヒト
Organizational Behavior and HRM ヒト

グローバルな視点もあれば、ベンチャーの視点もある。世代や国籍の違いもある。組織の中に多様な人材が集まることで、マネジメントはより複雑になってきています。一方で、ダイバーシティーこそが組織を強くするカギとなってきています。異質と異質の融合は、組織の柔軟性を増し、イノベーションの創出力を高めます。成果を生み出すために、多用な人材をどう活かすのか。この時代のリーダーとして求められることは何か。グロービスにはこれらの問いに、答えを出す機会が用意されています。

モノ
Marketing and Strategy モノ

グローバル企業や他業界からの参入、ベンチャー企業の台頭。変化のスピードはますます加速し、競争相手がどこからともなく現れます。こうした時代に勝ち続けるためには、一層のユニークさが求められます。いかにして勝てる領域を見つけ戦うか、他者ができないことを行うか。グロービスでは机上の空論ではない、今、この現代において必要な戦略を学ぶことができます。

カネ
Accounting and Finance カネ

歴史と実績があるにもかかわらず、停滞に陥ってしまった企業の変革と再生は、日本経済復活のカギになります。一方で、新たな市場を創造しようと挑むベンチャー企業には、優れたビジネスモデルだけでなく、それを実現するファイナンシャルモデルが必要です。業界再編が進む現在、企業価値の最大化という視点から、的確な意思決定を行える経営人材が不足しています。これからの時代に求められる会計・財務の知識、判断力とは何か。最新事例を交えて学びます。

グロービスの特徴

変化の激しい時代でも結果を出せる
能力を身につける。

変化の激しい時代でも結果を出せる
能力を身につける。

ビジネスで結果を出す力を磨くには、大量の意思決定の疑似体験が必要になります。書籍や動画学習による知識のインプットだけでなく、何度も自問自答を繰り返した上で、練りに練った考えを周囲に伝え議論することを繰り返して、はじめて意思決定に必要な判断力や自分では想像がつかなかった視点を得ることができるのです。

グロービスの授業はケース(企業事例)の分析にとどまらず、ビジネスに役立つ法則やそれらを実務で用いる際の留意点などをディスカッションを通じて抽出します。ディスカッションでは、机上の空論を振りかざすのではなく、現実のビジネスに引き寄せながら学生や教員との意見交換を繰り返し、意思決定のための思考技術を身体に染み込ませ、実践力を鍛え上げます。

教室の外にも、最新知を得られ、
仲間と未来を語り合える場がある。

教室の外にも、最新知を得られ、
仲間と未来を語り合える場がある。

グロービスには、授業以外にも学びの場が多数用意されています。そのひとつが「あすか会議」。オンラインを含む全国の在校生・卒業生や教員が一堂に集い、政治家・経営者・学者・メディアなど各界のトップリーダーの知見・志・情熱に触れることができる合宿型カンファレンスです。
この他にも、学校公認の「クラブ活動」や全国の事業承継者が集まる「あとつぎ会議」など、互いの志を語り合い、仲間とともに未来を描く場が数多くあります。教室の外でも積極的に議論し、互いに学び合うことを通じて、一生涯、切磋琢磨できる仲間を得ることができるのです。

何のために働き、生きているのか。
自らに問い続け、人生の軸を見つける。

何のために働き、生きているのか。
自らに問い続け、人生の軸を見つける。

私たちは今、時代の転換点に生きています。副業解禁、働き方改革など、仕事やキャリアに対する価値観が大きく変わり始めています。多くの人が同じルートをたどった時代に別れを告げ、これからは一人ひとりが「どう生きるのか」を問われる時代になります。こうした時代を楽しみながら生き抜くには、どんな状況においてもブレない人生の軸、つまり「志」を持てるかが重要になります。

グロービスには、自身の価値観と向き合い、多くの仲間との対話を通じて「自分らしさ」を発見し、「志」を醸成する機会が数多く用意されています。自身の内面と徹底的に向き合う営みを通じて得られた「志」は、これからの人生をきっと豊かにしてくれるはずです。

実践力を鍛えるグロービスでの学び方

グロービスにおいて、授業は学びのプロセスの一部でしかありません。授業を受けるにあたっては、予習を行い自らの意見を明確にしておくことが求められます。また授業での学びを最大化するために、あらゆる方法を通じて復習することも求められます。毎回授業の冒頭では前回の復習を目的とした議論も行われ、教員から実務での応用事例や気づきなどが問われます。

予習:
授業で積極的に発言するための準備

授業は、事前に指示されている範囲の予習(動画視聴+課題についての自分の意見のまとめ)が済んでいることを前提に進みます。授業当日、自らの意見を積極的に発言し、議論することで学びは深まります。そのため予習では自分なりの意見をまとめあげ、その根拠と結論に至った思考プロセスを明確にしておくことが求められます。

授業:
グループやクラス全体での
ディスカッション

通学・オンラインとも、事前課題や当日提示する課題をもとに、学生同士のグループディスカッションとクラス全体での討議を中心に授業が進みます。グループ発表に対し、教員や学生から数々の質問が投げかけられ、熱気を含んだ議論が展開されます。科目によりロールプレイやペアワークなども取り入れています。

復習:
授業での学びを実務につなげる営み

授業での学びをより一層深め、ビジネスの現場での実践や成果に繋げるために、教室での学びを言語化しクラス専用のコミュニティサイトにアップすることや、学生同士で授業での疑問点をぶつけあったり、実践事例を共有するための復習勉強会を行うことを推奨しています。

多くの卒業生の人生が変化。
卒業生が得た価値とは?

グロービス経営大学院を卒業した回答者の90.3%がグロービスMBAを取得した後、キャリアに「ポジティブな変化を経験した」と回答しました。MBA取得後の年収は平均で28.0%上昇、卒業から10年以上経過している卒業生に至っては、72.6%も上昇しています。経済的価値に限らない昨今の多様なキャリア観に照らしても、希望の社内異動/転職、起業を実現した人が合計67.1%存在しており、グロービスのMBAが、自身が望む人生の実現に大きく寄与していることが窺えました。

特に「経営に近いポジション」を担っているという回答者が88.5%、また役員以上の立場を担う人の構成比が大幅に増加(7.6%→21.7%)していることから、経営人材として活躍していることが確認できます。キャリアチェンジが前提となる生涯現役時代に、グロービスのMBAが有益だ、と考える回答者が95.5%となったことも特徴的です。グロービスでの学びが、先行き不透明な激動の時代を生き抜く自信となっていると思われます。

Read more
  1. 卒業後の
    キャリアの変化は?
    卒業後のキャリアの変化は?卒業後のキャリアの変化は?

    卒業生の90.3%が処遇・キャリアの面でポジティブな変化を経験。

  2. 役員以上の割合(入学時→現在)の変化は?
    役員以上の割合(入学時→現在)の変化は?役員以上の割合(入学時→現在)の変化は?

    全体的な傾向として入学時と比較すると役員以上の割合が約3倍となっています。

  3. 年収の変化
    (入学時→現在)は?
    年収の変化(入学時→現在)は?年収の変化(入学時→現在)は?

    卒業から10年以上経過している回答者に至っては平均で72.6%もの上昇をしています。

  4. 年収の増加額は?
    年収の増加額は?年収の増加額は?

    300万円(学費相当額)以上、年収が増加した人の割合は全体の41%を占めています。

  5. リターンを
    実感するまでの時間
    リターンを実感するまでの時間リターンを実感するまでの時間

    回答者の73%が投じたコストに対するリターンを卒業後3年以内までに実感しています。

  6. キャリアにおける
    有益度は?
    キャリアにおける有益度は?キャリアにおける有益度は?

    回答者の95.5%が、ビジネスもキャリアも激変するこの時代においても、グロービスMBAが有益だと回答しています。

活躍するグロービスの
在校生・卒業生

グロービスの学生たちの活躍は連日メディアで取り上げられています。なぜ多くの卒業生が活躍できるのか?その理由は「次代を見据え、常にブラッシュアップを続けているカリキュラム」と「実践的な経営能力を身体に染み込ませる仕組み」をグロービスは有しているからです。これらの内容は「体験クラス&説明会」で詳しくご説明していますので、ぜひお気軽にご参加ください。

仕事と両立できる無理なく通える仕組み

1科目から受講できる制度(単科生制度)

単科生制度は、大学院の授業を1科目(3ヶ月)から受講できる制度です。大学院本科出願を決める前に、本科生と同じ環境で実際に授業を受けることで、MBAの必要性や授業の内容、仕事との両立の方法、一緒に学ぶ仲間たちなどを確認できます。単科生として取得した単位は大学院の修了単位に組み入れることが可能です。大学院本科入学者の9割以上が単科生を経て入学しています。
まずは1科目から学び始めてみませんか?大学院本科入学者の98.6%は単科生から受講を初めています。
  • 実際のMBAの授業を体験した上で出願や入学の意思決定ができる
  • 単科生として取得した単位も受講料も無駄にならない
  • MBAの取得を意識し始めてからすぐに学び始めることができる

授業は、平日は19~22時・土日は10~21時で開講、忙しいビジネスパーソンでも通いやすい時間帯となっています。
また、1科目は3ヶ月で終了、授業は2週間に1回(3時間)合計6回となります。

開講期

1月期

1〜3月

4月期

4〜6月

7月期

7〜9月

10月期

10〜12月

開講時間

平日

19〜22時

土日

10〜13時 14〜17時 
18〜21時(土曜日のみ)

開講スケジュール

授業は2週間に1回で
全6回(3ヶ月間)

ライフスタイルに合わせて、
通学かオンラインを選択

教室で学ぶ際と同様に、リアルタイムで教員や学生とディスカッションするオンラインクラスも開講しているため、科目ごとに受講方法を選択できます。結婚や子育て、転勤など環境の変化がある中でも、学び続けることができます。平日は東京校で、週末はオンラインで、ご自身の状況にあわせ、受講スタイルを選ぶことができます。

教育訓練給付制度 (最大112万円給付)

本学の「経営研究科経営専攻」は厚生労働大臣より専門的・実践的な教育訓練講座として指定を受け、給付金の給付割合の引き上げならびに追加支給が適用されることとなりました。通学・オンラインのどちらの受講方法でも条件を満たせば、最大で112万円の給付金の受給が可能です。

アクセス

全国にある5つのキャンパス(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡)は、都心にあり駅からすぐの好アクセスな立地です。また、オンラインクラスは、ご自身のPCやモバイル端末から受講が可能です。忙しいビジネスパーソンでも時間を無駄にせず、平日仕事のあとでも無理のない受講が可能です。

授業振替制度

やむを得ず欠席しても、同一期内に複数クラス開講している科目の場合は、欠席回を他の日に振り替えて受講できます。振替は別のキャンパスで同時開講しているクラスに出席することもできるので、出張先の最寄りのキャンパスで授業を受けるといったことも可能です。

転校制度・休学制度

転勤や転居に際しては、全国5つのキャンパスのどこにでも転校することが可能です。さらに異動や長期出張などの場合でも、3ヶ月単位で最長2年間の休学制度を利用することもできます。(キャンパス通学ではなくオンラインを選択することも可能)

長期履修制度

標準2年間で修了可能なMBAプログラムですが、在学中に想定外の仕事に携わることになるなど、業務が多忙になった場合は長期履修制度を利用して修了年限を最長5年まで延長することができます。(3年目以降の在籍には所定の長期履修費用が必要)

クオリティ・ギャランティ

プログラムの修了要件を満たしても想定していた学習効果が得られなかったと判断された場合、入学後にお支払いいただいた受講料全額を返金します。(ただし、学位授与と卒業後のサービスの提供はされません)高い教育効果を誇る、グロービスならではの制度です。

体験クラス&セミナー一覧

学生の声

Read more

学び始めるためのステップ

自分のキャリアとスキルの強化に、グロービスは必要か。
その答えを見つけるため、グロービスはたくさんの機会を用意しています。

  1. STEP1グロービスを詳しく知る

  2. STEP2グロービスを体験する

  3. STEP31科目(3ヶ月)から学べる単科生制度を利用して学ぶ

    98.6%
    本科進学前に単科生として学んでいた方の割合

    「グロービスのMBAが自分にあっているのか」実際に1科目を受講して確かめる。

    本科生として入学する前に、基本科目を1科目から先行して受講することが可能です。また、年4回(1月、4月、7月、10月から)学び始める機会があり、本科生として入学される方の9割以上の方が、単科生から受講をスタートしています。

  4. STEP4本科に出願する

    入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる

    • 入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる
    • 入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる
    • 入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる
  • LINEで送る

グロービスの特徴(はじめての方へ)のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。