カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

リーダーシップ開発と倫理・価値観講座

「リーダーシップ開発と倫理・価値観」のページです。 グロービス経営大学院では、「リーダーシップ開発と倫理・価値観」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

科目詳細

  • 基本科目
  • 志
  • 必修科目
  • 1.5単位
  • あり(DAY6)
  • 6回
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

この科目は、受講者自身が「創造と変革」の場でリーダーとして活躍するために必要な諸要件を明確化し、それらを効果的に開発するための方法論を見いだすことを目的としています。リーダーシップの開発は、一朝一夕に達成されるものではなく、また、万能薬があるわけでもありません。むしろ重要なのは、日々の仕事でのチャレンジと達成の過程から、自らに必要なスキルを学び取ることです。従って、この科目では、ご自身にとっての「ありたいリーダー像」を定義し、自らの現状を把握し(事前に360度調査を必ず受けていただきます)、その「ありたいリーダー像」に至るまでの自己開発の方法論を熟考することにより、今後、自らがリーダーとして必要なスキル及びマインドを開発していくためのガイドラインを作り上げることを目指します。


※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

真のリーダーに成長したい人全てが対象です。積極的に自己開発をする姿勢をもって取り組まれることが望まれます。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ :  創造と変革の場で求められるリーダーシップとは①(前半)

ケース : スタディコーポレーション 岸田悟(A)

セッション B

テーマ : 創造と変革の場で求められるリーダーシップとは①(後半)

ケース : スタディコーポレーション 岸田悟(A)(B)(C)

Day2

セッション A

テーマ :  創造と変革の場で求められるリーダーシップとは②(前半)

ケース : スタディコーポレーション 岸田悟(A)(B)(C)

セッション B

テーマ : 創造と変革の場で求められるリーダーシップとは②(後半)

ケース : 新田辰夫から見た岸田悟

Day3

セッション A

テーマ :  リーダーシップ開発課題の特定

ケース : グロービス・リーダーシップ行動調査 フィードバックレポート

セッション B

テーマ : リーダーシップ開発のための自己観照① 価値観を見つめる(前半)

ケース : 大洋広告社:大野のキャリア転機

Day4

セッション A

テーマ :  リーダーシップ開発のための自己観照① 価値観を見つめる(後半)

ケース : スタッフィング・ジャパン:増田の迷い

セッション B

テーマ : リーダーシップ開発のための自己観照② 倫理観を見つめる(前半)

ケース : 若竹堂:工場長白川の決断

Day5

セッション A

テーマ :  リーダーシップ開発のための自己観照② 倫理観を見つめる(後半)

ケース : 平成ホームズ:プロジェクトリーダー川村の苦悩

セッション B

テーマ : リーダーシップ開発のための自己観照③ 価値観・倫理観を見つめる

ケース : ダイカストの夢、一筋に(岩機ダイカスト工業社長・齋藤吉雄)
─ 東日本大震災時に被災企業が果たした社会的責任 ─ (A)(B)

Day6

セッション A

テーマ :  開発プランの策定(ワークショップ)

セッション B

テーマ : 開発プランの策定(ワークショップ)

この講座の受講後に、以下の講座を履修すると、より発展的な内容まで理解することができます。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

リーダーシップ開発と倫理・価値観 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ