カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

ファシリテーション&ネゴシエーション講座

「ファシリテーション&ネゴシエーション」のページです。 グロービス経営大学院では、「ファシリテーション&ネゴシエーション」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

科目詳細

  • 応用科目
  • 思考
  • 1.5単位
  • 単科生受講対象科目
  • あり(DAY4)
  • 6回
  • 35
  • ワークショップ

科目概要

「ファシリテーション」、「ネゴシエーション」いずれも関係者との合意形成を試みるという点においては同じ目的感をもった営みです。しかし、実際にはなかなかうまくできないことも事実です。その理由は大きく2つ。準備が不十分なまま、その場で何ができるかを考えてしまうこと、そして、頭では分かっていても実際にやれるようになるまでの距離感があることです。
本科目では、
・最終的なゴールは何なのか
・関係する相手は誰なのか、どんな関心を持っているのか
・具体的にどのような論点をどのような順番で議論していけばよいのか
などの準備のやり方をしっかりとマスターし、
それを「ロールプレイ」という演習方法を多用することで、模擬的な実践の場を通じて理解を深めていきます。

※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

「議論が迷走してしまう」「自分が主催のミーティングは一方的な押し付けばかりで参加者の自主性が引き出せない」「互いにとって良い交渉の場としたいのに、いつも勝った、負けたになってしまう」、こういった悩みを感じている方はぜひ受講してみてください。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ :  ファシリテーションの全体像(前半)

ケース : オリジナルテキスト

セッション B

テーマ : ファシリテーションの全体像(後半)

ケース : オリジナルテキスト

Day2

セッション A

テーマ :  「仕込み」の詳細(前半)

ケース : オリジナルテキスト

セッション B

テーマ : 「仕込み」の詳細(後半)

ケース : オリジナルテキスト

Day3

セッション A

テーマ :  「さばき」の方向性

ケース : オリジナルテキスト

セッション B

テーマ : 「仕込み」と「さばき」の総合実践及び留意点

ケース : オリジナルテキスト

Day4

セッション A

テーマ :  ファシリテーション総合演習・対立のマネジメント

ケース : オリジナルテキスト

セッション B

テーマ : 交渉の全体像・基本概念 (二者間・単一争点交渉)

ケース : オリジナルテキスト

Day5

セッション A

テーマ :  交渉における価値の創造・交渉のスタイル(前半)

ケース : オリジナルテキスト
リッグス-ベリコンプの交渉(A)or(B)

セッション B

テーマ : 交渉における価値の創造・交渉のスタイル(後半)

ケース : オリジナルテキスト
リッグス-ベリコンプの交渉(A)or(B)

Day6

セッション A

テーマ :  交渉における障害とその克服(前半)

ケース : オリジナルテキスト
薄氷を踏む交渉:2004~2005年におけるNHLの紛争(A)

セッション B

テーマ : 交渉における障害とその克服(後半)

ケース : オリジナルテキスト
薄氷を踏む交渉:2004~2005年におけるNHLの紛争(A)

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

ファシリテーション&ネゴシエーション のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ