カリキュラム

科目詳細

テクノロジー・リーンスタートアップ 講座詳細

グロービス経営大学院が大阪大学大学院・北海道大学大学院と共同開講する、ワークショップ型プログラムです。「リーンスタートアップ」と呼ばれる手法に沿ってチームプロジェクトを行い、新規事業開発のための実践的なスキルの習得を目指します。講師は、新規事業開発に関する知見を持つグロービスの教員が担当します。
  • 展開
  • テクノ
    ベート
    特別講座
  • TMBA
    優先
  • 1.5
    単位
  • レポート
    DAY6
    提出
  • 全6回
  • グループ
    ワーク
  • 25人
    CLASS
  • ワーク
    ショップ

科目概要

グロービス経営大学院が大阪大学大学院・北海道大学大学院と共同で開講する、ワークショップ型のプログラムです(通学クラスは大阪大学と、オンラインクラスは北海道大学と連携します)。
本科目では、チームプロジェクトを通じて事業開発のための実践的なスキルを習得することを目指します。
アイデアを素早く形にしてチーム内外のステークホルダーに共有し、そこで得られたフィードバックから示唆を見出します。アイデアを改善するサイクルを高速回転させながら確かな提供価値を創出する事業案を磨きあげるリーンスタートアップの手法に沿ってプロジェクトを進めます。
最終日には、チームごとに3ヶ月のプロジェクトを通して作成した事業案の発表を行います。
講師は、リーンスタートアップ及びデザイン思考等の関連手法に通じ、新規事業開発に関する知見を持つグロービスの教員が担当します。

※通学クラスは大阪大学大学院との共同開講で、会場は大阪大学キャンパス内の教室です。オンラインクラスは北海道大学大学院と共同開講です。
※科目の特性上、振替や休学制度のご利用はできません。

受講対象者

・グロービス経営大学院または連携大学の在学生
・新規事業開発の方法論に関心がある
・多様なメンバーで課題解決に取り組みたい
・起業や新規事業の立ち上げに関心がある
以上のような方に受講をお薦めします。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A
テーマ :
オリエンテーション、ピッチゲーム、チーム組成、ビジョン探索
ケース :
リプロ創業秘話:学術研究と実社会のギャップを埋める
セッション B
テーマ :
オリエンテーション、ピッチゲーム、チーム組成、ビジョン探索
ケース :
リプロ創業秘話:学術研究と実社会のギャップを埋める

Day2

セッション A
テーマ :
事業骨子仮説の構築、顧客ストーリーの明確化
セッション B
テーマ :
事業骨子仮説の構築、顧客ストーリーの明確化

Day3

セッション A
テーマ :
中間事業案の共有、事業アイデア修正
セッション B
テーマ :
中間事業案の共有、事業アイデア修正

Day4

セッション A
テーマ :
バリュープロポジションの明確化
セッション B
テーマ :
バリュープロポジションの明確化

Day5

セッション A
テーマ :
ビジネスモデル検討、初期収支計画案の検討
セッション B
テーマ :
ビジネスモデル検討、初期収支計画案の検討

Day6

セッション A
テーマ :
事業案の発表、学びの振り返り
セッション B
テーマ :
事業案の発表、学びの振り返り