MBA(経営学修士)とは

MBAとは、Master of Business Administrationの略です。日本では経営学修士と呼ばれ、経営学の大学院修士課程を修了すると授与される学位であり、資格とは異なります。この「MBAとは」ページでは、現在の日本におけるMBAの位置づけや、海外、国内のMBAプログラムの特徴、かかる費用や経営大学院(ビジネススクール)選びのポイントなどの情報を提供します。

MBAの意味・MBAの価値とは

1.MBAとは経営学の修士号

MBAとは、Master of BusinessAdministrationの略称です。日本語では経営学修士号、または経営管理修士号と呼ばれる学位であり、経営学の大学院修士課程を修了すると授与されます。

MBAはよく資格(国家資格や業務独占資格等)と混同されることがありますが、資格ではなく「学位」です。資格はある行為を行うために必要となるものですが、学位はある専門分野の学問を修めた人物に対して与えらえる称号です。MBAプログラムを提供している大学院は、通称としてビジネススクールと呼ばれており、主に社会人を対象にしています。1881年の米国ウォートン・スクールが世界初のビジネススクールであり、1908年に設立されたハーバード・ビジネス・スクールが現在のMBA課程の基礎を作ったとされています。

各校の独自の発展に伴う受講者数の増加によってMBAの社会的な認知が高まったため、ウォートン校開講後からおよそ35年後にMBAプログラムの認証を行う国際機関が登場し、現在の発展につながりました。このことは、日本のモノづくりの現場において品質管理手法が十分に確立した後から、ISO9001等の認証が普及した歴史と多くの類似点があります。しかし、ビジネスプロフェッショナルの評価は、経営幹部やマネジャーとしての仕事でのアウトプットと結果により、MBAを取得したこと自体が評価されるのではないことは万国共通です。MBAプログラムの評価も同様に、「MBAプログラム修了生がどれだけ多岐にわたって活躍しているか」によって、社会的な評価がなされてゆくことでしょう。

MBAプログラムの目的は、経営者や経営をサポートするビジネスプロフェッショナルを短期間に育成することにあり、経営の3要素であるヒト・モノ・カネの知識習得をするカリキュラムが構築されているのが一般的です。また、アメリカをはじめとする海外のビジネススクールでは、テクノロジーなど時流にそったカリキュラムを用意しているスクールもあります。平均年齢は、海外では20代後半が中心、日本では30代半ば~後半が中心です。国内MBA各校は、「実践性を重んじるMBA」から「経営を学問と捉えアカデミック色の強いプログラムを提供するMBA」までさまざまな特徴があります。

MBAは役に立つのか?

「MBAは役に立つのか?」をテーマに議論された8月13日放送のNewsPicks『The UPDATE』。グロービス経営大学院研究科長の田久保善彦がMBAの必要性や意義について語っています。

2.時代に合わせて変化を求められるMBA

1.既存の枠組みにとらわれないMBA

従来型のMBAのカリキュラムは、経営の3要素である「ヒト・モノ・カネ」の領域のみを提供していることが一般的です。一方で、テクノロジーの進化によって、ビジネスの構造自体が変わり、社会も大きく変化しています。また寿命も100年時代へと突入し、働き方やキャリア、人生のあり方も変わりはじめています。経営の伝統的なセオリーは基本として保ちつつ、テクノロジーやデザインなどのカリキュラムを取り入れているMBAプログラムも出てきています。

そして、変化の激しいこの時代の中でよりよく生きるために、個々人のキャリアや生き方、志に向き合う場も求められています。MBA各校は、時代の変化に合わせた独自のカリキュラムの提供や、1科目からの受講が可能な制度の実施、また国際認証を取得するなどの方法で特徴を打ち出しています。

国際認証機関の認証するMBAは、従来型のMBAの枠組みで認証されているものであり、時代の変化に応じた内容になっていることを保証するものではありません。これからのMBA選びにおいては、従来型のMBAか、時代の変化に対応した新時代のMBAなのかは、重要な判断軸になるでしょう。

2.多様な受講スタイルに進化を遂げるMBAスクール

変化はカリキュラムだけではなく、受講スタイルにも生じており、キャンパスへの通学だけでなく、オンラインでの受講も可能なビジネススクールもあります。オンラインでのMBAの授業は、動画を見て学ぶ形式と教室と同様に、ライブディスカッション形式など大学院によって違いがあります。また、キャンパスでの受講とオンラインでの受講を科目ごとに選べるビジネススクールも存在します。ご自身のライフスタイルにあった受講形式を選択できるスクールを選ぶことが可能な時代になりました。

3.MBA選びの基準に欠かせないのは、卒業生の活躍

MBA選びの基準には育成方針、授業の質、カリキュラム、利便性、人脈形成、取得までの金額などさまざまなものがあります。また特に日本では、MBA取得がマネジャーや経営幹部への登竜門となる欧米と比べ、MBA取得と企業側の採用や評価とはあまりリンクしていません。そこには国際認証の有無も実際には関係なく、重視されるのは、経営者として、あるいはビジネスプロフェッショナルとしての個人の「能力」と「実績」です。従って、国内MBAを志向する場合は「どの大学のMBAプログラムが、自分の能力を最大化できるか」という視点で選ぶことが重要になってきます。

それを見極めるために、最も分かりやすいのが、卒業生の活躍です。卒業生の活躍を知るには、新聞などさまざまな記事で学校名を目にする場合もありますが、各校のサイトで紹介されていたり、各校のキャンパスや説明会で卒業生と話をしたりすることもできます。また、ご自身の周囲のMBAホルダーに直接話を聞いてみるなど機会は無数にあります。加えて、MBAは資格取得スクールのように、知識だけを得る場ではありません。人脈形成もMBAがもたらす価値ですので、その観点においても、MBA選びの基準には、「卒業生の活躍」という視点は欠かせません。