MBAとは(MBA取得方法)

MBA(経営学修士)とは

MBAで何を学び、何を得るのか

MBAとはMaster of Business Administrationの略です。日本では経営学修士と呼ばれ、経営学の大学院修士課程を修了すると授与される学位です。この「MBAとは」ページでは、現在の日本におけるMBAの位置づけや、海外、国内のMBAプログラムの特徴、経営大学院(ビジネススクール)選びのポイントなどの情報を提供します。

MBAの意味・MBAの価値とは

1.MBAとは経営学の修士号

MBAとは経営学の修士号MBAとは経営学の修士号

MBAとはMaster of BusinessAdministrationの略称です。日本語では経営学修士号、または経営管理修士号と呼ばれる学位であり、経営学の大学院修士課程を修了すると授与されます。よくMBAは資格(国家資格や業務独占資格等)と混同されることがありますが、MBAは資格ではなく「学位」です。MBAプログラムを提供している大学院は、通称としてビジネススクールと呼ばれており、主に社会人を対象にしています。1881年の米国ウォートン・スクールが世界初のビジネススクールであり、1908年に設立されたハーバード・ビジネス・スクールが現在のMBA課程の基礎を作ったとされています。

各校の独自の発展に伴う受講者数の増加によってMBAの社会的な認知が高まったため、ウォートン校開講後からおよそ35年後にMBAプログラムの認証を行う国際機関が登場し、現在の発展に繋がりました。このことは、日本のものづくりの現場において品質管理手法が十分に確立した後から、ISO9001等の認証が普及した歴史と多くの類似点があります。しかし、ビジネスプロフェッショナルの評価は、経営幹部やマネージャとしての仕事での結果(アウトプット)によってなされることは万国共通で、MBAを取得したこと自体が評価されるのではありません。MBAプログラムの評価も同様に、「MBAプログラム修了生がどれだけ多岐にわたって活躍しているか」によって、社会的な評価がなされてゆくことでしょう。

MBAプログラムの目的は、経営者や経営をサポートするビジネスプロフェッショナルを短期間に育成することにあり、経営の3要素であるヒト・モノ・カネの知識習得をするカリキュラムが構築されているのが一般的です。また、アメリカをはじめとする海外のビジネススクールでは、テクノロジーなど時流にそったカリキュラムを用意しているスクールもあります。平均年齢は、差はあるものの海外では20代後半が中心、日本では30代半ば~後半が中心です。国内MBA各校は、「実践性を重んじるMBA」から「経営を学問と捉えアカデミック色の強いプログラムを提供するMBA」まで様々な特徴があります。

2.時代に合わせて変化を求められるMBA

アメリカではMBAは経営幹部へのパスポートアメリカではMBAは経営幹部へのパスポート

従来型のMBAのカリキュラムは経営の3要素であるヒト・モノ・カネの領域のみを提供していることが一般的です。一方で、人工知能、IoT、Industry4.0、AR/VR、ロボットなどのテクノロジーの進化によって、ビジネスの構造自体が変わり、社会も大きく変化しています。また寿命も、100年時代へと突入し、働き方やキャリア、人生の在り方も変わり始めています。経営の伝統的なセオリーは基本として保ちつつ、テクノロジーやデザインなどのカリキュラムを取り入れているMBAプログラムも出てきています。

また、個々人のキャリアや生き方、志に向き合う場も求められています。MBA各校は、時代の変化に合わせた独自のカリキュラムを提供することや、国際認証を取得する等の方法で特徴を打ち出しています。国際認証機関の認証するMBAは、従来型のMBAの枠組みで認証されているものであり、時代の変化に応じた内容になっていることを保証するものではありません。これからのMBA選びにおいては、従来型のMBAか、時代の変化に対応した新時代のMBAなのかは、重要な判断軸になってくるでしょう。

3.MBA選びの基準に欠かせないのは、卒業生の活躍

MBA選びの基準には育成方針、授業の質、カリキュラム、利便性、人脈形成、取得までの金額など様々なものがあります。また特に日本では、欧米と比べ、MBA取得と企業側の採用や評価とはあまりリンクしていません。そこには国際認証の有無も実際には関係なく、重視されるのは、経営者として、あるいはビジネスプロフェッショナルとしての個人の「能力」と「実績」です。従って、国内MBAを志向する場合は「どの大学のMBAプログラムが、自分の能力を最大化できるか」という視点で選ぶことが重要になってきます。
それを見極めるために、最も分かりやすいのが、卒業生の活躍です。卒業生の活躍を知るには、新聞など様々な記事で学校名を目にする場合もありますが、各校のサイトで紹介されていたり、各校のキャンパスや説明会で卒業生と話をしたりすることもできます。また、ご自身の周囲のMBAホルダーに直接話を聞いてみるなど機会は無数にあります。加えて、MBAは資格取得スクールのように、知識だけを得る場ではありません。人脈形成もMBAがもたらす価値ですので、その観点においても、MBA選びの基準には、「卒業生の活躍」という視点は欠かせません。

4.MBAに関するセミナーやオープンキャンパス(体験クラス&説明会)

多くのビジネススクールは、MBAに関するセミナーオープンキャンパス(説明会)を開催しています。オープンキャンパスでは体験授業や在校生・卒業生との意見交換の場を用意する大学院も多く、各校の特徴を知る絶好の機会です。ビジネススクールと一言でいっても、学校毎に雰囲気は大きく異なります。また仕事との両立というハードな生活を送る上で、学校との相性は意外と重要な要素でもあります。MBAに関心を持っている方は、まずはこういった場に参加し、実際の学校の雰囲気を体感し、納得してから準備を始めることを強くお勧めします。

国内MBAスクール選び「22のポイント」

MBA選びの基準には卒業生の活躍、育成方針、授業の質、カリキュラム、利便性、人脈形成、取得までの金額など様々なものがあります。国内MBAスクール選び「22のポイント」を参考にしながら、ご自身に合ったビジネススクールを見極めていただくことをお勧めします。

目次

日本国内MBAの概況

かつてMBAといえば欧米のイメージが色濃かったものの、現在は国内MBAも活況です。2000年代からMBAホルダーの経営者による業績回復の実績が増えたことなどから、日本企業でもMBAホルダーの受け入れが盛んになってきました。また国内MBA自体も、かつては研究重視のMBAが中心でしたが、実践重視のビジネススクールも増えています。制度や校風も多様で、国内MBAも差別化・多様化が進み、進学者数は増加傾向にあります。ここでは国内MBAの概況を紹介します。

  1. 従来の年功序列型社会では異質だったMBA
  2. 2000年代、大きく変化する日本社会で注目され、国内MBA志向者数は増加
  3. 様々な特徴を打ち出す国内MBA。実態は人気校から定員割れのビジネススクールまで様々。
  4. 現在の国内MBAは実践志向が人気

MBAプログラムの選択肢

MBAプログラムには、海外・国内、フルタイム・パートタイム、通学・オンラインの選択肢があります。それに伴い、費用や期間、使用言語などが異なります。また、1つの科目を週末だけの短期集中型で学ぶ形式もあれば、1週間や2週間毎に間隔を空けて学ぶ形式もあります。前者は期間が短く済むメリットがありますが、学びを実践に活かすサイクルがないため、定着しにくい、実務に活かすイメージが持ちにくい等のデメリットがあります。後者は期間が長くかかってしまうデメリットがありますが、学びと仕事での実践のサイクルによって、実務をより意識した学びがあるメリットがあります。MBAのカリキュラムはヒト・モノ・カネが基本となるものの、学び方や学習の仕組みが異なると、得ることのできるスキルにも差が出ます。学校によって人脈形成の仕組みや卒業生の活躍度合いなどバラツキがありますので、プログラムだけでなく、それぞれの学校の特徴を踏まえ、ご自身にあった選択を検討する必要があります。

  1. MBAプログラムの選択肢は大きく4つある
  2. 得られる経営スキル
  3. 費用
  4. 在学中のキャリア
  5. 言語
  6. 人脈・文化
  7. 卒業後のキャリア
  8. 費用や期間に大きな差、目的に合わせて最適な形態を選ぶ

MBAカリキュラム・教員・学生

MBAカリキュラムでは、「ヒト・モノ・カネ」の3領域は世界共通となっていますが、その学び方はビジネススクールによって異なります。レクチャー(講義)中心のものからディスカッション(討議)形式が中心のものまで様々です。特にケースメソッドを取り入れているディスカッション形式のビジネススクールでは、教員の実務経験やファシリテート能力、学生の質も非常に重要なポイントです。MBAというビジネスプロフェッショナルを育成する大学院では、教員には、経営の体系的な知識はもちろん、当該分野の深い知見と実務経験が重要視されます。加えて、ケースメソッドの授業では、議論をコントロールし、学生に学習の要点を理解させる高度なファシリテーション能力が求められます。そのため、教育の質を高めることに熱心なビジネススクールでは、教員のファシリテーション能力をトレーニングするための仕組みや人材を擁しているなどの事例もあります。一般的に研究志向・アカデミック色の強いビジネススクールがレクチャー形式の傾向にあり、実践志向のビジネススクールがディスカッション形式の傾向にあります。MBAを検討する際は、カリキュラムや費用だけでなく、教員の実務経験の有無や学生の質、志向性などを、実際に体験クラスなどでご自身の目で確かめられることをお勧めします。

  1. ビジネスに必要な「ヒト・モノ・カネ」の3領域を学ぶ
  2. ケースメソッドやプロジェクトベースラーニングなどの多様な授業スタイル
  3. 「経営知識+実務経験+ファシリテーション能力」が良い教員の条件
  4. 海外MBAは20代後半、国内MBAは30代が中心
  5. 実践志向 vs 研究志向、ジェネラリスト vs スペシャリスト

MBAランキング

海外においては、どの学校のMBAプログラムの出身者かどうかが重視される傾向が強いため、大手メディアがビジネススクールのランキングを公開しています。またMランキング以外の参考指標としてMBAの教育品質を評価する認証も存在します。日本国内においては2004年以降、すべての大学は文部科学大臣が認めた機関による認証評価を7年以内ごと、専門職大学院は5年以内ごとに受けることが義務づけられています。また国際認証機関もあり、申請を行い、認証を取得している日本のビジネススクールも存在しています。但し、国際認証の評価要件には、研究や教員のPh.D比率の基準などがあり、実務家教員の割合は下がりやすく、アカデミック色が強くなる傾向にあるなど、ランキングや認証の有無はあくまで参考情報に過ぎません。大切なのは、ご自身がMBAに何を求めるのか、ご自身に合っているかをご検討ください。

  1. 世の中にある様々なMBAランキング
  2. MBAランキングだけで選ぶのではなく、あくまで検討材料の一つとして捉える事が重要

ビジネススクールとは

MBA(経営大学院)のことを「ビジネススクール」と呼びます。一方で、日本では会計などのビジネスに関連するセミナーなどを含めてビジネススクールと呼ぶことがあります。前者は大学院に入学し、1年から2年の期間をかけて学びます。修了すると経営学修士という学位を与えられるのに対し、後者は1日から数日、もしくは数か月程度で学ぶものまで様々であり、学位は与えられません。

  1. 日本におけるビジネススクールはMBAだけではない
  2. 国内と海外では、ビジネススクールの定義が違う
  3. 日本国内のビジネススクールの区分
  4. 学位の種類
  5. 短期間で修了するビジネススクール

ビジネススクール選びのポイント

ビジネススクール選びのポイントとして「どのMBAプログラムが、自分の能力を成長させることができるか」という視点がまず重要です。ビジネススクールの成果は「卒業生の活躍」に表われます。カリキュラム、制度、費用や通いやすさだけでなく、教員の実務能力など、幅広い観点で確認する必要があります。加えて、「自身のロールモデルとなる卒業生がどれだけ沢山いるか」という視点は欠かせないポイントです。

  1. 海外MBAを目指すなら上位ランクのビジネススクールを狙いたい
  2. 国内MBAでは自分の能力を最も高められるビジネススクールを選ぶ
  3. 国内MBAスクール選び「22のポイント」
  4. MBAの費用、給付金、奨学金、教育ローンについて

MBAのメリット

MBAで得ることができるものは、「経営の知識」に留まりません。その知識を活かし、意思決定する能力を鍛えることが本質的な価値と言えるでしょう。そのため、実務において成果を上げられることが重要です。それだけでなく生涯続く人脈形成や、多様な人材に触れることで自分自身に向き合う場としても活用することができます。単に知識を得ること以外の部分に、MBAのメリットがあります。ぜひ体験クラスなどに参加し、ご自身の目でお確かめください。

  1. 経営知識だけなら本で十分、MBAの本質は「考え抜き意思決定する力」を鍛えられるかどうか
  2. マネジメント能力だけではない、MBAの価値
  3. 「自分は何を成し遂げたいのか」を考え続ける場がMBA
  4. MBA取得に対する企業の評価
日本のビジネスパーソンに最も選ばれているMBAグロービス経営大学院 選ばれる理由はこちら日本のビジネスパーソンに最も選ばれているMBAグロービス経営大学院 選ばれる理由はこちら

それぞれに選ばれる理由がある

グロービスは、各キャンパスがターミナル駅に近く、ビジネスの現場を常に意識した実践性重視のMBAプログラムです。豊富な実務経験を備えた教授陣による授業やセミナーを通し、マネジメント力だけでなく、人間力の教育にもこだわっています。
たった一つのマーケティングのクラスから始まったこのビジネススクールは、今や国内最大のビジネスパーソン養成機関として、多数の修了生を「創造と変革の志士」として輩出しています。
単なるMBA(経営学修士の学位)の取得の場に留まらず、マーケティング、ファイナンスなどの経営学の基礎的な内容から、ベンチャー、変革などの応用・発展的なものまで、体系的に経営の実践スキルを学ぶことができるアジアNo.1のビジネスの学校となることを目指しています。
大学院のカリキュラムには、オンラインや英語での講座やコースも提供。また、MBAとビジネスを両立する学生のために各種制度も充実。出願は日本のみならず海外からもあり、グローバルにお申込みを受け入れています。入試の概要や募集要項などはこちらのページからご確認いただけます [グロービス経営大学院 入試概要ページ]

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

MBA(経営学修士)とはのページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

受講をご検討の方へ