カリキュラム

科目詳細

ソーシャルメディア・コミュニケーション 講座詳細

本科目では、「味方」にすれば心強く、「敵」にすると事業存続すら脅かす恐ろしい存在であるソーシャルメディアを使う顧客の姿を捉え、ビジネスにつなげるコミュニケーションの理論とスキルを学びます。ワークショップでは、リアルタイムに変化する顧客の反応を見ながら適切な判断を下す、実践的なトレーニングを行います。
  • 展開
  • テクノ
    ベート
    特別講座
  • 1.5
    単位
  • レポート
    DAY6
    提出
  • 全6回
  • グループ
    ワーク
  • 25人
    CLASS
  • ワーク
    ショップ

科目概要

ソーシャルメディアの登場は、社会における情報の流れを大きく変えました。人々がソーシャルメディアで発信する「口コミ」は、時にマスメディア以上に大きな力を持ち、消費行動、評判形成などの面でビジネスに影響を与えています。話題になれば市場や顧客の評価を得られる一方、炎上のリスクもあります。個人を起点に、匿名的な顧客の動きは、従来のマーケティング手法では捉えにくく、企業組織での対応が難しいという特徴があります。

本科目では、「味方」にすれば心強く、「敵」にすると事業存続すら脅かす恐ろしい存在であるソーシャルメディアを使う顧客の姿を捉え、ビジネスにつなげるコミュニケーションの理論とスキルをグループワーク中心に学びます。本コースのために開発したワークショップは、リアルタイムに変化する顧客の反応を見ながら適切な判断を下すという、コミュニケーションのトレーニングを行える実践的なものです。

※科目の特性上、振替や休学制度のご利用はできません。

受講対象者

広報、プロモーション、マーケティングなどにおいてソーシャルメディアを担当されている方、利用を検討している方。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A
テーマ :
ソーシャル・メディアの変化、ソーシャル・リスニング
ケース :
United Breaks Guitars
セッション B
テーマ :
ソーシャル・メディアの変化、ソーシャル・リスニング
ケース :
(グループワーク)

Day2

セッション A
テーマ :
ソーシャル・イメージのポジショニング
ケース :
(インタラクティブレクチャー)
セッション B
テーマ :
ソーシャル・イメージのポジショニング
ケース :
(グループワーク)

Day3

セッション A
テーマ :
伝える技術:コミュニケーション戦略への落とし込み
ケース :
Buzzfeed
セッション B
テーマ :
伝える技術:コミュニケーション戦略への落とし込み
ケース :
(グループワーク)

Day4

セッション A
テーマ :
伝える技術:拡散・告知のためのツール活用・表現
ケース :
(インタラクティブレクチャー)
セッション B
テーマ :
伝える技術:拡散・告知のためのツール活用・表現
ケース :
(グループワーク)

Day5

セッション A
テーマ :
ソーシャルメディアの活用実験
セッション B
テーマ :
ソーシャルメディアの活用実験

Day6

セッション A
テーマ :
実験の振り返り
セッション B
テーマ :
実験の振り返り

※クラスで使用するケースや教材、得られる学びは体験クラス&説明会にてご確認できます。

教科書

グランズウェル―ソーシャルテクノロジーによる企業戦略

シャーリーン・リー、ジョシュ・バーノフ(著)伊東 奈美子(訳)
翔泳社(出版)

発信力の鍛え方 ソーシャルメディア活用術

藤代裕之(著)
PHPビジネス新書(出版)

参考書

インターネット広告の基本実務

一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(JIAA)
広報委員会/研修プロジェクト

ネットメディア覇権戦争 偽ニュースはなぜ生まれたか

藤代裕之(著)
光文社新書(出版)

事前推奨科目

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。