MBAとは(MBA取得方法)

MBAのメリット(MBAは何を提供するのか)

MBAのメリット(MBAは何を提供するのか)

1.経営知識だけなら本で十分、MBAの本質は「考え抜き意思決定する力」を鍛えられるかどうか

MBAでは経営理論やフレームワークを修得するが、それがすべてではない。MBA取得で得られる能力の本質は、経営者の立場でビジネスの中で起こる複雑な問題を解決する訓練を繰り返すことによって得られる「考え抜き意思決定をする力」である。100%正しい答えのないビジネスの世界で、自分の頭で徹底的に「考え抜き意思決定をする力」は不可欠なスキルである。

この「考え抜く力」を鍛えるためには、自ら仮説を立案し、多様な学生と授業での活発な議論を通じて、仮説検証を繰り返すことが効果的である。また意思決定をするためには、最終局面において、自分が何を重視するのかという自分なりの価値観ともなる判断軸を明確にしておくことも重要である。

2.マネジメント能力だけではない、MBAの価値

MBAのもうひとつの価値は、人的ネットワークの構築、すなわち人脈形成ができることである。普段では出会うことができない企業家やビジネスリーダーと、授業やセミナーの後に個別に質問することも可能であり、企業調査では企業トップに会い直接インタビューをすることもできる。また同窓会(アルムナイ)活動などを通じて、卒業生や在校生との縦のつながりもできる。

これらのネットワークは、ビジネスアライアンスに直接結びつくこともあるほか、自分自身のロールモデルとなる人物と出会うことで、自分自身の生き方やキャリアプランの修正にもつながる。

3.「自分は何を成し遂げたいのか」を考え続ける場がMBA

経営のフレームワーク、思考力、経営者としての視点、人脈、自信。MBAプログラムはあなたに実にさまざまな価値を提供するだろう。しかし、MBAが提供する最も大きな価値は、ビジネスリーダーとして生きていく上での「志の醸成=意思決定の際の中心となる軸」にあるのではないだろうか。

「自分は今後の人生の中で何を成し遂げたいのか?」

MBAの取得を意識し始めてからMBAを取得するまで、あなたはこの命題に常に正面から向き合い、考え続けることになるだろう。MBAプログラムでは、教員、クラスメイト、ケースの中の経営者、セミナーなどで触れるビジネスリーダーから沢山の刺激を浴び、また時にはクラスメイトに対して自分自身も刺激を与えながら、より高く、より熱く、よりクリアな「自らの使命」を追及していくための場になるはずである。

4.MBAに関するセミナーやオープンキャンパス(説明会)

多くのビジネススクールは、MBAに関するセミナーやオープンキャンパス(説明会)を開催している。オープンキャンパスでは体験授業や在校生・卒業生との意見交換の場を用意する大学院も多く、各校の特徴を知る絶好の機会である。ビジネススクールと一言でいっても、学校毎に雰囲気は大きく異なる。また仕事との両立というハードな生活を送る上で、学校との相性は意外と重要な要素でもある。MBAに関心を持っている方は、まずはこういった場に参加し、実際の学校の雰囲気を体感し、納得してから準備を始めることを強くお勧めする。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの実際の授業に参加できる「体験クラス」を開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの実際の授業に参加できる「体験クラス」を開催しています。

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

MBAのメリット(MBAは何を提供するのか)のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ