MBAとは(MBA取得方法)

MBAのメリット(MBAは何を提供するのか)

1.自らの頭で考え抜き、意思決定する力

MBAでは、経営理論やフレームワークを修得できますが、それが全てではありません。MBA取得で得られる能力の本質は、ビジネスで生じる複雑な問題の解決に向けて、「自らの頭で考え抜き、意思決定する力」です。ビジネス環境が激変する時代においても、成果を上げ続けるには、「正解のない問いに、最適解を導き出す」ことが求められます。最適解を導き出すために必要なのは、「限られた情報しかない中で、自らの頭で徹底的に考え抜き、意思決定する力」なのです。

MBAでは、ケース(企業事例)を通じて、「ビジネスにおける複雑な問題に対して、経営者の立場で、解決策を考える」、「他の社会人学生と活発な議論を行い、仮説検証を繰り返す」といった訓練を行います。これらを繰り返し行うことによって、「最適解を導き出すための思考力」や「限られた情報の中で、意思決定する力」を身に付けていくのです。これらの力は、書籍を読んだり、動画を見たりしているだけは、けっして身につきません。こうした能力を磨くことができる点が、MBA取得のメリットのひとつです。

また、これらの能力を鍛えるには、高度なファシリテーション能力を持ち議論を巧みにリードできる教員が多数在籍しているビジネススクールを選ぶことが必要です。加えて、積極的に議論に参加する成長意欲の高い学生が多く集まっているかどうかを見極めることも重要になります。そのような教員と学生とともにディスカッションを繰り返し、考える力を磨き上げることで、自らの意思決定に対する自信が生まれてきます。

2.多様性に富み、生涯に渡って切磋琢磨できる仲間

MBA取得のもうひとつのメリットは、多様な人的ネットワークを構築できることです。ビジネススクールには、男性・女性といった性別や年齢、業種、職種の枠を超えて、また、ビジネスの現場で活躍する若手層から経営者まで、様々な経験・キャリアを持つビジネスパーソンとの出会いがあります。こうしたMBA特有のネットワークは、在校生だけではなく、卒業生のコミュニティまで広がっており、生涯に渡って切磋琢磨できる多彩な仲間が数多くできるでしょう。

MBAの授業では、多種多様な社会人との議論を通じて、自分と異なる価値観に触れ、一人で考えているだけではけっして到達できない視野の広がりや視点の高さ、思考の深さを得ることができます。そして何より、「自分を変えたい。新たなチャレンジをしたい」というポジティブな想いを持つ仲間がいるコミュニティに加わることで、さまざまな刺激を受け、成長を加速させることができます。

また、上記のようなコミュニティのメリットを享受するには、学生の自主的な取り組みや学事行事を十分にサポートしてくれるスタッフがおり、ネットワークを構築するためのさまざまな仕組みを持つビジネススクールを選ぶことが大切になります。加えて、在校生・卒業生の数が多ければ多いほど、ネットワークの多様性が担保されます。「生涯の友」に出会える機会を有するビジネススクールでの学びは、仕事での成果につながるだけではなく、人生そのものをより豊かで充実したものにするでしょう。

3.「何のために働き、何のために生きるのか?」という人生の軸

MBAで学ぶ多くの学生は、多様なキャリア、高い志を有するビジネスパーソンとの議論を重ねる中で、「人生で何を成し遂げたいのか?何のために学んでいるのか?」という問いと向き合うことになります。「自らの人生の軸となるものは何か?」を改めて考える機会を得られることもMBA取得の過程で得られるメリットのひとつです。

今後、テクノロジーの進化によって、働き方は大きく変わっていき、また、長寿化が進み人生は100年時代を迎え、仕事や生き方に対する価値観も大きく変わっていくでしょう。これまでのように、引退するまで一つの会社に長く勤め、60代で定年を迎える、といったほぼ横並びのキャリアを辿る人は少なくなり、一人ひとりが「どう生きたいのか?」という問いに真剣に向き合い、自らにふさわしい生き方を選ぶ時代を迎えます。MBAで学ぶことにより、多様な価値観やキャリアを有する仲間とのディスカッションを通じて内省を繰り返し、「自らの生き方」を見つける機会を得ることができます。

自らの生き方を考えるにあたっては、高い「志」を有するビジネスパーソンや教員が集まっていることや、対話を通じて「志」を磨き上げるための科目があること、そして、各界で活躍しロールモデルとなるリーダーに触れることができる場があるビジネススクールを選ぶことが重要になります。仕事では出会うことのない人たちから多くの刺激を受け、自分らしく生きていくための人生の軸を得ることができることが、MBA取得のメリットのひとつと言えます。

4.MBA取得に対する企業の評価

MBA取得によって、学生が得ることのできる評価は、国や企業によって様々です。 例えば、学んだことを実践し、結果を残すことによって、昇進や給与のアップにも繋がることでしょう。学校によってバラツキはありますが、グロービス経営大学院の卒業生へのアンケート調査(2018年度)によると、処遇・キャリア面でのポジティブな変化のあった卒業生は、回答者全体の90.3%となっています。卒業後平均3.6年が経過した回答者の年収は、平均28.0%の上昇、卒業から5年以上経過している2013年以前の卒業生は平均48.3%となり、グロービスMBAプログラムの卒業生の年収は大幅な上昇(※1)となっています。また、20代で学び始めた卒業生についても同様となり、卒業後平均3.8年が経過した回答者の年収は平均52.9%と大幅な上昇(※2)がみられました。

「創造と変革」あるいは「経営に近いポジション」を担っているという卒業生の回答者が92.5%と大半を占め、また所属企業で役員以上の役職を任されている方の構成比が大幅に増加(5.5→21.9%)していることから、卒業生が所属企業や転職市場で評価され、経営人材・ビジネスリーダーの役割を担っていると言えるでしょう。

ただし、MBA取得すれば、評価アップ、年収アップに繋がるわけではありません。MBAでの学びを活かし、培った人脈を駆使することにより、実務での実績を上げた結果、企業からの評価アップに繋がっていることは、現時点の日本では特に認識しておくべきポイントです。そのため、実務に活かせる学びや人脈を得ることができるのかが、ビジネススクールを選択する際の重要な判断軸となります。

グロービス経営大学院の卒業生キャリアアンケートは、こちらからご参照ください

(※1)
仮にDODA集計(※3)による年齢ごと平均年収の差分を同年代ビジネスパーソンの年収増加とした場合、35歳から39歳では7.1%、40歳から44歳では5.8%であり各年代で約5倍の大きな上昇率を示す。
(※2)
仮にDODA集計(※3)による27歳と33歳の平均年収の差分を同年代ビジネスパーソンの6年間の年収増加とした場合、20.2%である。それに比較してグロービスの卒業生は52.9%(約2.6倍)と、大きな上昇率を示していると考えられる。
(※3)
参考:ビジネスパーソンの年収増加率
転職サービスのDODAが2017年8月、20~59歳のホワイトカラー系職種の正社員男女、約29万人を対象に平均年収を調査したところ、27歳では376万円、33歳では452万円、35歳では468万円、39歳では501万円、40歳では513万円、44歳では543万円という結果でした。転職サービスDODA「平均年収ランキング2017」より

活躍するグロービスの
在校生・卒業生

創造と変革の志士たちとして活躍している卒業生・在校生をご紹介します。
様々な試練と自らの成長を楽しみ、社会に貢献している学生の活躍をぜひ応援してください。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの実際の授業に参加できる「体験クラス」を開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの実際の授業に参加できる「体験クラス」を開催しています。

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

MBAのメリット(MBAは何を提供するのか)のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

受講をご検討の方へ