カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

ファイナンシャル・リオーガニゼーション講座

「ファイナンシャル・リオーガニゼーション」のページです。 グロービス経営大学院では、「ファイナンシャル・リオーガニゼーション」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

科目詳細

  • 展開科目
  • 変革
  • 1.5単位
  • あり(DAY4)
  • 6回
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

歴史と実績があるにもかかわらず、停滞に陥ってしまった企業の変革と再生は、日本経済復活のカギであることは言うまでもありません。グローバル競争が激化し業界再編が進む環境下、現在の日本企業の最大の弱点は、企業価値の最大化を株主・債権者といった投資家の視点から俯瞰・評価し、財務部門や外部専門家からのサポートを受けつつ、的確な意思決定を行える経営人材が決定的に不足している点にあります。

当科目では、M&A、プライベートエクイティファンド、会社分割、財務破綻処理の諸制度、等を用いたケースを素材に、大規模なバランスシートの再構築プロセスにおいて外してはならないポイントを考察します。これらを通して、大掛かりな企業変革プロジェクトに対する実践的な理解と洞察力を養うことを目指します。


※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

企業変革を起こすために必要となる具体的なリストラチャリング技法を学ぶとともに、どのような状況にどの技法を適用するのが最適か、というゼネラルマネジメント的な視点を習得したい方を対象とします。特に、経営企画やコーポレートの事業ポートフォリオ構築などに携わっておられる方や、金融業務を通じて企業の再生や合従連衡を支援されている方、このような業務の経験がある方の参加を歓迎します。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ :  資産の財務再構築 − 大規模なM&A(前半)

ケース : チェース・マンハッタン アメリカ最大の銀行の誕生

セッション B

テーマ : 資産の財務再構築 − 大規模なM&A(後半)

ケース : チェース・マンハッタン アメリカ最大の銀行の誕生

Day2

セッション A

テーマ :  資産の財務再構築 − LBO/プライベート・エクイティの活用(前半)

ケース : RJRナビスコ社

セッション B

テーマ : 資産の財務再構築 − LBO/プライベート・エクイティの活用(後半)

ケース : RJRナビスコ社

Day3

セッション A

テーマ :  株式の財務再構築 - トラッキング・ストック(前半)

ケース : USX Corporation

セッション B

テーマ : 株式の財務再構築 - トラッキング・ストック(後半)

ケース : USX Corporation

Day4

セッション A

テーマ :  ビジネスモデルの見直しと事業再編、財務再構築手法(前半)

ケース : 1999年のNEC半導体事業再編

セッション B

テーマ : ビジネスモデルの見直しと事業再編、財務再構築手法(後半)

ケース : 1999年のNEC半導体事業再編

Day5

セッション A

テーマ :  破綻時の企業再生手法―売却/企業更生法とそのプロセス(前半)

ケース : アデルフィア・コミュニケーションズ・コーポレーション社の破産

セッション B

テーマ : 破綻時の企業再生手法―売却/企業更生法とそのプロセス(後半)

ケース : アデルフィア・コミュニケーションズ・コーポレーション社の破産

Day6

セッション A

テーマ :  負債の財務再構築 −法廷外での債権者の利害調整(前半)

ケース : ブレント・ウォーカー・グループPLC

セッション B

テーマ : 負債の財務再構築 −法廷外での債権者の利害調整(後半)

ケース : ブレント・ウォーカー・グループPLC

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

ファイナンシャル・リオーガニゼーション のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ