カリキュラムの特徴と開講科目

ビジネス・プレゼンテーション

ビジネス・プレゼンテーション 講座詳細

授業では、数多くの演習に取り組み、資料の作成や実演を行うことで、プレゼンターとしてのトレーニングをくり返すとともに、聴き手が様々プレゼンテーションをどのように受け取るかを体感しながら、伝わり、動かすプレゼンテーションを追求していきます。
  • 応用科目
  • 思考
  • 1.5単位
  • 単科生受講対象科目
  • あり(DAY4)
  • 6回
  • 35
  • ワークショップ

科目概要

プレゼンテーションというと、身振り、手振り、アイコンタクトの方法、声の出し方、スライド作成のテクニックなどに着目しがちですが、このクラスではそれらの要素に加えて、「聴き手を動かす・導く」ことを目的に、「クリティカル・シンキング」で学んだ内容をベースに論理的なプレゼンテーションを構築・実施していく方法を学んでいきます。


毎回、課題に関するプレゼンテーション資料の作成、プレゼンテーションの実演を行いながら、
・ そもそもプレゼンテーションするにあたり想定しておくべきことは何か
・ 相手に理解されやすいストーリー(論理の流れ)はどのように構築すればよいのか
・ 説得力のあるスライドはどのように作りこめばよいのか
などについて学び、相互フィードバックなどを織り交ぜながらトレーニングしていきます。


受講対象者

社内外で相手に自分の考えや提案を伝えることが多い方、実務でのコミュニケーションに壁を感じている方に最適の科目です。尚、「クリティカル・シンキング」修了もしくは、同等の論理的思考力がある方を前提にクラスは運営されます。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ : プレゼンテーションの全体像

ケース : オリジナルテキスト
カーコンビニ倶楽部

セッション B

テーマ : メッセージを作成する、メッセージを支えるロジック構築、プレゼンテーション実施のポイント

ケース : オリジナルテキスト

Day2

セッション A

テーマ : 聴き手の理解・ストーリーラインの構築(1)(前半)

ケース : オリジナルテキスト

セッション B

テーマ : 聴き手の理解・ストーリーラインの構築(1)(後半)

ケース : オリジナルテキスト

Day3

セッション A

テーマ : 聴き手の理解・ストーリーラインの構築(2)(前半)

ケース : オリジナルテキスト

セッション B

テーマ : 聴き手の理解・ストーリーラインの構築(2)(後半)

ケース : オリジナルテキスト

Day4

セッション A

テーマ : プレゼンテーション全体の構造を作る 「ピザハット株式会社」(前半)

ケース : オリジナルテキスト
ピザハット株式会社

セッション B

テーマ : プレゼンテーション全体の構造を作る 「ピザハット株式会社」(後半)

ケース : オリジナルテキスト
ピザハット株式会社

Day5

セッション A

テーマ : プレゼンテーション資料の作成

ケース : オリジナルテキスト

セッション B

テーマ : プレゼンテーションの実施

ケース : オリジナルテキスト

Day6

セッション A

テーマ : 総合演習「ナガホリデンキ」(前半)

ケース : ナガホリデンキ

セッション B

テーマ : 総合演習「ナガホリデンキ」(後半)

ケース : ナガホリデンキ

※クラスで使用するケースや教材、得られる学びは体験クラス&説明会にてご確認できます。

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。

グロービス経営大学院では「体験クラス」を各キャンパスで、随時開催しています。

グロービス経営大学院では「体験クラス」を各キャンパスで、随時開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルやキャンパスの雰囲気をご自身の目で確かめてください。

    • LINEで送る

ビジネス・プレゼンテーションのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。