カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

ファイナンス III(企業の合併と買収)講座

「ファイナンス III(企業の合併と買収)」のページです。 グロービス経営大学院では、「ファイナンス III(企業の合併と買収)」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

科目詳細

  • 応用科目
  • 会計・財務
  • 1.5単位
  • あり(DAY4)
  • 6回
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

企業が事業成長戦略を加速する際のオプションとして、企業合併・買収(M&A)が重要な役割を担っていることは言うまでもありません。この科目では、このM&Aに加え、リアル・オプション、プロジェクト・ファイナンス、事業部門の切り離しなど、先端の金融手法を扱ったケースを素材にして、それぞれのスキームの理解を深めます。更に、他社から買収提案を受けた際にどのような観点で対応すべきか、他社の買収や自社事業部の切り離しを通じていかに自社の企業価値を向上させるか、という俯瞰的な視点を身に付けることを狙いとしています。

この科目は、ファイナンスⅠ(事業戦略と企業財務)とファイナンスⅡ(企業価値評価と財務戦略)で学ぶ投資評価手法(Valuation)や資金調達面での特徴や留意点を基礎に成り立っています。従って、これらの基礎知識は既に修得しているとの前提で授業を行いますので、受講の際にはこれらの知識を今一度整理し、「使える状態」にしておいてください。

※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

将来のビジネスリーダーとして、企業の成長戦略や財務上の諸問題に関する意思決定を行うための基本的論点の修得を目指す方を対象とします。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ :  リアルオプション(Real Option) (前半)

ケース : アクアバウンティ社

セッション B

テーマ : リアルオプション(Real Option) (後半)

ケース : アクアバウンティ社

Day2

セッション A

テーマ :  プロジェクト・ファイナンス(Project Finance)(前半)

ケース : BPアモコ(B):カスピ海油田開発の資金調達

セッション B

テーマ : プロジェクト・ファイナンス(Project Finance)(後半)

ケース : BPアモコ(B):カスピ海油田開発の資金調達

Day3

セッション A

テーマ :  企業買収(Acquisitions)と企業価値評価(前半)

ケース : コンゴリアム・コーポレーション(縮約版)

セッション B

テーマ : 企業買収(Acquisitions)と企業価値評価(後半)

ケース : コンゴリアム・コーポレーション(縮約版)

Day4

セッション A

テーマ :  企業合併・買収(Mergers and Acquisitions)(前半)

ケース : フィリップモリスとクラフト

セッション B

テーマ : 企業合併・買収(Mergers and Acquisitions)(後半)

ケース : フィリップモリスとクラフト

Day5

セッション A

テーマ :  事業部門の切り離し(前半)

ケース : アムテレコム・グループ・インク

セッション B

テーマ : 事業部門の切り離し(後半)

ケース : アムテレコム・グループ・インク

Day6

セッション A

テーマ :  企業合併・買収(Mergers and Acquisitions)(前半)

ケース : クラウン・コルク・アンド・シールとカルノーメタルボックス

セッション B

テーマ : 企業合併・買収(Mergers and Acquisitions)(後半)

ケース : クラウン・コルク・アンド・シールとカルノーメタルボックス

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

ファイナンス III(企業の合併と買収) のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ