MBA(経営学修士)とは

MBA用語集

MBA用語 検索結果

A」から始まる用語 全 29

ABB(活動基準予算管理)

カテゴリー:アカウンティング

ABB(活動基準予算管理)とは、ABC(活動原価基準管理)、ABM(活動基準管理)による情報をもとにして、活動別に予算を編成する考え方。 ABC、ABMの発展形として提示されたのがABBである。ABBを行うことにより、企業は、活用度合いの低いリソースやキャパシティを認識し、その有効活用...

ABC

カテゴリー:アカウンティング

ABCとは、Activity-Based Costingの略。活動基準原価計算。どの製品やサービスのために発生したのかがわかりにくい間接費を、それぞれの製品やサービスのコストとしてできるだけ正確に配賦することによって、生産や販売活動などのコストを正確に把握していこうという考え方。製品の製造や商...

ABC分析

カテゴリー:マーケティング

ABC分析とは、数ある製品やサービスを売上額や販売数量などで並べて、上から順に「Aランク」「Bランク」「Cランク」のようにグループ分けし、分析する方法。ベースには「パレートの法則」(全体の2割の製品が8割の売上・利益を稼ぐ)の考え方がある。 たとえば「売上額」に着目してABC分析を実施...

ABM(活動基準管理)

カテゴリー:アカウンティング

ABM(活動基準管理)とは、ABC(活動原価基準管理)によるコスト情報をもとにして、それを業務の改善に結びつけ、利益の改善を目指していく考え方。 アメリカでは80年代の終わりごろから、多くの会社が業績立て直しのためにコストダウンの必要性に迫られビジネス・プロセス・リエンジニアリングを行...

aec

カテゴリー:組織行動学・リーダーシップ

AECとは、ASEAN経済共同体(Asean Economic Community)の略で、2015年末に発足したASEANに加盟している10カ国(インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス)で構成される一つの経済圏。 ...

AI

カテゴリー:IT・オペレーション

AIとは、人工知能(Artificial Intelligence)を意味する。ただ人工知能の定義は多岐にわたっており、人工知能の研究者間でも意見が異なり実は曖昧さがある。日本における人工知能研究の第一人者の一人である東京大学の松尾教授の定義を借りると、『人工的につくられた人間のような知能、な...

AIDMA

カテゴリー:マーケティング

AIDMAとは、消費者の購買決定プロセスを説明するモデルの1つ。 消費者はまず、その製品の存在を知り(Attention)、興味をもち(Interest )、欲しいと思うようになり(Desire)、記憶して(Memory)、最終的に購買行動に至る(Action)という購買決定プロセスを経る。...

AMTUL

カテゴリー:マーケティング

AMTULとは、消費者の購買決定プロセスを説明するモデルの1つ。認知(aware)、記憶(memory)、試用(trial)、本格的使用(usage)、ブランド固定(loyalty)の略。 最も有名なモデルであるAIDMA(attention,interest,desire,motiv...

API

カテゴリー:テクノベート(テクノロジー×イノベーション)

APIとは、Application Programming Interfaceの略語。「インターフェース」とは物と物との接点や境界面を意味するものであるが、APIは特定のアプリケーションに対する接点を規定する。わかりやすくいうと、決まった方法でアクセスすると、アプリケーションの中で処理が走り、...

APV

カテゴリー:ファイナンス

APVとは、事業やプロジェクトの経済的価値をフリー・キャッシュフロー(FCF)の価値と節税効果の価値に分解して評価するバリュエーションの方法。調整現在価値。企業の資本構成が大きく変化し、NPV法(Net Present Value:正味現在価値法)を適用しにくい場合に用いられる。事業を構成する...

アクセストップ10