MBA(経営学修士)とは

MBA用語集

MBA用語 検索結果

ら行」の用語 全 57

流動資産

カテゴリー:アカウンティング

流動資産とは、会社の本業の営業サイクルの中にある資産、もしくは決算日から1年以内に現金化される予定の資産。 原材料等の仕入れから販売、代金回収までの営業サイクルの中で出てくる棚卸資産(商品、原材料、仕掛品など)、受取手形、売掛金などの資産、および1年以内に現金化する予定の資産である未収...

流動負債

カテゴリー:アカウンティング

流動負債とは、会社の本業の営業サイクルの中にある負債、もしくは決算日から1年以内に現金で支払われる予定の負債。 仕入れた原材料等の代金で支払いが済んでいないものを意味する支払手形、買掛金といった営業サイクルの中で出てくる負債と、決算日から1年以内に支払う予定である短期借入金、未払金、未...

レピュテーション

カテゴリー:経営戦略

レピュテーションとは、企業のステークホルダーの中に形成される認知。人々が購買や就職などの活動を行う際に非常に大きな意味を持つ。 レピュテーション(評判)はまず、マーケティングの観点からは、ブランド力の重要な決定要因である。消費者や顧客は、通常、他の条件が同じであればレピュテーションの高...

レピュテーション・マネジメント

カテゴリー:経営戦略

レピュテーション・マネジメントとは、良きレピュテーションの獲得・維持、傷ついたレピュテーションの回復などを目的とした活動。特に企業が注目しているのは、悪いレピュテーションを初期の段階で食い止めることだ。もともと、悪いレピュテーションの方が良いレピュテーションよりも広がり易いものだが、近年、特に...

リレーションシップ・マーケティング

カテゴリー:マーケティング

リレーションシップ・マーケティングとは、「顧客1人ひとり」を把握することを前提に展開されるマーケティング。ワン・トゥ・ワン・マーケティング。 市場シェアを高めることではなく、「顧客内シェア」を高めることにマーケティングの焦点が置かれる。つまり、市場内の何人の顧客に買ってもらうかよりも、...

ラーニング学派

カテゴリー:経営戦略

ラーニング学派とは、より現場に近いところからの戦略提案が重要だと考える戦略論。組織学習を重視する。 昨今の複雑かつ変化の早い経営環境下では、(ポジショニング学派が主張するような)トップダウンによる分析的な戦略立案では適時・的確な対応は必ずしも容易ではない。そうした傾向が強まった90年代...

LOC(ローカス・オブ・コントロール)

カテゴリー:組織行動学・リーダーシップ

LOC(ローカス・オブ・コントロール)とは、行動を統制する意識の所在(ローカス)が、内(自己)か外(他者)かで「自己解決型」と「他者依存型」とに分類する考え方。 自己解決型は、自分自身の行動とその結果は自ら統制できると考えるタイプである。 これに対して他者依存型は、自分自身の行...

ライセンス方式

カテゴリー:マーケティング

ライセンス方式とは、中間業者に自社ブランドのカテゴリー別使用権を与えて、商品を生産・販売させてロイヤルティを徴収する流通形態。いわゆる「ブランドを貸すビジネス」の方式。 例えば、イブ・サン・ローランのような高級品ブランドや、ディズニーのようなキャラクターブランドが、自らの企業努力で培っ...

ライン

カテゴリー:人材マネジメント

ラインとは、事業活動において経営目標の達成に直接関連した機能・職能・部門。 製造業では購買、生産、販売などがこれに当たる。大企業では、ラインの中にそれぞれ、スタッフとしての機能を持たせる場合が多い。

ラストワンマイル

カテゴリー:マーケティング

ラストワンマイルとは、元々は通信業界に用いられていた言葉で「生活者や企業に対し、通信接続を提供する最後の区間」を意味していた。現在は、物流、交通業界において多く用いられ、「顧客にモノ・サービスが到達する最後の接点」を指す。 現在、物流業界の課題は、この「ラストワンマイル」に集中している...

アクセストップ10