MBA(経営学修士)とは

MBA用語集

MBA用語 検索結果

P」から始まる用語 全 40

P2P

カテゴリー:マーケティング

P2Pとは、PC端末同士が直接・対等にデータをやり取りして実行する、新しいコンピューティング方式。 従来のインターネット利用では、クライアントPCがサーバーから情報を得る、クライアント・サーバー(C/S)方式が主流であった。 P2P方式の代表的なソフトとしては、米ではNapst...

PaaS

カテゴリー:テクノベート(テクノロジー×イノベーション)

PaaSとは、Platform as a Serviceの略語。読み方は「パース」。アプリケーションを実行するための環境がセットになったプラットフォームを、インターネットを経由して利用するサービスのこと。 インターネット経由のサービスを提供したい場合に、クラウド環境を用意する手法として...

PBR

カテゴリー:アカウンティング

PBRとは、株価がひと株当たりの純資産の何倍あるかを示す指標。株価純資産倍率。株式市場が企業を評価する指標の1つ。以下の式で表される。 PBR = 株価 ÷ 1株当たり純資産額 分母の「1株当たり純資産額」は、負債総額を引いた総資産を発行株式数で割ったもので、1株あたり解散価値...

PCFR

カテゴリー:アカウンティング

PCFR(株価キャッシュ・フロー倍率、英語名称:Price cash flow ratio、読み方:ピーシーエフアール)とは、株価を1株当たりキャッシュ・フローで割って算出した比率で、株価の割高感・割安感を示す指標のひとつ。この場合のキャッシュ・フローには、簡便的に、当期純利益に現金の流出を伴...

PDCAサイクル

カテゴリー:アカウンティング

PDCAサイクルとは、企業が行う一連の活動を、それぞれPlan-Do-Check-Action(PDCA)という観点から管理するフレームワーク。 ①Plan:まず目標を設定し、それを具体的な行動計画に落とし込む。 ②Do:組織構造と役割を決めて人員を配置し、組織構成員の動機づけを図り...

PER

カテゴリー:アカウンティング

PERとは、株価がEPS(1株当たり利益)の何倍あるかを示す指標。 株価収益率。 以下の式で表される。 PER = 株価 ÷ EPS 分母のEPSは、以下の式で表される。 EPS = 税引後当期利益 ÷ 発行済み株式数 PERは、現在の株価が利益の何倍か...

PL法

カテゴリー:経営戦略

PL法とは、製造物責任法のことをいう。英語の製造物責任(Product Liability)を略し、PL法と呼ばれている。 製品の欠陥により、生命、身体、他の財産に何らかの損害を被った場合、製造会社に対して損害賠償責任を負わせる法律である。 製造物責任は、一般的に無過失責任(...

PM理論

カテゴリー:組織行動学・リーダーシップ

PM理論とは、リーダーシップは「P機能(Performance function:目標達成機能)」と「M機能(Maintenance function:集団維持機能)」の2つの能力要素で構成されているという理論。三隅二不二氏が提唱した。 P機能とは、メンバーへの指示や叱咤激励などにより...

PoC

カテゴリー:テクノベート(テクノロジー×イノベーション)

PoC(発音:ピー・オー・シー)とは、Proof of Conceptの略で「概念実証」を意味する。ビジネスの構想段階にある新しい概念や方法論、または新規性の高い技術などについて、それらが意図した通りの有効性を発揮できるか、またそもそも実現可能性は高いのかといったことを、簡易的な実験環境を用意...

POP

カテゴリー:マーケティング

POPとは、購買時点広告(Point of Purchase Advertising)。商品やサービスの購買時点である小売店で行われる広告活動のこと。看板、ポスター、ディスプレー、ステッカーなど店頭で行われることをすべてを指す。

アクセストップ10