MBA(経営学修士)とは

MBA用語集

MBA用語 検索結果

M」から始まる用語 全 20

M&A

カテゴリー:経営戦略

M&Aとは、企業の買収・合併を指す。 買収は他の企業を丸ごと買い取ること、合併は複数の企業が法的に1つの企業に合同することである。ゼロから独自に事業を作り上げる時間を買い、自社のビジネスとの相乗効果を発揮させ、競合に対する優位性を早期に確立することが、M&Aの主な目的で...

MaaS

カテゴリー:IT・オペレーション

MaaS(マース)とは、Mobility as a Serviceの略称。ICT技術の活用により鉄道、バス、ライドシェア・カーシェア・自動運転車、自転車シェア、電動キックボードシェアといったあらゆる移動手段を一つのプラットフォーム上で利用可能な形に統合し、移動全般の検索・予約・決済等が一気通貫...

MBO(目標管理)

カテゴリー:人材マネジメント

MBO(目標管理)とは、あらかじめ評価者(上司)と、被評価者との間で目標に関する合意を結び、それに対する達成度合いで評価をする方式。 基本的に、目標に達しなければ評価が低くなり、目標を上回った成果を挙げれば評価が高くなる制度であることから、実績主義や成果主義を唱える組織でよく用いられる...

MECE

カテゴリー:論理思考・問題解決

MECEとは、英語のMutually Exclusive Collectively Exhaustiveの頭文字を取ったもので、「モレなくダブりなく」という意味。 MECE、物事を分解し、構造化して考える際、その完成度を確認するのに役立つ。例えば、トラブルを解決する場合、状況を調べて問...

MFTフレーム

カテゴリー:経営戦略

MFTフレームとは、要素技術(シーズ)と市場ニーズの間に、「ファンクション」(効用)という概念をおくことで、製品化や事業化のイメージを容易にすることを意図したフレームワーク。Mはmarket、Fはfunction、TはTechnologyの頭文字をとっている。もともとテクノロジー・マネジメント...

MR

カテゴリー:IT・オペレーション

MRとは、「Mixed Reality」の略。日本語では「複合現実」といわれる、現実の世界と空間情報を含む仮想の世界を重ねあわせて体験できる技術のことである。 ARは現実の世界の上にCGで作られた情報を付加するものであり、表示されているものを操作したり動かしたりすることはできない。VR...

MSCB

カテゴリー:ファイナンス

MSCBとは、発行後、株価を反映して転換価額が修正される条項の付いた転換社債。Moving Strike Convertibleの略。転換価額修正条項付転換社債とも呼ばれる。資金需要は旺盛ながら信用度の低い会社などが、低コストかつタイムリーに資金を調達できる方法とされている。 一般の転...

MVA

カテゴリー:ファイナンス

MVAとは、企業に投下された資本の総額を、株式(Equity)と有利子負債(Debt)の時価の合計がどの程度上回っているのかを表したもの。Market Value Addedの略。市場付加価値。 MVA = 株式と有利子負債の時価合計 ? 投下資本 仮に有利子負債の時価と簿価を...

マーケット・リサーチ

カテゴリー:マーケティング

マーケット・リサーチとは、市場全般の動向を科学的に捕捉するため、あるいはマーケティング施策を立案するために、情報や資料を収集し、分析を行うこと。マーケット・リサーチを行う具体的な場面としては、新規事業のビジネスプランニング、新製品の導入、新市場への参入、既存製品の再活性化などがある。狭義には「...

マーケットアプローチ

カテゴリー:ファイナンス

マーケットアプローチとは、バリエーション(企業価値評価)の手法の一つで、対象企業の時価総額やM&A市場における取引価額に着目し、企業や事業の価値を評価する方法である。他の手法として、インカムアプローチ、コストアプローチがある。 マーケットアプローチは、非公開企業にも適用でき、か...

アクセストップ10