MBA(経営学修士)とは

MBA用語集

MBA用語 検索結果

経営戦略」の用語 全 220

リエンジニアリング

カテゴリー:経営戦略

リエンジニアリングとは、企業における、既存の管理方法や業務プロセスを抜本的に見直し、変更すること。 ビジネスプロセスを再構築することにより、業務スピードの向上、人件費などのコスト削減、さらに競争優位の創出が可能になる。ITを活用することが多い。ビジネスプロセスの変更は、仕事のやり方だけではな...

リスク・コミュニケーション

カテゴリー:経営戦略

リスク・コミュニケーションとは、企業が最終消費者や地域住民、地域行政に対して様々なリスク情報を開示、共有するための広報活動のこと。 例えば、化学物質などを扱う企業は環境リスクを、食品関連会社が残留農薬など食品に関するリスクなどを開示・説明している。 化学物質の環境リスクは、化学物質の有害...

リスク・マネジメント

カテゴリー:経営戦略

リスク・マネジメントとは、リスクを管理する活動。企業はリスク・マネジメントによって、企業活動に関連するリスクを把握、コントロールし、リスクの回避や分散、リスクによる損害や損失の予防や最小化を目指す。 リスクを把握する上で想定すべき範囲は、自然災害や事故、何らかの事件との関わり、社内組織や従業...

リスク分析

カテゴリー:経営戦略

リスク分析とは、リスクアセスメントの プロセス の一つである。リスク分析は、リスク評価 ・ リスク管理 ・ リスクコミュニケーションの3要素から構成され、相互に補完し 合う ことによってよりよい成果が生み出されるとされる。     リスク分析の...

リストラクチャリング

カテゴリー:経営戦略

リストラクチャリングとは、事業構造を再構築すること。 リストラクチャリングは、成長戦略の中で不採算部門の事業縮小や撤退、統廃合といった不採算事業などの整理とともに、成長事業や高収益事業へ経営資源を集中することを指す。また、リストラクチャリングの是非の判断はキャッシュフローの最大化が判断基準と...

リソース・ベースド・ビュー

カテゴリー:経営戦略

リソース・ベースド・ビューとは、企業ごとに異質で、複製に多額の費用がかかる経営資源(リソース)を活用することによって、企業は競争優位を獲得することができるという、経営資源に基づく戦略論。ジェイ・B・バーニーが展開した。 企業の持つ資産、人材、技術力、ブランド、工程、専門能力や組織文化など、さ...

レイヤー(層・階層)

カテゴリー:経営戦略

産業の構造について語る場合の「レイヤー」または「レイヤー構造」とは、特にプラットフォームビジネスにおいて、サービスの階層化が起こる時に生じる各階層のことである。レイヤーが積み重なることで製品・サービスのシステムができあがる。 たとえばiPhoneの場合は、「キャリア」「端末」「OS」「課金」...

レッドオーシャン

カテゴリー:経営戦略

レッドオーシャンとは、競争が激しい既存市場を指す言葉である。 対義語として、競争のない未開拓市場をブルーオーシャンという。レッドオーシャンとブルーオーシャンという概念は、2005年にINSEADで教鞭を執るW・チャン・キムとレネ・モボルニュが著した『ブルー・オーシャン戦略』で提唱され、...

ロングテール現象

カテゴリー:経営戦略

ロングテール現象とは、主にインターネットを介した通信販売において、ニッチ商品の販売額の合計が、ヒット商品の販売額の合計を上回るようになる現象。 市場に出回る商品の2割(ヒット商品)が、全体の8割の売上げを稼ぎ出すという、20-80の法則に従う既存の店舗販売の収益構造とは対極をなす。 売り場面...

ワークフロー管理

カテゴリー:経営戦略

ワークフロー管理とは、定型的な業務の流れをシステム上で実行、管理し、全体としての業務効率向上を目的とした業務プロセスの管理手法。 ワークフローという言葉は、1985年に米国のファイルネット社が自社製品で初めて使用したと言われている。国際ワークフロー標準化団体(WFMC)では、「ワークフロー」...

アクセストップ10