MBA用語集

カテゴリー:IT・オペレーション

ERPenterprise resource planning

ERPとは、Enterprise Resource Planningの略。企業活動をバリューチェーンとして捉え、これにそって業務を横断的に連携させることで経営資源の配分を最適化し、経営の効率化を図るためのコンセプト。通常は、販売・生産・会計といった企業の基幹業務の情報を統合したパッケージ・ソフトウエアを指すことが多い。


ERPの代表的な機能として、大福帳型のデータベース、リアルタイム処理、低コストかつ短期間でできるシステム開発、オープン対応/マルチベンダー対応、グローバル対応ということが挙げられる。


これらを用いることで、リエンジニアリング、ロジスティクスの全社最適化、ビジネス・スピードの向上、グローバル化の推進などに貢献する。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

関連用語

アクセストップ10

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

MBA体験クラス

経営の理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

ERPのような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

ERPとは|MBA用語集のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ