MBA用語集

カテゴリー:アカウンティング

プロフィット・センターprofit center

プロフィット・センターとは、収益と費用(コスト)が集計される部門。

プロフィットセンターでは、集計された収益から費用を差し引いた利益を極大化することが目標となる。収入と費用の差額を大きくすること、つまり収入はできるだけ多く費用はできるだけ少なくすることが目標となる。

例えば、工場をプロフィットセンターとすると、コストセンターとした場合とは逆に、利益が得られるものであれば、生産工程を改善するなどして、特注品でも積極的に受注していこうというインセンティブが働くことになる。

従って、標準品の比重が高い会社ではコストセンターでも問題はないが、特注品の比重が高い会社では、プロフィットセンターの方が望ましいということになる。

また、経営参加意識を高める分権化・分社化の大きな流れの中では、各グループに損益責任を持たせるという意味で、プロフィットセンターにする方が望ましい。しかし、分権化が強調されすぎると、個々の事業部の利益が優先され、会社全体の利益が犠牲にされてしまう可能性があるため注意が必要である。
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

関連用語

アクセストップ10

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

MBA体験クラス

アカウンティングの理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

プロフィット・センターのような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

プロフィット・センターとは|MBA用語集のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ