MBA用語集

カテゴリー:IT・オペレーション

コンティンジェンシー・プランcontingency plan

コンティンジェンシー・プランとは、起こりうる不測の事態、特に最悪の事態を想定して立てる計画、対処法。

考慮すべき事態としては、極端な経済要因の変動や法的要因の変化、技術変化、国際紛争、新しい競合企業の登場、極度の売り上げ不振などがある。いずれも、その状況に陥ってから対応し始めるのでは既に遅く、日頃の情報収集・分析能力の充実が望まれる。また、天災など全く予測不可能なものにしても、いざという時に効果的に対処できるよう、企業内に危機管理の意識・仕組みを内在化させる必要がある。

これを策定する行為・過程をコンティンジェンシー・プランニングといい、近年の経営環境の複雑化を反映して、その策定能力の重要性は増加している。
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

関連用語

アクセストップ10

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

MBA体験クラス

経営の理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

コンティンジェンシー・プランのような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

コンティンジェンシー・プランとは|MBA用語集のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ