グロービス経営大学院

ディープラーニングとは・意味

カテゴリー:テクノベート(テクノロジー×イノベーション)

ディープラーニングDeep Learning

ディープラーニングとは、これまでに研究されてきた浅い(ニューラルネットワークの層数が2層といった具合の)ニューラルネットワークに対し、深い(⇒ディープな、数層ではなく通常は数十層以上)ニューラルネットワークを用いて、機械学習(多くの場合、カテゴリ分類や数値予測)を行うことを意味する。AI(人工知能)のアルゴリズムの中でも本丸のアルゴリズムと言っていい。


ニューラルネットワークは、生物の神経回路を模倣した人工的な神経回路のことを指し、長年にわたって高度な情報処理の実現を目指して研究された。浅いニューラルネットワークに対して機械学習をさせる方法については研究が進んだものの、深いニューラルネットに対して実際にデータから学習をさせることは困難なままだった。


しかし、2000年代以降、ディープラーニングにうまく学習させるテクニックが徐々に明らかになってきた。特に2012年にトロント大学のヒントンらが1000カテゴリの物体の画像認識を競うコンペティションであるILSVRで、ディープラーニングを使うことで誤認識率をそれまでの26%から一気に16%まで10%も改善させた。このことでディープラーニングは一気に注目を浴び、その後は人工知能の研究分野でもディープラーニング祭りとでも呼ぶようなブームとなった。ILSVRでの人間の誤認識率は5.1%といわれているが、2015年にはMicrosoftがResNetでこれ上回る3.6%の誤認識率を達成している。さらに、2016年Google DeepMindがディープラーニングを使って開発した囲碁AI、AlphaGoがトッププロ棋士イ・セドルを破ったことはAI、なかでもディープラーニングの可能性を世間一般に強く印象づける結果となった。


ディープラーニングは特に画像や音声、自然言語のような非構造化データ(多くのビジネスデータのように、Excelなどの表計算で扱えるデータを構造化データと呼ぶ)で従来のアルゴリズムに比べて高いパフォーマンスを発揮することが知られており、ビジネス分野でも研究と実装が進んでいる。自動運転での歩行者や車などの物体認識、Googleなどによる自動翻訳、YouTubeの音声認識による字幕の自動生成など、いつか実現したいと考えられてきたサービスがディープラーニングを使うことで一定の精度で実装されるようになってきた意味とインパクトは極めて大きい。


さらに最近は分類や予測だけではなく、GAN(Generative Adversarial Network: 敵対的生成ネットワーク)というアルゴリズムによりディープラーニングをベースに画像や文章を生成することも可能になってきている。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」をオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」をオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

アクセストップ10

セミナー開催予定

GLOBIS BUSINESS TIPS

あらゆるビジネスパーソンにとって必須といえるビジネススキルをグロービス経営大学院に登壇する教員たちが紹介します。動画をご覧いただくためのURLをご登録いただいたメールアドレスにお送りします。ぜひスキルアップにお役立てください。

ビジネス基礎力

クリティカル・シンキング

ビジネス基礎力 クリティカル・シンキング 動画

視聴時間 48:45

仕事で活躍するために身に付けておくべき「クリティカル・シンキング(論理思考)」とは?書籍を読むだけでは身に付けることが難しい、「実務で使える論理思考力」を体感し、「実務で使える」ように変えていく方法をお伝えします。

荒木 博行

グロービス経営大学院 教員

ビジネス・プレゼンテーション

ビジネス基礎力 ビジネス・プレゼンテーション 動画

視聴時間 58:26

ビジネスを進めていく上で重要な「伝える力」としての「ビジネス・プレゼンテーション」。さまざまな場面で聴き手の理解を促し、行動してもらうにはどうしたらよいのか。緊張して思ったように話せない人、聴き手に刺さるプレゼンをしたい人は必須!

島根 宏幸

グロービス経営大学院 教員

ビッグデータ時代の数字力

ビジネス基礎力 ビッグデータ時代の数字力 動画

視聴時間 57:39

ビジネスを進めていく上で重要なデータを分析する力を身に付ける「ビジネス定量分析」。この授業では、闇雲にデータをExcelで加工するだけの分析でなく「意味のある分析」を行うために必要となる基本的な考え方やアプローチ方法を学ぶ。

鈴木 健一

グロービス経営大学院 教員

マーケティング戦略

ビジネス基礎力 マーケティング戦略 動画

視聴時間 57:36

日常的な企画力、提案力を向上させるためにも必要な「マーケティング」。価値を顧客に届けるためにも重要な「マーケティング戦略の立案」のポイントを、基本的なフレームワークの意味や使い方から学んでいく。

村尾 佳子

グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長

経営戦略

ビジネス基礎力 経営戦略 動画

視聴時間 54:54

日々劇的に動くビジネス環境の変化を確実に捉え、成果を出し続けていく為に必要な「経営戦略」。ビジネス環境の変化を、経営のフレームワークを用いて正しく捉え、そして解釈していく方法を学ぶ。

荒木 博行

グロービス経営大学院 教員

志(キャリア)の考え方

ビジネス基礎力 志(キャリア)の考え方 動画

視聴時間 56:02

自身が人生において何を成したいのかを考え、キャリアを築いていく為にベースとなる「志」。パッと聞くと、捉えどころがなく、何となく自分とは縁遠いように感じてしまう「志」とは、そもそもどんなものなのか? なぜ「志」が重要なのか?

田久保 善彦

グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長

リーダー基礎

ビジネスリーダーの基礎力

リーダー基礎 ビジネスリーダーの基礎力 動画

視聴時間 48:45

メンバーをうまく動かせない、別の部署を巻き込めないなど、リーダーの悩みは尽きない。すでにリーダーの人だけでなく、これからリーダーになりたい人も、心がけておきたい「グロービス流ビジネスリーダーの基礎力10」。

田久保 善彦

グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長

荒木 博行

グロービス経営大学院 教員

村尾 佳子

グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長

金澤 英明

グロービス経営大学院 教員

「学んだつもり」に時間を費やしていませんか?
(3分4秒)

「わかる」と「できる」では、学びの質が全く違います。どれだけ多くの時間を学びに費やしていても、正しい学びでなければ仕事の成果につながる「できる学び」は得られません。

変化が激しく先が見えない次の時代に、仕事で成果を出し続ける人材になるための「学び」とはどういったものなのか?自分の学び方を見直して頂く機会にしてください。

活躍するグロービスの
在校生・卒業生

創造と変革の志士たちとして活躍している卒業生・在校生をご紹介します。
様々な試練と自らの成長を楽しみ、社会に貢献している学生の活躍をぜひ応援してください。

MBA体験クラス

経営戦略の理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

ディープラーニングのような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

※現在、「通学形式」と「オンライン形式」にてクラスを開講しています。「通学形式」は、行政のガイドラインを踏まえ、定員を減らすなど安全に配慮した上で開講しています。体験クラス&説明会は、「キャンパス」での開催と「オンライン」での開催のいずれかを選択いただけます。ご希望の受講形式や日程などのご都合にあわせてお選びください(全ての体験クラス&説明会で、通学およびオンライン形式のいずれも紹介いたします)。

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

  • App Store からダウンロード
  • Google Play で手に入れよう
  • LINEで送る

ディープラーニングとは・意味のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。