MBA用語集

カテゴリー:IT・オペレーション

クリティカル・パスcritical path

クリティカル・パスとは、一般のプロジェクトや開発・製造プロセスなどで、全体のリードタイムを決定する一連の工程のこと。プロジェクト管理、プロセス管理等で用いられる考え方。


例えば、製品開発プロジェクトにおいて、ある技術を実現しないと次の開発工程に進めないというケースを考える。この場合、プロジェクト全体のリードタイムは、同時並行では進められない工程をプロジェクト全体について並べた、一連の工程のリードタイムとなる。これらの工程はそれぞれが完了しないと次に進めることができないので、いずれの工程が遅れてもプロジェクト全体のリードタイムに影響が出る。


工程を同時に進めることができる場合は、その中で最も長いリードタイムの工程が全体のリードタイムを決定する。


プロジェクトを最短化するためには、クリティカル・パスをいかに短くするかを考える。そして、全体のリードタイムが予定より長くなった時には、クリティカル・パスの中の工程を短縮するための施策を検討する必要がある。 クリティカル・パスを管理して工程短縮などの検討をするためにプロジェクト・スケジュールを図表で表したものを「ネットワーク図」「PERT図」などと呼ぶ。 なお、医療分野では、患者の入院から退院までの診療計画表をクリティカル・パスと呼ぶ。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

関連用語

  • リードタイム
  • PERT(Program Evaluation and Review Technique)
  • ネットワーク図
  • クリティカル・チェーン

アクセストップ10

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

MBA体験クラス

経営の理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

クリティカル・パスのような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

クリティカル・パスとは|MBA用語集のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ