MBA用語集

カテゴリー:論理思考・問題解決

不適切なサンプリング

不適切なサンプリングとは、帰納法で考える際、選び出したサンプルが、全体集合を代表するようなものではないこと。結果として引き出された結論は、一般論として不適切になってしまう。帰納法を使って論理展開を行う際の、チェックポイントの1つ。


例えば、「ソニーの育児補助制度は充実している」「ベネッセの育児補助制度は充実している」「P&Gの育児補助制度は充実している」ということから、「有名企業の育児補助制度は充実している」という不適切な結論を導いてしまうこと。 いずれも大企業をサンプルとした、正しい情報だといえる。しかし、これらの事例から「有名企業は…」などと一般化しては、誤った結果を得ることとなる。事実、有名企業であっても規模の小さい会社などは、育児補助をしたくてもとても経営的に成り立たないというところが少なくない。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

関連用語

アクセストップ10

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

MBA体験クラス

論理思考・問題解決の理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

不適切なサンプリングのような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

不適切なサンプリングとは|MBA用語集のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ