MBA用語集

カテゴリー:アカウンティング

損益分岐点break-even-point

損益分岐点とは、損失と利益が分岐する点、つまり利益がゼロとなる状態(売上レベル)のこと。

この利益ゼロの状態での売上高、あるいはコストを知ることによって、会社の損益予測、あるいは「ある一定のコストの下で利益を出すために最低限必要な売上高」、さらには「ある一定の売上高の下で利益を出すために必要なコストダウンの金額」などを予想できる。このツールのことを損益分岐点分析という。

損益分岐点分析は、売上目標を立てるときだけでなく、会社全体の収益構造を変えようとするとき、あるいはプロダクト・ミックスを考える際など、非常に多くの意思決定の場において活用できる。したがって損益分岐点分析は、経営者にとっては最善の意思決定を下していくうえで不可欠なツールと言える。

損益分岐点を計算する際には、まず全ての費用を変動費と固定費に分けることが必要になる。次に、そこで得られた変動費と固定費を使って、損益分岐点売上高を計算する。変動費、固定費、売上高と利益には、以下のような関係が成り立っている。

売上高 - 変動費 - 固定費 = 利益

ここで「売上高 - 変動費」を「限界利益」で置き換えると、

限界利益 - 固定費 = 利益
限界利益 = 固定費 + 利益

損益分岐点売上高とは「利益=0」のときの売上高なので、損益分岐点売上高では、

限界利益 = 売上高 × 限界利益率 = 固定費

が成り立つ。したがって、

損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益率

となる。

さらにこれを使って、一定の目標利益を達成するための売上高も算出することができる。つまり目標利益を達成するためには上記計算式において、

限界利益 - 固定費 = 目標利益

が成り立っていなければならない。したがって、目標利益を達成するための売上高は、

目標利益達成売上高 = (固定費 + 目標利益) ÷ 限界利益率

で計算できる。
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

関連用語

アクセストップ10

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

MBA体験クラス

アカウンティングの理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

損益分岐点のような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

損益分岐点とは|MBA用語集のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ