MBA用語集

カテゴリー:組織行動学・リーダーシップ

状況応変型リーダーシップversatility leadership

状況応変型リーダーシップとは、パス・ゴール理論を実践的に単純化し、現実的な運用を目指したリーダーシップ・モデルの1つ。


状況応変型リーダーシップ・モデルは、自分と相手のタイプを4領域から選択し、相手のタイプに意識的に適合するコミュニケーション・スタイルを実践することを主張している。この点で、条件適合理論モデルの1つに分類できる。


状況応変型リーダーシップ・モデルは、リーダーの「思考パターン」と「コミュニケーション・パターン」の2軸の組み合わせにより、リーダーシップ行動を定義している。「思考パターン」の軸は、感情重視型か論理重視型かを示し、「コミュニケーション・パターン」の軸は、結果重視型か要因重視型かを示している。この2軸によって、4種類のリーダーシップ・スタイルが定義される。すなわち、論理と結果を重視する「結果重視型(directive)」、論理と要因を重視する「分析重視型(analytical)」、感情と結果を重視する「理念重視型(expressive)」、感情と要因を重視する「感情重視型(amiable)」である。


結果重視型はいわゆる組織のボス的な存在で、手順や詳細な言い訳などには無頓着だが、結論や結果にはこだわる。分析重視型は、論理性にはこだわるが、結果よりもむしろ経緯や手段、緻密さを重視する。理念重視型は、論理的な行動結果よりも行動の主義や理念を優先し、「筋を通す」こと、あるいは理念にそった行動を重視する。感情重視型は、論理的な整合性よりも人間感情を重視し、かつ行動結果よりも人間関係の維持を重視する。 なお、状況応変型リーダーシップは、1990年代初頭よりゼネラル・エレクトリック(GE)のリーダーシップ研修などで活用されている。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

関連用語

アクセストップ10

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

MBA体験クラス

組織行動学・リーダーシップの理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

状況応変型リーダーシップのような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

状況応変型リーダーシップとは|MBA用語集のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ