MBA用語集

カテゴリー:交渉術・ゲーム理論

混合戦略mixed strategy

混合戦略とは、同時進行ゲームにおいて、「絶対優位」「絶対劣位」「ナッシュ均衡」という考え方だけで戦略が定まらない場合、さまざまな打ち手を混ぜて使うこと。

例えば、サッカーのペナルティ・キックでは、キッカーがゴールキーパーと1対1で対峙しシュートを行う。キーパーはあらかじめシュートの方向を予測して、キッカーがボールを蹴ると予測した方向に動き出す。従って、PKは同時進行ゲームと言える。

仮にシュートの決まる確率が、図示の通りだとする。このキッカーが左サイドをねらったとき、キーパーが右に動けばシュート成功率は90%、左に動けば40%となる。また、キッカーが右サイドをねらった場合、キーパーが左に動けば成功率は60%だが、右に動けば30%となる。

しかし、キーパーの動きをランダム化することによりシュート成功率を低めることができる。このように、ある確率に基づき、自分の動きをランダム化する戦略が混合戦略である。

なお、ゲーム理論では、左か右かというように、どちらか一方の選択肢を選ぶ戦略を「純粋戦略」(Pure Strategy)という。PKの場合、キッカーもキーパーも相手の出方によって自分が取るべき戦略が異なってくるため、絶対優位の戦略や絶対劣位の戦略、ナッシュ均衡を満たす純粋戦略は存在しない。
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

関連用語

アクセストップ10

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

MBA体験クラス

経営の理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

混合戦略のような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

混合戦略とは|MBA用語集のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ