MBA用語集

カテゴリー:ファイナンス

間接金融indirect finance

間接金融とは、投資家から直接資金調達するのではなく、銀行などの金融機関から融資を受ける資金調達の形態。

資金調達には大きく直接金融と間接金融がある。

銀行は多くの貸し手(預金者)から資金を集め、その資金を多くの借り手に融資する。預金者にとっては、銀行が破綻しない限りは、仮に特定の融資先が破綻したとしても資金は戻ってくる。

従来、日本企業の資金調達は株式と間接金融の銀行借入が中心であった。貸し手のリスクは銀行が負い、銀行はその企業のメインバンクとして資金需要を支え、資金ショートを起こさないようにする。そのため企業の経営は、メインバンクの意向に左右される面もあった。

しかし、バブル崩壊以降は、銀行の体力低下や、金融自由化などの環境変化から、急速に直接金融が進んだ。また、間接金融の中でも、非銀行系のノンリコースローンや、不動産の証券化など、新しい手法も登場している。
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

関連用語

アクセストップ10

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

MBA体験クラス

ファイナンスの理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

間接金融のような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

間接金融とは|MBA用語集のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ