グロービス経営大学院

ドラム・バッファー・ロープとは・意味

カテゴリー:IT・オペレーション

ドラム・バッファー・ロープdrum buffer rope

ドラム・バッファー・ロープとは、ボトルネックとなる工程に注目し、生産スケジュールを最適化するための手法。進む速度の違う人を縦一列に並べて進行する様子を喩えにした考え方。


SCM(サプライチェーン・マネジメント)を支える制約理論(TOC)において、スループットを最大化するために用いる。


喩えで説明すると、行列の人を互いに『ロープ』で繋げて、『ドラム』の音に合わせて行列を進める。行列のスピードは最も遅い人よりも早く進むことはできないので、その制約条件下で、行列をもっとも効率よく進ませる考え方である。進むスピードを最も遅い人に合わせて『ドラム』を鳴らし、全体の同期を取る。さらに、先頭と最も遅い人を『ロープ』で繋ぐことで、先頭は最も遅い人が『ロープ』の長さ以上離れない速度で進み、行列の長さが広がることを防ぐ。一方で『ロープ』をある程度長くすることで前後の距離(『バッファ』)を取り、最も遅い人の前を進んでいる人が何らかの理由で遅れても、最も遅い人が前にぶつかることを防ぐ。 生産工程に置き換えると、行列の人は生産などの工程、先頭は先工程、後ろは後工程となる。『ドラム』とは生産計画での資材調達計画や生産開始の指示のタイミングで、全体の生産計画をボトルネックとなる最も遅い工程から考える。『ロープ』とは、資材調達など上流の工程を最も遅い後工程の進捗と同期する仕組みである。『行列が広がる』とは、その工程間の在庫が増大することであり、逆に『前の人にぶつかる』とは前工程から来る仕掛の在庫がなくなり工程が停まることである。全体の進むスピードは最も遅い工程に同期しているため、もしも他の工程が一時的に止まってもロスは取り戻せるが、最も遅い工程を止めてしまうとロスした時間は取り戻せない。そのため、最も遅い工程の次の工程に待たされることの無いよう『バッファ』をもたせることが必要である。


この考え方に基づき、生産スケジュールと生産工程の進捗を最適化することが可能である。 最近では、大手肌着メーカーのグンゼ宮津工場がドラム・バッファー・ロープ(DBR)を導入した。染色工程がボトルネックとなることを分析し、染色工程を軸にしたDBRにより生産計画を改善して、納期短縮を実現している。3600種類もの品目があり、海外生産では納期が最長3ヶ月のところを宮津工場では5週間の目標で納期達成率を従来の40%から80%まで改善し、生産リードタイムも25日から15日に短縮した。これによって、色とりどりの生地をつかった「ボディワイルド」の生産に対応している。

関連用語

アクセストップ10

必須スキルを無料の動画で学びませんか?
GLOBIS BUSINESS TIPS

あらゆるビジネスパーソンにとって必須といえるビジネススキルをグロービス経営大学院に登壇する教員たちが紹介します。動画をご覧いただくためのURLをご登録いただいたメールアドレスにお送りします。ぜひスキルアップにお役立てください。

ビジネス基礎力

クリティカル・シンキング

ビジネス基礎力 クリティカル・シンキング 動画

視聴時間 48:45

仕事で活躍するために身に付けておくべき「クリティカル・シンキング(論理思考)」とは?書籍を読むだけでは身に付けることが難しい、「実務で使える論理思考力」を体感し、「実務で使える」ように変えていく方法をお伝えします。

荒木 博行

グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長

ビジネス・プレゼンテーション

ビジネス基礎力 ビジネス・プレゼンテーション 動画

視聴時間 58:26

ビジネスを進めていく上で重要な「伝える力」としての「ビジネス・プレゼンテーション」。さまざまな場面で聴き手の理解を促し、行動してもらうにはどうしたらよいのか。緊張して思ったように話せない人、聴き手に刺さるプレゼンをしたい人は必須!

島根 宏幸

グロービス経営大学院 教員

ビッグデータ時代の数字力

ビジネス基礎力 ビッグデータ時代の数字力 動画

視聴時間 57:39

ビジネスを進めていく上で重要なデータを分析する力を身に付ける「ビジネス定量分析」。この授業では、闇雲にデータをExcelで加工するだけの分析でなく「意味のある分析」を行うために必要となる基本的な考え方やアプローチ方法を学ぶ。

鈴木 健一

グロービス経営大学院 教員

マーケティング戦略

ビジネス基礎力 マーケティング戦略 動画

視聴時間 57:36

日常的な企画力、提案力を向上させるためにも必要な「マーケティング」。価値を顧客に届けるためにも重要な「マーケティング戦略の立案」のポイントを、基本的なフレームワークの意味や使い方から学んでいく。

村尾 佳子

グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長

経営戦略

ビジネス基礎力 経営戦略 動画

視聴時間 54:54

日々劇的に動くビジネス環境の変化を確実に捉え、成果を出し続けていく為に必要な「経営戦略」。ビジネス環境の変化を、経営のフレームワークを用いて正しく捉え、そして解釈していく方法を学ぶ。

荒木 博行

グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長

志(キャリア)の考え方

ビジネス基礎力 志(キャリア)の考え方 動画

視聴時間 56:02

自身が人生において何を成したいのかを考え、キャリアを築いていく為にベースとなる「志」。パッと聞くと、捉えどころがなく、何となく自分とは縁遠いように感じてしまう「志」とは、そもそもどんなものなのか? なぜ「志」が重要なのか?

田久保 善彦

グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長

リーダー基礎

ビジネスリーダーの基礎力

リーダー基礎 ビジネスリーダーの基礎力 動画

視聴時間 48:45

メンバーをうまく動かせない、別の部署を巻き込めないなど、リーダーの悩みは尽きない。すでにリーダーの人だけでなく、これからリーダーになりたい人も、心がけておきたい「グロービス流ビジネスリーダーの基礎力10」。

田久保 善彦

グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長

荒木 博行

グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長

村尾 佳子

グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長

金澤 英明

グロービス経営大学院 教員

活躍するグロービスの
在校生・卒業生

創造と変革の志士たちとして活躍している卒業生・在校生をご紹介します。
様々な試練と自らの成長を楽しみ、社会に貢献している学生の活躍をぜひ応援してください。

MBA体験クラス

経営戦略の理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

ドラム・バッファー・ロープのような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

  • App Store からダウンロード
  • Google Play で手に入れよう
  • LINEで送る

ドラム・バッファー・ロープとは・意味のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。