MBA用語集

カテゴリー:人材マネジメント

コンテクスト、コンテントcontext、content

コンテクスト、コンテントとは、コミュニケーションの拠り所。コンテクストとは「状況や関係」のことであり、コンテントとは「言葉、数字など耳から聞こえる、目で見える情報」を指す。

「暗黙の了解、一を聞いて十を知る」という前提が成り立つ日本人のコミュニケーションスタイルは、ハイコンテクストのものである。それと対照的に、欧米諸国の多くはハイコンテントなコミュニケーションで、実際に言った言葉に比重が置かれる。

グローバル・ビジネスの様々な局面で、日本人マネジャーのマネジメント能力が問われている。この原因の1つが、コンテクストに依存した日本人のコミュニケーションスタイルにあるという。多様性が高いグローバル組織の環境では、コンテクストに依存したスタイルよりも、コンテントが明確なコミュニケーションが求められるからである。グローバルな環境で日本人マネジャーがしなければならないのは、コンテクストフリー(関係や状況に左右されない)の状況で発揮できる能力を身につけることである。

具体的には、明確な言葉、明確なロジック、明確な思考の枠組みというコンテンツで意思疎通を行えるスキルを習得することである。
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

関連用語

アクセストップ10

グロービスの用語集スマートフォンアプリでもご覧いただけます

MBA体験クラス

人材マネジメントの理論をビジネスに
活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

コンテクスト、コンテントのような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービス経営大学院なら、実際の企業の事例を用いた分析やディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。「分かる」だけに留まらず、仕事で「使える」ようになるために。

グロービスでは、定期的にMBA体験クラスを開催しています。

MBAのクラスが実際にどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができるのか?体感していただけます。ぜひご都合の合う機会に各キャンパスにお越しください。一科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」もございます。

まずは「体験クラス&説明会」の日程をご確認ください。

コンテクスト、コンテントとは|MBA用語集のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ