女性にとってのMBA

自分のことをちゃんとわかって
あげれば道はひらける!

vol.6 自分のことをちゃんとわかってあげれば道はひらける!

自分の限界を分かっているから、生き方を深く考えられる。
心と身体の声に耳を傾けながら、ベストを尽くすのがワタシ流!

神田さん

公私にわたりエネルギッシュな神田さんが選んだ最後のテーマは「病気」という意外なもの。つらい経験を乗り越えて、その教訓を毎日の活力に変えています。

最後のテーマは「病気」ですが、過去に病気をされたとか、そういうご経験に基づくセレクトなのでしょうか?

神田さん はい。実は私、やっかいな持病があって3年ほど前に手術をしているんです。おかげさまで経過は良好で、元どおりの生活を送れるようになりましたが、その時に命のリミットを意識したことで、人生観が変わったというか、自分の生き方について深く考えるようになりました。病気とうまく付き合いながら、キャリアやライフスタイルを築き上げるにはどうしたらいいかなぁと。最初にお話したように営業経験の棚卸をして次にどうありたいか、どうしていくのが自分にとっていいのかを見極めるために、グロービスでの勉強を始めようと決心したのも、元をたどればその病気がきっかけなんです。

榊原さん 身体は取り替えがきかないから、長く上手に付き合っていくしかないよね。でも、そんな病気をした人とは思えないくらい、グロービスでも精力的だったよね。

神田さん そうそう。早く修了して、どんどん仕事に活かしたい!っていう気持ちが強まって。勉強でも何でも、今できることを全力でやりたいって思うようになった。手術の前後2年くらいで、ホットヨガに通うようになったんだけど、そこのコンセプトはずばり「その日の自分の限界に挑戦する」。心身のコンディションは毎日違うから、昨日のベストは今日出せないかもしれないし、反対に今日は昨日のベストを越えられるかもしれない。そういう中で、その日その時のベストを尽くすことをめざしてるの。

岡内さん すごいモチベーションの高さ! 実際、体力がつくだろうし、気持ち的にもタフになりそうだね。ほかに健康のためにやっていることは?

神田さん 岡内さん

神田さん 食事に気をつけたり、座りっぱなしにならないようにすることかな。あとは、心のリフレッシュも大事だよね。私は生産性の低下がストレスのサインだと思っていて、そういう状況になったら家族や、友達や、社内外にいるメンターに会って、いっぱい話を聞いてもらう。それだけで、ずいぶん心が軽くなるから。

榊原さん ストレスって自分で気づけない人も多いよね。心身のバランスをくずしてからでは遅いから、神田さんみたいにサインを見逃さないようにしないと。ちなみに私は、お客さんの前で自然に笑えなくなってきた時が危険信号。自覚したら無理しないように気をつけてる。

神田さん 絶対それがいいと思う。さっき話したように、今できることを精一杯しようと常々思ってはいるけど、限界を超えてまで突き進んじゃうとどこかでひずみが出てくる。仕事もして子育てもして、人から見るとスーパーウーマンみたいに見えるかもしれないけど、普通に疲れるし、病気だってするし、万能じゃないってことを自分に、それから周りにもわかってもらわないと、どこかで無理が来ちゃうんじゃないかな。

岡内さん ものすごく説得力があるね。大病こそしてないけど、私もあまり丈夫なほうじゃないから気をつけなきゃ。神田さんもあまり無理しないでね。

神田さん ありがとう。今回あえて病気というテーマを選んだのは、そういう注意喚起をしたかったのと、私みたいに病気を抱えながらでも、ワーママとしてがんばっていけるんだってことをお伝えしたかったからなんです。少しでも似た境遇の方にとっての励みになれますように!

編集部まとめ

今回の主役・神田さんが選んだ「キャリア」「チームワーク」「病気」の3テーマでお送りしたトーク、いかがでしたか?

いきいきと働ける、より最適な場所を求めてキャリアを歩んでこられた神田さん。個人主義の営業職からチームワークや調整力・交渉力を求められる仕事、より経営に近い上司の元での仕事へと、学ぶことで自らを磨きながら進化を遂げてこられました。

神田さんのお話をお伺いしていると、病気という予期せぬトラブルに見舞われた経験さえも自分の限界を知る良いきっかけになったと、何事もポジティブに捉えるメンタリティが息づいていることに気付かされます。

何かをしなければと思いながら、何をしていいのかわからない。そうした迷いの中にある時は、自分の気持ちに素直に向き合って、行動を起こしてみることが大切なのかもしれませんね。行動するには勇気が必要ですが、ためらったまま何もせず後悔するよりもずっといい。その日、その時にベストを尽くすという神田さんの前向きな生き方がそのお手本になるのではないでしょうか。

神田 たくみさん

主役・神田さん振り返り

普段から親しい人に自分の思いを語り、頭の中を整理するようにしています。このメンバーでお話するのは初めてでしたが、そんな気がしないくらいリラックスして語り合うことができました。グロービスで学んだワーキングママ同士、分かり合える部分が多かったからだと思います。有意義な時間をありがとうございました。

岡内 彩さん

岡内さんからエール

心身のコンディションに合わせて、その日その時のベストを尽くすという考え方、すごく心に響きました。お身体に気をつけて、元気にがんばっていただきたいです!

榊原 有里さん

榊原さんからエール

これまでのいろいろな経験が今の神田さんをつくり、輝かせているんだなと改めて感じました。何事にも前向きでバイタリティがあるので、今後のご活躍が楽しみです。

  • LINEで送る

自分の限界を分かっているから、生き方を深く考えられる。心と身体の声に耳を傾けながら、ベストを尽くすのがワタシ流!のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。