医療従事者×
グロービスのMBA

ひとりの医療従事者としてだけではなく、
医療組織を導くリーダーに。

病院経営や若手医療従事者の育成、多職種のメンバーで実行されるプロジェクトのマネジメントなど、これまで得てきた医療現場の知見だけでは対処できない課題を、グロービスで培った知見で解決に導いています。

医療の知見だけでは解決できない課題に向き合う人へ

高齢化の加速、医師不足、労働環境の悪化、医療費の増大など、医療における社会課題は尽きることはありません。それに伴い、昨今の病院経営・医療組織の運営は、安定的に医療提供できる組織の構築や、多職種のメンバーで実行されるプロジェクトのマネジメント、一人一人の患者にあった医療提供体制の構築など、医療の知識だけでは対処できないものが増えています。一方で、医療従事者がそれらの知識を学ぶ機会は、少ないのが現状ではないでしょうか。

医療における昨今の社会課題に立ち向かうためには、多様な人材を活かす組織・人事の考え方や患者のニーズに寄り添うマーケティング的な視点、そして持続可能な病院経営を行う財務的な知識が欠かせません。また、テクノロジーの進化を活用し、医療の力を最大化する発想も、これからますます求められるようになるでしょう。加えて、社会課題を広く捉えて、視座高く解決に向けて挑戦し続けるリーダーシップも不可欠です。

グロービスでは、それぞれの病院や地域のリーダーとして、医療の課題に真正面から向き合う人に必要な知識・思考力を得る機会を提供しています。

医療従事者がグロービスで学ぶ理由

実務さながらのディスカッション形式の授業

1. 実務さながらのディスカッション形式の授業

グロービスの授業は、教員の話を一方的に聴くという講義型のスタイルではありません。ケース(企業事例)をもとに、さまざまな業界業種の仲間たちと「実際に、自分がその状況に立たされたならどうするのか?」という問いについてディスカッションしながら、意思決定や問題解決のポイントを学んでいきます。

全ての科目を通じて思考力を徹底的に磨く

2. 全ての科目を通じて思考力を徹底的に磨く

授業で扱うテーマは、ビジネスの基本の3要素の「ヒト(リーダーシップや人事組織)」「モノ(戦略・マーケティング)」「カネ(会計・財務)」の基礎を学ぶだけではなく、「創造」や「変革」「思考」「志」など、正解のないビジネスにおける課題に自らの頭で考え抜き、最適解を導き出す力を鍛えます。

ビジネスサイドの仲間と出会い、ともに成長する仕組み

3. ビジネスサイドの仲間と出会い、ともに成長する仕組み

グロービスにはさまざまなテーマ(テクノロジー・起業・ソーシャルビジネス・キャリアなど)で語り合い、多様なバックグラウンドを持つ仲間たちと未来を描くクラブ活動が多数あります。普段なら出会わないビジネスサイドの人たちとのネットワークが大きく広がります。

医療従事者の方へのおすすめ科目

企業の理念と社会的価値

自社の社会的な存在意義を多面的に考える。

オペレーション戦略

戦略を実現するためのマネジメントを学ぶ。

テクノベート・ストラテジー

テクノロジーが進化する時代の経営のあり方を考える。

活躍する卒業生・在校生

医療従事者たちの活躍

大杉 泰弘 黒田 亮太

新型コロナウイルス・ワクチン接種における逆転の発想オペレーション 「宇美町方式」「トヨタ自動車とのコラボレーション」は何がカギなのか~大杉泰弘×黒田亮太

総合診療医
藤田医科大学 連携地域医療学准教授
藤田医科大学 総合診療プログラム責任者
豊田地域医療センター副院長

大杉 泰弘さん

株式会社総合医療コンサルタント黒田塾 塾長
八木病院救急科・鹿児島市立病院救急科 非常勤

黒田 亮太さん

大山 尚貢 河野 健一 福井 悠

医師がビジネスを学ぶ理由~志を原動力に、実現したい世界とは~大山尚貢×河野健一×福井悠

ノバルティスファーマ株式会社 執行役員 臨床統括部 統括部長

大山 尚貢さん

株式会社 iMed Technologies 代表取締役 CEO 医師

河野 健一さん

医療法人シンシアエージェンシー 理事長

福井 悠さん

学生の声

卒業後の変化・キャリアアンケート

卒業後のキャリアの変化は?

ポジティブな変化

91.6%

卒業生の91.6%が処遇・キャリアの面でポジティブな変化を経験。

自分が思い描くような人生に近づいている?

近づいている

93.4%

回答者の93.4%が、自分が思い描く人生に近づいていると回答している。

自分の可能性を
信じたい人へ。

仕事の成果につながる実践力を磨くこと。時代の変化に適応する力を得ること。業界・年代の垣根を超えて、多様な仲間に出会うこと。対話を通じて、知らなかった自分に気付くこと。学ぶ機会が卒業後も続くこと。「自分を変えたい」「周りの人を幸せにしたい」「社会の役に立ちたい」というその想いが実現できるように、グロービスは一生涯にわたって皆さんとともに歩み続けます。

さまざまな社会人に選ばれる理由Reasons to be selected by various members of society

よくあるご質問FAQ

  • 経営を学んだことがない初学者でも受講できますか?

    ほとんどの学生が経営を初めて学ぶ方ですので、問題なく学んでいただけます。グロービスでは「クリティカル・シンキング」で論理思考力のベースを鍛え、「マーケティング・経営戦略基礎」「アカウンティング基礎」といった「基本科目」で「ヒト・モノ・カネ」といった各領域の基礎知識とそれらを実務で活かす基本的な方法論を学ぶため、初学者でも安心して学び始められます。

    また、本科生入学前に1科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」あり、「授業についていけるのか」「仕事と両立できるのか」といった点を受講しながら確認できます。ぜひご利用ください。

  • 初めて受講するのですが、どの科目から受講すればよいですか?

    論理思考力を鍛える「クリティカル・シンキング」からの受講をおすすめしています。初受講の方の約7割がこの科目から受講をスタートされています。また、約2割が経営の基礎的な知識を実践レベルまで身につける「マーケティング・経営戦略基礎」を選ばれています。どのような業界職種の方でも必要となる力を鍛えるこれらの科目は、初めて受講される方におすすめです。

  • シフト勤務のため受講を続けられるか不安なのですが、大丈夫でしょうか?

    シフト勤務でスケジュールが流動的な方であっても、授業振替制度を利用しながら学び続けていただけます。

    授業振替制度を利用いただくと、同一期内に複数日程のクラスを開講している科目の場合、欠席回を他の日に振り替えて受講可能です。別のキャンパスのクラスはもちろん、オンラインのクラスでも受講できます(オンラインクラスに所属している方が、各キャンパスでのクラスで受講することも可能です)。授業振替制度などの各種制度については、
    こちらをご確認ください、

    また、大学院(MBA)の授業を1科目(3ヶ月)から受講できる「
    単科生制度」を利用いただくと、仕事との両立が可能かどうかご自身で確認することができますのでご検討ください。

  • 動画視聴型のオンラインMBAとは、どこが違うのでしょうか?

    グロービスのオンライン授業は、録画された動画を視聴する一方通行の形式ではなく、教員や学生とオンライン上でディスカッションしながら双方向に学ぶ形式です。授業では実務で活かせる「思考力」を磨き、汎用性の高いビジネススキルを習得します。そのカギとなるのが、リアルタイムで行うディスカッションです。自らの頭で考え、意見を出し、教員や学生からフィードバックを受ける。このサイクルを繰り返すことで、動画を視聴する授業では養えない実務で使える力を鍛えられます。詳細はこちらをご覧ください。

  • 受講前に、どのような授業が行われるのか体験できる機会はありますか?

    各キャンパス(東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・オンライン)、特設キャンパス(横浜、茨城水戸)にて「体験クラス&説明会」を随時開催しておりますので、ぜひご参加ください。参加費は無料です。開催日程はこちらのページからご確認いただけます。