活躍する卒業生・在校生

学生の声

武田 周子さん武田 周子さん

自分の可能性を
信じる大切さを
教えてくれた場所。

カゴメ株式会社
経営企画本部経営企画室 主任

武田 周子さん Chikako Takeda

PROFILE

神戸大学卒業後、カゴメ株式会社に入社し、国内営業、マーケティング、営業政策部門を経て、現在は経営企画に従事。プライベートでは、2児の母として仕事×育児×学びを融合させながら、志の実現に向けて日々邁進している。

※肩書はインタビュー当時のものです

自己流・自社流の仕事の進め方に危機感を覚えた。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

営業から本社マーケティング部門に異動になり、これまでの知識だけではとても仕事を進められない状況に愕然とし、友人からの紹介でグロービスに駆け込みました。

本格的にMBA取得を考え始めたのは、全社横断のプロジェクトに参画してからです。このプロジェクトでは、全社を俯瞰し、他部門と連携しながら方針を策定し実行していく必要があったのですが、なかなか思うように進まず、自分の実力不足を身に染みて感じました。また、プロジェクトに参画していたコンサルタントの仕事の進め方が非常にスマートかつスピーディーで、これまでの自己流、自社流の仕事の進め方に危機感を覚えました。

自身の学びの必要性を痛烈に感じたと同時に、自分が経営を体系的に学ぶことで自社の成長に貢献したいという想いも重なり、MBA取得を決意したのです。

仕事と家庭を両立できる「通いやすさ」と実務に使える「実践性」。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

さまざまな大学院を検討しましたが、その中でグロービスを選択したのには、2つの理由があります。

1点目は、仕事・家事・育児との両立を実現できそうだ思ったこと。平日夜間や土日にも開講されており、授業をやむを得ず欠席した場合も他のクラスへ振替受講できる制度があること、オンラインクラスも選択できることなどが魅力でした。

2点目は、グロービスの授業がとても実践的であったこと。教員がビジネスの第一線で活躍されており、ビジネスの現場を踏まえたリアルな学びを得ることができます。そのため、授業中に実務で抱えている課題の解決策に気づくことが多々ありました。さらに、授業でのディスカッションを通じて、最適解を導く経験を積み重ねることで、思考プロセスが自分のものとなり、実務で使えるようになる点にも魅力を感じました。

ありたい姿が明確になり、自分らしい生き方を歩めるように。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

成長意欲に溢れ切磋琢磨できる仲間、素晴らしい教員との出会いが大きな魅力です。出会いを通じ、日常の仕事とは異なる刺激や気づきを多く得ることでき、自分の視野が広がり、考えがより深まりました。卒業後も定期的に勉強会を行い、刺激し合うことでお互いを高められる仲間、ロールモデルとして背中を追いたいと思える人生の先輩の存在は、私の大切な財産です。

また、自分の「志」について深く考える時間を持てるのも、グロービスの魅力です。私は自分に自信が持てず、周囲の評価を気にしすぎる傾向がありました。しかし、自分の価値観を深める「企業家リーダーシップ」などのクラスを通じ、自分はどのようにありたいのか、どのような道を進みたいのかという志が明確になりました。そして、今は、周囲の目に躍らされることなく、自分らしい生き方を歩めるようになりました。

自分の仕事に常に「必ずやり切る」という覚悟を持って取り組むようになった。

― 卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

それまで漠然としていた「経営」について、体系的に捉えることができ、多面的な視点を持つようになりました。マーケティング・人事・財務といった経営を構成する「たくさんの点」が、学びを進めるにつれて「線で繋がり」、体系化されていった――そんなイメージです。現在の経営企画の仕事では、グロービスの学びをフル活用し、経営者の発言からその意図を理解し解釈し、さまざまな事業部へ展開し、ビジネスを推進しています。

また、仕事に「覚悟」を持って取り組むようになりました。入学前は「これでいいのだろうか」と迷いながら仕事を進めていましたが、グロービスで多くの仲間やリーダーたちの考えに触れ、「覚悟がある人が周囲から信頼され、フォロワーがついてくる」ということに気づきました。今は、自分の仕事に常に「必ずやり切る」という覚悟を常に持って取り組んでいます。

変化を恐れず、変身し続け、自らの人生を切り開く術を得た。

― グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

自分と向き合うことで、進みたい道を見極め、その道を進むための武器となる知識やフレームワーク、思考の深め方、そして共に切磋琢磨できる仲間を得ることができました。さらに道を切り開いていくためには、自らが成長し続ける必要があります。

そのために何をすべきか――グロービスでの学生生活で、2つ学びました。それは、「質の高いインプット(学び)とアウトプット(チャレンジ)を絶えず重ね続けること」、そして「変化を恐れず、変身し続ける自分であること」です。卒業してからも学ぶことを忘れず、新しいチャレンジを重ね、変身し続けることで、自ら人生を切り開いていきたいと思っています。

グロービスは自分の可能性を信じる大切さを教えてくれた場所。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

私にとってのグロービスは、いつも元気とパワーをくれる場所であり、これからの人生を歩むための支えとなる大切な2年間であったと確信しています。そして、自分の可能性を信じることを教えてくれた場所でもあります。

決して楽な2年間ではありませんでしたが、努力する価値は十二分にあったと実感しています。もし入学を迷っているのであれば、単科生制度を利用して、まず1科目だけでも受講してみることで、授業の質の高さや集まっている学生とのネットワークの価値をぜひ体感してください。

私の恩師は、「これからは変化し続けることが必須であり、変化しないことは後退しているのと同じだ」とおっしゃっています。グロービスでの学びにより、これまでの自分とは違う新たな成長を必ず得られると思います。ぜひ一歩踏み出すことをお勧めします。

他の学生の声を見る

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

武田 周子さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。