20代・30代×
グロービスのMBA

どこでも通用する力を、今、グロービスで。

目指すキャリアの実現のため。人生の選択肢を広げるため。多様なバックグラウンドを持つ社会人と学ぶグロービスのMBAは、次世代リーダーに必要なスキルと確固たる志を手に入れる場所となります。

チャンスは準備をしている人に訪れる

ビジネススクールで学ぶ動機は、「希望の部門へ異動したい」「新しいビジネスや商品を世に送り出したい」「どの業界、職種でも通用する人材になりたい」などさまざまです。MBA取得を目指す際に、20代・30代の人たちが意識しておくべきことは「若さ」です。

早い段階でビジネスの基礎力を身につけておくことは、その力を活かせる期間が長いということです。20代・30代の人たちは、これからの長いキャリアの間に、その後の人生を変える多くのチャンスにめぐり合うでしょう。その際、能力を高めておかなければ、手を挙げる勇気を持てないでしょうし、仮に機会を得られたとしても成果を出すことは難しいかもしれません。

できるだけ早いタイミングで能力を高めておくことは、チャンスを掴む可能性を高めることにつながるのです。

チャンスは準備をしている人に訪れる

グロービス経営大学院経営研究科 研究科長

田久保 善彦Yoshihiko Takubo

20代・30代がグロービスで学ぶ理由

変化の激しい時代でも成果を出せる能力を身につける。

1. 変化の激しい時代でも成果を出せる能力を身につける。

若い人たちがビジネスで成果を出す力を磨くには、仕事をしているだけでは決して得ることのできない、大量の意思決定の経験が必要です。また、こうした経験は読書や動画学習だけでも得ることもできません。さまざまな課題に対して、何度も自問自答を繰り返した上で導いた考えを周囲に伝え、議論を繰り返す中で、はじめて意思決定に必要な思考力を得ることができるのです。

教室の外でも、最新知を得られ、仲間と未来を語り合える場がある。

2. 教室の外でも、最新知を得られ、仲間と未来を語り合える場がある。

グロービスには、経営者・学者・メディアなど各界のトップリーダーの知見や志、情熱に触れられる合宿型カンファレンス「あすか会議」や多彩なテーマで活動している「クラブ活動」など授業以外にも学びの場が多数用意されています。教室の外でも対話を重ね、お互いに学び合うことを通じて、一生涯にわたって切磋琢磨できる仲間を得ることができます。

何のために働き、生きているのか。自らに問い続け、人生の軸を見つける。

3. 何のために働き、生きているのか。自らに問い続け、人生の軸を見つける。

グロービスには、自身の価値観と向き合い、仲間や教員との対話を通じて「自分らしさ」を発見し、「志」を醸成する機会が数多く用意されています。自身の内面と徹底的に向き合い、自分が心から実現したいと信じる「志」を育んでいきます。自分の内面から湧き上がってきた「志」は、これからの人生を豊かなものにしてくれるはずです。

20代・30代の方へのおすすめ科目

クリティカル・シンキング

これから学ぶ全ての科目の基礎力となる論理的に考える力を磨く。

パワーと影響力

周囲にいる人たちと組織全体を動かすための要諦をつかむ。

デザイン思考と体験価値

人間中心的な考え方と顧客体験価値を高める方法を学ぶ。

活躍する卒業生・在校生

若手ビジネスパーソンの活躍

勢村 祐美

キリンの健康領域を牽引するブランドマネージャーへ
キリンが経営の根幹に位置付けるCSVの先駆、「iMUSE」のブランド戦略に迫る

キリンビバレッジ株式会社
マーケティング本部 マーケティング部 商品担当 ブランドマネージャー

勢村 祐美さん

西浜 秀美

MRから事業開発へ
海外ベンチャーと"Unmet Medical Needs"に応える日々。躊躇せず、自分のできることを最大限やることで道は開ける。

アステラス製薬
事業開発部

西浜 秀美さん

学生の声

若手ビジネスパーソンの卒業後の変化

卒業後のキャリアの変化は?

ポジティブな変化

94.5%

卒業生の94.5%が処遇・キャリアの面でポジティブな変化を経験。

キャリアにおける有益度は?

有益だと思う

97.3%

回答者の97.3%が、ビジネスもキャリアも激変するこの時代においても、グロービスMBAが有益だと回答している。

自分の可能性を
信じたい人へ。

仕事の成果につながる実践力を磨くこと。時代の変化に適応する力を得ること。業界・年代の垣根を超えて、多様な仲間に出会うこと。対話を通じて、知らなかった自分に気付くこと。学ぶ機会が卒業後も続くこと。「自分を変えたい」「周りの人を幸せにしたい」「社会の役に立ちたい」というその想いが実現できるように、グロービスは一生涯にわたって皆さんとともに歩み続けます。

さまざまな社会人に選ばれる理由Reasons to be selected by various members of society

よくあるご質問FAQ

  • 経営を学んだことがない初学者でも受講できますか?

    ほとんどの学生が経営を初めて学ぶ方ですので、問題なく学んでいただけます。グロービスでは「クリティカル・シンキング」で論理思考力のベースを鍛え、「マーケティング・経営戦略基礎」「アカウンティング基礎」といった「基本科目」で「ヒト・モノ・カネ」といった各領域の基礎知識とそれらを実務で活かす基本的な方法論を学ぶため、初学者でも安心して学び始められます。

    また、本科生入学前に1科目(3ヶ月)から受講できる「単科生制度」あり、「授業についていけるのか」「仕事と両立できるのか」といった点を受講しながら確認できます。ぜひご利用ください。

  • MBAは大企業の経営に必要なものという印象が強いのですが、中小企業でも役に立ちますか?

    優れた経営者やリーダーに求められる要素は大企業も中小企業でも変わらないため、MBAの学びは十分役に立つと考えています。実際に、中小企業からも経営陣や管理職、そういったポジションを目指している方など多くの方が通われており、学びを活かし活躍されています。中小企業では、「ヒト・モノ・カネ」と呼ばれる経営資源が十分に満たされない中で舵を取る能力が求められます。ゆえに、中小企業のリーダーは、環境変化が激しい昨今の状況下において、その変化を的確に分析し、必要に応じて戦略を転換し、少ない経営資源でいかに効率的に戦うかという戦術を策定する力を磨いておくことは必須と言えるでしょう。

  • 卒業生の活躍について教えてください。

    「売上アップに貢献できた」「新規事業を立ち上げた」「起業した」「希望していた転職や異動希望が叶った」などさまざまな卒業生の活躍を「学生の声」ページでご紹介しています。また、卒業生のこれまでの成長や活躍を明らかにし、それに対してグロービスのMBAがどのように役立ったかを把握するために実施している「卒業生キャリアアンケート」については、こちらのページでご確認いただけます。

  • MBA取得は企業から評価されますか?

    急激な環境変化に対応するために意思決定のスピードも要求されるようになる中で、短期間で効率よく経営の幅広い知識やマネジメントスキルを身につけられるMBAプログラムは、日本企業からも注目されています。ただし、企業が評価するのはMBAという学位ではなく、MBAで学んだものを活かして実務で実績を出せることです。そのため、学びを通じて実績につながる能力、特性を身につけられるビジネススクールを選ぶことが重要になります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 受講前に、どのような授業が行われるのか体験できる機会はありますか?

    各キャンパス(東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・オンライン)、特設キャンパス(横浜、茨城水戸)にて「体験クラス&説明会」を随時開催しておりますので、ぜひご参加ください。参加費は無料です。開催日程はこちらのページからご確認いただけます。