女性にとってのMBA

自分のことをちゃんとわかって
あげれば道はひらける!

vol.6 自分のことをちゃんとわかってあげれば道はひらける!

自分がいきいきと働ける環境を手に入れるには......?
強みがあれば出産後の転職だって怖くない!

神田さん

働く女性なら誰しも意識する「キャリア」が最初のテーマ。営業職を軸に転進を続け、学びを経て新たな道を切り開いた、神田さんの軌跡に迫ります。

神田さんはこれまでに転職を4回経験されていますが、これはご自身の「キャリア」に対する価値観に関係しているのかなと思ったのですが。

神田さん 当初はキャリアアップを強く意識していたわけじゃなかったんですけど、その会社で身につけられる業界知識やスキル、人脈がある程度満たされると、新しいチャレンジをしてみたくなるんです。それに加えて、徐々にポジションを上げていきたいっていう意識に変化していって、転職につながっていくパターンが多かったかもしれませんね。

岡内さん 社内の別の部署に移るとかじゃなくて、即転職を決めちゃうの? 結構勇気がいると思うけど。

神田さん 異動ももちろん検討する。上司や人事へ相談したり、社内のジョブ・ポスティング(公募)をチェックしたり。でもその時に適当なポジションがなかったりタイミングが合わなかったりすると、転職も選択肢に入れる感じ。

榊原さん 神田さんは結婚を機に東京から名古屋に来たんだよね。見ず知らずの土地で転職するのは大変じゃなかった?

神田さん それまで東京で積み上げてきたキャリアや人間関係をリセットしなきゃいけないっていう不安はもちろんあったけど、働かない自分は想像できなかったから、自分の武器である営業職で転職先を見つけたの。今はもう営業ではないんだけどね。

岡内さん あ、そうなんだ。また新しいことに挑戦してみたくなったのね。

神田さん そう。ずっと営業畑で、もう少しマネジメント寄りの仕事もやってみたいと思うようになった。でもその前に一度自分のキャリアを棚卸して、今までの経験をどう活かすかを考えてみようと思って、グロービスに通うことにしたの。それがちょうど出産時期とも重なって、産休・育休期間を利用して通ったんだ。

榊原さん

グロービスに通ったことは、転職でプラスに働きましたか?

神田さん はい。これまでの経験で培ってきた営業のスキルに、経営者目線で考える思考力も自分の中に備わったことで、営業が現場で最大限のパフォーマンスを出せるよう、サポートできますって胸を張ってアピールできるようになりました。グロービスで熱い仲間たちに囲まれて、自分自身、そしてメンバーの能力開発に対するモチベーションも上がりましたしね。これまでの実績や経験を評価してくれる今の会社とめぐり会えたのもグロービスに通ったおかげだと思っています。希望通り、営業経験を活かしつつ、社内のオペレーションに関わる仕事や、会社の経営により近い上司のもとで仕事もさせてもらっていて、仕事の幅を広げることができました。

岡内さん 育休中にグロービスに通って転職っていうのは、榊原さんと似てるね。転職って家庭の事情とか会社への不満が募って仕方なく......というイメージがあったんだけど、なりたい自分に近づく選択肢の一つとしてポジティブにとらえればいいんだね。

神田さん うん。私、今回の転職でワーキングママであることが不利になるかなって不安もゼロではなかったんだけど、今まで積み重ねてきたキャリアに加えて何か武器になるものがあれば、ちゃんと認めてもらえるんだってわかったの。興味がある、チャレンジしたい、と手を挙げたらチャンスをもらえて、例えば入社1年にも満たない中で、海外出張にも行かせてもらった。子どもが小さかろうが、親を介護していようが、働く時間がたとえ限定的だったとしても、自分を活かせる場所は必ずある、チャンスはつかめる、と思えるようになった。

榊原さん ライフステージに合わせて、キャリアアップできるってことだよね。神田さん、このままでは終わらない気がする(笑)。

神田さん そうかもね? ちょうど、グロービスでの学業が一区切りついたので、普段の仕事の中で、その仕事の幅を広げて行ったり、社内外のプロジェクトに加わったり。とにかく自分がいきいきと働けるかどうか。それが一番大事!

  • LINEで送る

自分がいきいきと働ける環境を手に入れるには……?強みがあれば出産後の転職だって怖くない!のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。