女性にとってのMBA

頼もしき"良妻賢母"をめざす
今とこれから

vol.5 頼もしき"良妻賢母"をめざす今とこれから

自分や家族のために培ってきた経験&ノウハウ......
次は誰かのために役立てたい!

岡内さん

社会がより良くなることを願う一方で、日常に追われて行動を起こせずにいる人は多いはず。岡内さんもその一人でしたが、病児保育や地域の防犯など身近な「社会問題」に向き合おうとしています。

岡内さんは学生時代に海外でボランティア活動に参加した経験もおありだとか。もともと「社会問題」に関心があるんでしょうか?

岡内さん 確かに関心はあるんですけど、仕事や家庭をもつと、それどころじゃなくなるのが実情で。でも、最近は少し要領がよくなって生活のリズムも整ってきたので、自分にできる範囲で世の中の役に立てることを何かしたいなと考えているんです。といっても、そんな大したことじゃないですよ。たとえば最初にお話した時間管理のノウハウを困っている人に提供するとか、そういう身近な問題の改善にかかわっていけたらいいなと思っています。

神田さん 社会問題って結局、私たち一人ひとりの悩みや不満、不快の蓄積だから、案外身近なものだったりするよね。

岡内さん そうだよね。問題だとは気づいてなかったり、気づいててもなかなかアクションを起こせないってことが多いんじゃないかと思って。

榊原さん そこで岡内さんがアクションを起こすと。

岡内さん いや、まだ具体的にこれをやるって決めてるわけじゃないんだけど、私個人で解決できる問題なんて限られているから、ゆくゆくはいろんな人を巻き込んで、その人たちの能力を生かして悩みの解決に導けるようなコミュニティをつくれたらいいなって。私はそこで、人と人とのつなぎ役をするイメージかな。

神田さん グロービスで発信するだけでも、かなり人材は集まりそう。みんないろんな得意分野をもってるし、アウトプットしたくてウズウズしてる人ばっかりだもん(笑)。

岡内さん 私もその一人だ(笑)。学びを仕事以外のところにも還元したいっていうのも、社会問題にかかわりたくなった理由の一つなんだよね。人材はいるとして、何からはじめよう?って感じなんだけど。

神田さん 岡内さん 榊原さん

榊原さん とりあえず、投げかけるだけでもいいんじゃない? 私はSNSを使って、たとえば「東北の被災地のボランティアに行きませんか?」って知り合いに呼びかけたりしてる。そうすると、「私も行きたかったのー」っていう人が集まってきて、自分も含め、みんなができたらいいなって思ってたことを実現できた。

岡内さん みんな問題意識をもってるけど、自分でアクションを起こせずにいたっていう実例だね。でも、呼びかけた以上はまとめなきゃいけないよね。

榊原さん そんなことないよ。何人か集まれば、なかにはまとめ上手な人もいるから、そこは任せちゃうの。私はほんとに投げるだけ。

岡内さん そっか。言われてみれば、グロービスでも課題をグループでやる時に、きっかけづくりがうまい人とか、まとめるのがうまい人とかがいて、自然と役割分担ができていくよね。すでに疑似体験ができてたんだ。

呼び掛け役を担うなど、少し動くことも立派な社会貢献ですね。グロービスの先輩方のお話を聞いて、だいぶイメージが膨らんだ感じでしょうか。

岡内さん はい、自分がまずやるべきことが見えてきましたね。さっきの話題とも重なるんですけど、やっぱり私はどこかで自分でなんとかしなくちゃと気負ってしまうところがあるので、人に頼ることを覚えて、協力し合える関係性をつくることが大事だなと気づかせてもらいました。

神田さん そうそう、榊原さんをお手本にもっと頼り上手にならないと(笑)。

編集部まとめ

岡内さんがセレクトした「家族との時間」「チャンス」「社会問題」という3つのテーマでお送りした今回のトーク、いかがでしたか?

職場での経験を生かした時間のやりくり、学びたい!と思ったその時の気持ちをチャンスととらえた行動、蓄積された経験や学びを誰かのために......と、岡内さんは、より"良い母親"でいられるように、みずからが進むべき道を切り開いてきました。

子どもと一緒に過ごす時間を大切にするだけでなく、仕事とそれに必要な自己研鑽の時間を十分確保したり、身近な社会問題に対して自身にできる取り組みを積極的に模索したりもする。職業人として、母として、社会人として、自分は子どもにどんな姿を見せてあげたいのか、考えて行動していくことが結果として岡内さんらしく生きることにつながっているようです。

さまざまな役割を同時に担い続けることは誰にとっても大変なこと。 それは一見どんなにすごいと見える人であっても同じことでしょう。ですが、一人で抱え込みすぎないように助けを求めること、そして何より「こうありたい」というセルフイメージを持っておくことが自分らしく生きるコツだと、岡内さんたちのトークから見えてきましたね。

次回は神田さんの3つのテーマについて、お送りします。

岡内 彩さん

主役・岡内さん振り返り

ある程度自分の中で結論が出ているキーワードを選んだつもりだったのですが、お二人と話す中で自分に足りていない部分や、考え方を発展させるヒントをたくさんもらえました。頼られる人になることばかり考えずに、時には他人に頼ることも必要ですね。全体的にもう少し力を抜いたほうがいいのかなと思いました。

神田 たくみさん

神田さんからエール

家族との時間を確保するために時間管理を念入りにされているのを聞いて、実生活の中で活かせる部分がたくさんあると思いました。ご自身の身体と心のバランスをとるためにも適度にリフレッシュの時間をとってくださいね。

榊原 有里さん

榊原さんからエール

グロービスに通うまでの経緯をうかがって、岡内さんの学びに対するひたむきさを強く感じました。学びの成果を仕事以外の場面で生かしたいという希望もきっと叶うと思います。

  • LINEで送る

自分や家族のために培ってきた経験&ノウハウ……次は誰かのために役立てたい!のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。