女性にとってのMBA

自分の気持ちに
素直でありたい

vol.1 自分の気持ちに素直でありたい

このまま続けることが本当にいいの?
私を転職へと動かした「学び」と「出会い」

林さんと大柿さんと吉永さん

次のテーマは「転職」。4年近く勤めた会社を辞め、新天地をもとめた彼女に、転職のいきさつや仕事に対する現在の思い、そしてこれからの展望について語っていただきました。

さて、先ほどの話題でも少し触れられていましたが、ズバリ「転職」について。

林さん つい最近の出来事なので、自然とこのキーワードを選んじゃいました。新卒で入った大手食品メーカーをやめて、新卒採用支援の事業をしているベンチャー企業に転職しました。配属先は前職と同じ管理部ですが、業種がまったく違うので、慣れるまでもう少しかかりそうです。

大柿さん どうして辞めたの? 転職の動機は?

林さん 経営は安定しているし、上司や同僚にも恵まれて働きやすい会社ではあったんですけど、昔ながらの年功序列や男性優位の組織体制が存続している、"ザ・日本企業"でもあって、女性がキャリアアップできる環境が整っていないと感じたんです。女性社員は事務だけやってくれたらいいよ、みたいな......。女性だって常に成長していたいし、新しいことにも挑戦したいじゃないですか。グロービスでの学びも仕事に生かしたいなと思っていたので、直属の上司に仕事の幅を広げたいと何度か相談したんですけど、なかなかいい返事がもらえなくて。そんな想いを持っていたところ、グロービスの卒業生が立ち上げた会社に出会って、飛び込むことに決めました。

林さんと大柿さんと吉永さん

吉永さん 転職先でもまた管理部なんだね。管理の仕事、好きなの?

林さん 好き......と言いたいところなんですが、実はそこまで興味がないんですよね。管理部での事務経験しかない中での転職だったので、そこから切り込んでいくしかなかった、という面もあるんです。前の会社で「管理部=バックオフィス」「できて当たり前の裏方仕事」みたいな意識が植え付けられてしまって、まずはそれを払拭したい気持ちが強くあります。

吉永さん なるほどねー。でも前の職場の管理部に対する「できて当たり前」っていう認識は、林さんへの信頼の現れだったんじゃないかな。管理がしっかり守ってくれてるから、営業が安心して仕事ができるというのはあるよね。

大柿さん そうそう、私は上司からいつも「管理部は戦略パートナーだからね」って言われてて、管理する側・される側の関係性じゃなくて、事業を一緒に動かしていく経営戦略上の大事なパートナーだと思ってる。もっと誇りを持っていいんだよ。

林さん そうなんですよね。みなさんがおっしゃる管理の仕事の価値を今の新しい職場で見出せたらいいなと思っています。一方で、自分がワクワクできる仕事は管理部以外のところにあるんじゃないか?という思いもあって、その可能性も探ってみたいんですよね。

林さん

林さんにとって、ワクワクできることとは?

林さん 世間で常識とされていることを覆すような、何か新しいことをやること、ですかね。私は基本的に働くことが好きで、ずっと働きつづけたいと思っていますが、長く続けていくにはやっぱり、自分や周りが"楽しい"と感じられる仕事や職場であることが大事だと思うんです。そのことに気付いたのは、これまでと違った働き方について考えさせられたグロービスの「クリエイティビティ」に関する授業を受けた時でした。ロジカルに考えるだけじゃなくて感情や直感も生かして考えることを目指す授業なんですが、自分の性格にも合っているなと感じました。

吉永さん グロービスでの学びが今回の転職に役立った部分もあるんじゃない?

林さん 何を仕事選びの基準にしようとか、自分にとって大切なことって何だろうとか、そういう軸を決めてから具体的に検討したんですが、それってグロービスで学んでいることの基本だと、私は思うんですよね。どんな科目の授業でも「あなたならこの状況で、どうするか?」と問われるわけですし。採用支援事業という、人と密接にかかわる業種を選んだのも、グロービスでいろんな経歴や考えを持った人に出会って、人って面白いなとあらためて思えたことが大きいです。

大柿さん 25歳でそこまで真剣に考えているなんて、末恐ろしい。私が林さんくらいの時は、先々のことを考える余裕なんかなくて、少なくとも向こう3カ月は会社にいるよねって感じだったもん(笑)。

吉永さん 私なんて未だに軸が定まってなくて、絶賛ブレブレ中だよ(笑)。10年後の林さんがどうなっているのか、すごく楽しみ。

  • LINEで送る

このまま続けることが本当にいいの?私を転職へと動かした「学び」と「出会い」のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。