活躍する卒業生・在校生

学生の声

医師である私でも、
グロービスなら
学ぶ価値がある。

瑞穂ガーデンクリニック
院長

水野 晶子さん Akiko Mizuno

水野 晶子さん水野 晶子さん

PROFILE

国立大学医学部卒業後、大学病院、赤十字病院、急性期病院に呼吸器内科医として勤務。外来、病棟、救急、当直業務を行い、多くの病気を治す一方で、多くの死と直面した。呼吸器内科、栄養サポートチーム、健診センターの責任者としてチームマネジメントをした経験を持つ。2017年1月名古屋市瑞穂区に「瑞穂ガーデンクリニック」を開院し、院長として診療にあたっている。

※こちらの記事は、在学時のインタビューとなります

優秀な人が集まっても、マネジメントが悪ければ成果が上がらない。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

医師としての基本的な医術を習得する最初の10年を過ぎたころ、組織の中でリーダーを務める役割が医師にも回ってきます。若手医師の育成、多職種でチームを結成して行うプロジェクトの遂行、部門長としての人事考課など、今まで学んできた医学だけでは対処できない役割に戸惑いながら、私の周りの医師たちも独学でマネジメントを勉強していました。

そんな中、私が一時期所属していたある組織で、優秀な人たちばかりの現場にも関わらず、マネジメントの悪さから良い成果が上がらない経験しました。このとき、「良いマネジメントとは何か?」「良い経営とは何か?」と疑問を抱いたのです。この疑問を解決するため、以前から興味を持っていたMBAについて学べる場所を探し始めました。

今まで行ってきた勉強が暗記ばかりで物事を深く考えてこなかったことに気づかされた。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

通学しやすいこと、学問だけでなく実践を重視していること――この2点でグロービスが気になり、「体験クラス&説明会」を受けてみました。そこで出会った教員のスキルと人間性の素晴らしさに感動して、単科生となることを即決しました。

実際に通学し始めたグロービスでの学びは期待以上で、新鮮でした。初めてのクラスは「マーケティング・経営戦略基礎」でした。経営学の入口を覗き、経営学を学ぶ魅力に取りつかれました。続いて「クリティカル・シンキング」を受講しました。論理思考力と問題解決力を磨くこの科目で、今まで行ってきた勉強が暗記ばかりで物事を深く考えてこなかったことに気づかされました。その後、ヒト系、カネ系の科目へと学びを広げ、もっともっと学び続けたいと思い、本科生になることにしました。

初めて出会ったのに昔からの知り合いだったような一体感。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

まず、教員が素晴らしいと思います。実務経験が豊富で、教科書的な理論だけでなく、異業種の現場でのリアルな体験を聞くことができます。圧倒的なビジネススキルと人間的な魅力を持ち合わせていらっしゃる方が多く、お手本にしたいところがたくさん見つかります。また教員の何気ない一言で、思い悩んでいた問いへの答えが見つかり、苦しみから解放されたこともありました。

カリキュラムも秀逸です。よく吟味されたカリキュラム・授業内容は、全力で予習・受講・復習し、実務で活かそうとすると、必ず役に立つようにできています。無駄な回り道をしなくて良いため、効率的です。
さらには、共に学ぶ仲間です。初めて出会ったのに昔からの知り合いだったような一体感があります。彼らからも多くの学びをもらっていて、とても有難い存在です。

ビジネスの実務経験が全くない医師の私でも、全力で学べばついていけた。

― 出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

医師のため、一般的な社会人としての経験がなく、アカウンティング、ファイナンス、マーケティング…と言われても全て初耳。授業についていけるかどうかが最も心配でした。しかしこの心配は、単科生で基礎科目の受講を重ねるうちに解決してきました。教材が分かりやすく、教員がすくい上げてくれるからこそ、全力で学習に取り組めば何とかなるのです。

もう1つは、仕事の都合で授業に出席できるかどうかわからない点でした。この点については、平日夜、土曜日、日曜日と授業が分散されており、他校への振替やオンライン受講が可能だったため、解決できました。選択肢が多いため、助かっています。

人生をかけてやるべきことが見え、自分のクリニックを開院。

― 入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

学び始めた目的は、所属する組織の中で良いマネジメントを行うこと、経営の一端を担い、皆が幸せになることでしたが、学びを深めるうちに「良いマネジメントとは何か、良い経営とは何か?」という疑問への答えを見つけ、さらに志系科目での学びで人生をかけてやるべきことが見え、自分のクリニックを開院したいという想いが強くなりました。
 
不思議なもので、気持ちが固まった段階でいろいろな必然の出会いがあり、結果的にはグロービスで学んだ知識やネットワークを総動員して、半年でクリニックを開院することになりました。これが私にとっての大きな大きな変化です。

医師である私でも、グロービスなら学ぶ価値がある。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

私のような専門職であっても、グロービスMBAを学ぶ価値は大いにありました。私の場合は、視野が広がり、その広がった視野から再び自分の分野を見ることで、新たな発見へと繋がっています。経営を学んだからといって必ずしも成功するわけではありませんが、学ぶことで、失敗を確実に減らすことができると思います。良いマネジメント、良い経営は、自分や周囲の人、社会を幸せにします。

そして、グロービスでは、自分を知り、自分の生き方を見つけるヒントが得られます。人生でやり残していることはないですか? 迷ったら、勇気を持ってまずは飛び込んでみて下さい。苦しいかもしれませんが、素敵な世界がきっと広がるはずですよ。

他の学生の声を見る

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

水野 晶子さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。