三重野 優理さん 三重野 優理さん

デザイナーの視点で、
ビジネスにインパクトを与えたい。

  • 株式会社リッツウェル
  • 企画戦略室

三重野 優理さんYuri Mieno

PROFILE

美術大学で産業デザインを学び、その後、制作会社でグラフィックデザイナーのスキルを積む。官公庁からメーカー、百貨店までさまざまなクライアントワークを経験。企業の課題解決をクリエイティブで解決する、ビジネスとクリエイティブを結びつけ、互いに価値を創出できる存在になることが目標。現在は、家具ブランドの企画戦略室でブランディング業務に従事。


※肩書はインタビュー当時のものです

自分の可能性を広げるために、MBA取得を決意。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

きっかけは前職の上司からグロービスの「体験クラス&説明会」への参加を勧められたことです。体験クラスで、自分の業務の中で欠かすことのできない視点を得たことで、「まだまだ知らないことがたくさんある。もっと学ばなければ」と思い、ワクワクしたのをよく覚えています。

その後、単科生として「クリティカル・シンキング」「マーケティング・経営戦略基礎」「アカウンティング基礎」などヒト・モノ・カネの領域を学ぶ過程で、自分のグラフィックデザイナーのスキルにビジネスの観点を掛け合わせた人材になれたら、自分の可能性はもっと広がると考え、自身の価値を高めるためにもMBA取得を決めました。

すぐにビジネスで「活かせる学び」に魅力を感じた。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

グロービスは、理論やその理論が導き出された背景を理解する「学問」ではなく、理論を実務で実践し成果につなげることを前提とした、「明日から使える学び」にフォーカスしていたからです。

さまざまなケース(企業事例)に基づいて、グループで積極的にディスカッションする授業は、ダイナミックに「いまのビジネス」を反映した内容ばかりです。劇的に外部環境が変わっていく時代に生きている中で、過去に導きだされた理論をただ学ぶのではなく、それらを今に反映させ、それを実際に実行しつつ理論を磨き上げた上で頭に染み込ませていく。こうした学びのプロセスに魅力を感じ、グロービスを選びました。

また、平日の夜だけでなく週末にも開講しており、駅から直通の立地やオンラインでも受講できるなど、働きながら通いやすいという利点にも惹かれました。

心理的安全性が高く、多様な意見を受け入れてくれるカルチャー。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

フラットな人間関係を築ける環境が、最大の魅力です。私は制作会社で長く過ごしてきたため、出会う人は基本的にクライアントの窓口の方のみです。仕事ではいつも請ける立場なのですが、授業ではたとえ学生が経営者の方であってもフラットな関係として議論できます。多様なキャリアを有した方々とのディスカッションは、とても新鮮かつ新しい視点を得られるコミュニティであることが大きな喜びでした。

これはグロービス独特のカルチャーだと思うのですが、心理的安全性がとても高く、自分の考えに対する反応を恐れることはありませんし、多様な意見を受け入れる環境であることも魅力のひとつです。さまざまな視点の意見にふれることができ、成長を実感できる。そういった場はグロービス以外にはないと感じています。

仲間と事務局スタッフのサポートで、不安なく出願できた。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

私は自分がやりたいと思ったことはデメリットやリスクを考えるよりも、まずは飛び込んでみる性格なので、大きな懸念点はありませんでした。勉強時間の確保については少し不安を抱いていましたが、長く単科生として在学していましたので、自分の中に学びのサイクルができ、出願の際には解消されていました。

ただ、当時の状況を改めて振り返ってみると、迷わず本科に出願できたのは、単科生時代に共に学ぶ仲間が仕事と両立させて学んでいるところを間近に見ていたこと、そして常に仕事との両立について相談できる事務局の方々がいたことが大きかったのかもしれません。

客観的な視点を得たことで、ビジネスの本質を捉えられるように。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

ものごとを客観的に見られるようになりました。クライアント担当者や経営者との会話の中で、本質的な問題は何なのか。どの部分は認識が一致していて、どこはしていないのか。バリューチェーンのどの部分を話しているのか、などこれまでの自分の経験にとらわれずに俯瞰的、客観的に問題を捉えることができるようになったと感じています。

さらに、ビジネスコミュニケーションにおいては相手に期待する行動をとってもらうことが目的になりますが、相手を動かすための話し方や内容を吟味できるようになったのは大きな変化でした。

また、自分のつくるクリエイティブが企業戦略のアウトプットであることを再認識し、いかに経営と密接に結びついているかを体系的に理解できたことで、日々の自分の業務に誇りを持てるようになりました。そういう変化のなかで、制作会社で仕事を請ける側だけではなく、事業会社の中で経営層の意思決定に直結する場での経験も得たいと考えるようになり、転職を果たしました。

グロービスの仲間との出会いから、さまざまなビジネスが生まれる。

グロービスの人的ネットワークを通じて得たものは何ですか?

福岡校は、同学年以外の学生とも交流がとても盛んで、先輩方と出会える機会が多々あります。その中で先輩がジョインされていたベンチャーに誘っていただき、そこから新しいネットワークが広がりました。さらに、そのネットワークで得た人脈や業務をきっかけに、自身の副業にもつなげることができました。

その他にも、グロービスの仲間とのつながりから、その方のクライアントのイベント企画を請け負うことができたり、クリエイティブワークの依頼を請けたりと、本当に多くのビジネスチャンスを得ることができています。

「世界観を変えなければならない」と気付いた。

受講した科目の中で特に印象に残っている科目は何ですか?

テクノベート・ストラテジー」です。受講した科目のなかで最もインパクトのあった科目です。この科目を受講して、世界中の環境がこの10年でいかに大きく変化したのか、また自分たちがその変化に大きな違和感もなく暮らしているのか、ということに愕然としました。

AIやスーパーコンピューター、デジタルデバイスなどの急激な進化、それらが可能にした新しい人々の暮らしは凄まじく変化しているにも関わらず、自分が携わっているビジネスはほとんど変わっていない事実に気づきました。

この科目は、ケース(企業事例)もとてもドラマティックで面白いのですが、何よりも自分のビジネスを原点から見つめ直す課題が3ヶ月のあいだ、ずっと頭の中を渦巻きます。担当教員の方がおっしゃっていた「世界観を変える。変えねばならない」と気づくことができる科目です。

デザイナーの視点で、ビジネスにインパクトを与えたい。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

グラフィックデザイナーとして「ただ見た目をきれいに、かっこよくすればいいのか」と疑問に思いながらも、日々のクライアントワークに追われ、ひたすらに手を動かすだけという日々が私にもありました。

広告費や販促宣伝費はまず経費削減の対象になる部分です。コミュニケーションデザインのクリエイティブはツールの操作性やデジタルデバイスの能力が飛躍的に高まり、デザインを特に学ばずともそれなりのものが創れる環境になったこともあり、対価は二極化しています。

私たちプロのデザイナーは今、「見た目が良いだけのものだけがデザインの価値ではないことをどうやって証明するのか」、その説明責任が求められています。そのスキルを身につけるため、また自分のデザインスキルに価値を持たせるためにも、デザイナーはビジネスを学ぶべきだと思います。

また、違う視点から考えると、UI/UXの価値評価が飛躍的に高まっている今ほど私たちデザイナーの視点や感覚がビジネスから求められている時代はないと思います。「機能やサービスをわかりやすく、見た目を整えてユーザーに伝える」ことを目的にデザインを日常的に創り出してきた私たちデザイナーは、顧客起点の体験から物事を捉える感覚がすでに身についており、この感覚こそ、これからのビジネスにもっとも求められているものだと感じています。

企業から社会から求められるデザインをつくり続けるために、ぜひご自身のスキルにビジネスをかけ合わせてください。クリエイティブスキルほど、ビジネスとかけ合わせたときにインパクトが生めるスキルはないと私は思います。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他