小林 尚規さん 小林 尚規さん

感性と理性の両方を兼ね備えた
クリエイターに進化できる。

  • 株式会社グッドパッチ(Goodpatch Inc.)
  • Design Division・Business Development

小林 尚規さんNaoki Kobayashi

PROFILE

短期大学卒業後、自動車メーカーで次世代自動車の先行開発に携わる。その後、不動産業界のコンサルタントを経て、2014年からプロデューサーとして活動。クライアントのデジタルマーケティング支援と多種多様なプロジェクトやクリエイティブを手掛ける。現在は、株式会社グッドパッチのビジネスデベロップメント担当として「デザインの力でクライアントのビジネスを成功に導く」という志のもと邁進中。


※こちらの記事は、在学時のインタビューとなります

クライアントから「パートナー」として認められるクリエイターになりたい。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

2014年に前職のWeb制作会社でプロデューサーになり、がむしゃらに企画書を書いてはコンペに応募する日々を送っていたのですが、それなりに受注できていました。しかしプロデューサーになって3年目のころから、難易度の高いコンペで勝てず、悩むようになったのです。そんなとき偶然、書店で出会ったのがグロービスの『MBAクリティカル・シンキング』でした。読み進めるうちに、「これがビジネススタンダードの考え方なのか」と、無知な自分を思い知りました。それまで「MBA」という言葉すら知りませんでしたが、この先自分がどのようなスキルを身に付ければいいのか、答えが少し見えたような気がしました。

私が目指しているのは、「クライアントにパートナーとして認めてもらう」こと。クライアントと同じ視点でビジネスについて会話ができなければ、「受託するだけのクリエイター」の域は出られないと感じたことがきっかけでした。

ひとりでの学習に限界を感じ、仲間とともに学べる環境を選んだ。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

グロービスの書籍を3冊ほど読破し、自分なりに勉強してみましたが、分からないところを相談できる人もおらず悶々としていました。その後、体験クラスに参加し、自分と同じように悩んでいる人と出会い、「みんな同じなのだ」と安心できた記憶があります。

2017年7月に単科生として初めて受講。授業は2週間に1度の隔週ペースで開講され、ディスカッション中心に進んでいきます。授業以外にも勉強会や懇親会など学びを高める機会やネットワークを広げる機会があり、クラスメートと励まし合い、教え合いながら学ぶことができます。これこそ私が求めていた環境でした。また、忙しい社会人にとって平日夜間と土日も通えるという点も安心材料となり、大学院(本科)入学に対する迷いはありませんでした。

多様な社会人との議論を通じ、クライアントへの提案の疑似体験ができる。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

授業以外にも、ほかの学生と予習・復習を行い、学びを共有できる機会がある点です。これは普段の生活や仕事では、なかなかできない経験だと思います。ひとりで学習するよりも、業種や職種、役職、年齢が異なる多様な社会人と意見をぶつけ合うことで、納得できる解が得やすくなります。私の意見に対し、ともに学ぶ仲間が賛成・反対の意見やその理由を述べる。それに対して、さらに私が自分の考えをぶつける。こうした営みを繰り返すことを通じて、クライアントへ実際に提案する企画を紡ぎだすプロセスを疑似体験することができ、実務の大きな糧となっています。

学歴に不安があったが、明確な目的と熱意で道を切り拓くことができた。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

最終学歴が短期大学卒業だったため、大学院に合格できるか不安でした。最終学歴が専門学校卒業のクリエイターの方も多いと思います。グロービスの入試では、学士や修士などの学位を持っていない場合は「出願資格審査」という試験を受け、合格すると本科への出願資格が得られます。私は無事に入学できました。詳しい選考基準などは分かりませんが、「グロービスで何がしたいのか」という明確な目的と、熱意があれば道はきっと拓かれるはずです。

チームや組織全体、そしてクライアントのために何ができるかを徹底して考え抜くように。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

自己肯定感が高まり、今まで以上に仕事を楽しめるようになりました。グロービスでの学びを通してスキルアップできたこと、クライアントへの提案レベルが高まったことが主な理由です。
また、受講を始める前は「私が」クライアントに認められたい、「私が」プロジェクトを成功させたいという気持ちが強かったのですが、グロービスで学ぶ中で「デザインの力でクライアントのビジネスを成功に導く」というを言語化できたことにより、仕事の進め方が劇的に変化しました。

現在は、組織力を上げるための施策を実施したり、プロジェクトのチームビルディングに関わったりと、プロデューサーという枠を超えてチームとクライアントのために何ができるかを徹底して考え抜くようになりました。

感性と理性の両方を兼ね備えたクリエイターに進化できる。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

クリエイターエンジニアといった普段はあまりビジネスサイドとのコミュニケーション頻度が高くない方々に、メッセージを贈りたいと思います。

グロービスに入学してしばらくの間は、ビジネスのスタンダードに慣れるまで大変な思いをするかもしれません。ですがその期間を乗り越えると、事業会社の課長・部長や経営者の方々と徐々に会話がフィットするようになってきます。そのころから、クリエイターとしての提案の質が変化し始めて、クライアントの反応が変わってきます。私たちクリエイターが得意とする感情的思考(エモーショナル)に、MBAの論理的思考(ロジカル)が加わり、次世代のビジネスパーソンに進化できる。そのための環境がグロービスにはあると感じています。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他